やまぶきシニアトラベラー

気まぐれシニア・トラベラーの旅。あの日から、いつか来る日まで、かつ、めぐりて、かつ、とどまる旅をします。

ライトアップ

パリの門めぐり2の5 夜の凱旋門

パリの門めぐり2の5  夜の凱旋門    2021年2月記

夜の凱旋門のライトアップも楽しみましょう。

今でこそ、あっちでもこっちでも華やかなライトアップが見られますが、つい20-30年前から始まったイベント。
せっかくなので、昔の凱旋門のライトアップを思い出しました。

凱旋門シャンゼリゼ聖夜199512
( クリスマスのライトアップのシャンゼリゼと凱旋門。1995年12月 )

フランスを代表する街並みだけに飾り付けも凝っています。

199512ライトアップの凱旋門補正小サイズ
( ライトアップされた凱旋門を間近に見る。1995年12月 )

闇夜に、ぼおっと浮かび上がるように光を当てています。現在ならば、やれ三色旗仕様だ、やれコロナ応援カラーだとか多種多様なことができるのでしょう。それはそれで良いとして、暗闇に浮かぶだけの門も、迫力がありました。周りに光が少ないので、とても目立っていました。

凱旋門の夜1988年8月補正
( 少しだけ闇に浮かぶ凱旋門。1988年9月 )

クリスマス以外は、単に門の周りから光をぼおっと当てているだけ。だからこそ、存在感が強かったのかも知れません。

「いやいや、あんたが年を取って、単にノルタルジーにひたっているだけだよ」
「それもそうだな。技術の進歩を素直に賞賛しましょう」

また、派手に染まった夜の凱旋門を見られたらいいなと思っています。
                                                           了

朝昼晩のモンサンミシェルを拝む

朝昼晩のモンサンミシェルを拝む    2019年4月訪問


私は、泊まり、でモンサンミシェル旅行をしたので、朝、昼、晩の雄姿を拝むことができました。幸い、霧も雨もなく、始めは曇り空だった天気は、夕方から翌朝にかけて快晴に変わりました。モンサンミシェル初心者にとって、これだけ晴れてくれれば「御」の字でした。

皆さんと同じように、モンサンミシェルの、ずっしりと美しい全景を記憶に残したいです。見た順序は、昼下がり、夕暮れ、夜景、朝の風景、です。

多くを語らず、美しい姿を拝みましょう。

うす曇りのMSM0429
( 昼下がりのモンサンミシェル全景。実物は圧倒的な存在感 )

MSM099門を目指して0429
( 見上げればサンミシェルの尖塔 )

MSM134滑車全景0429
( フニクレールと垂直に近い絶壁をため息まじりに見つめる )

MSM150夕陽の影長く0429
( 夕暮れの影は、かげろうのように )

MSM152残照の干潟0429
( 茜色の空は、次第にうすくなりつつ )

MSM151薄暮のアベイ0429
( いまはここ、次はあそこと、明かりが灯る夕暮れのモンサンミシェル )


MSM153夜暮れ行くその1M0429
( 藍色の空を背に夕闇せまるモンサンミシェル )


MSM夜景0429
( 夜空に輝くモンサンミシェルを、ひたすら見つめる )

MSM155夜の頂上ライトアップ0429
( ライトアップが幻想的な金色のサンミシェルは輝く )

MSM161干潟に上る朝陽0430
( 干潟の彼方に若い太陽が顔を出した )

MSM162朝日に輝く0430
( 朝焼けの美しいモンサンミシェルは静かにたたずむ )

MSM163朝焼けの天使0430
( 家並みの向こうに朝焼けのモンサンミシェル修道院 )


L1MSM朝のAbbaye0430
( 快晴のモンサンミシェルの姿こそ絶景なり )

MSM朝のアップ0430
( 朝もやに霞むモンサンミシェル遠景 )


MSM朝のクエノン川の向こうに0430
( 遠くにそびえるモンサンミシェルのピラミッドが別れの姿 )


我が家も、有名な風景を、自分の五感で体験できて、全員満足。
月並みですが、さようなら、美しきモンサンミシェル!

2019年6月記                                             了

まあまあのミラノ城

まあまあのミラノ城   2018年3月訪問

1)ミラノ定番観光その4

ミラノ観光の基本コースのひとつに、ミラノ城こと、カステロ・スフォルツェスコ:Castello Sforzesco、が入っている場合が多いようです。

ドゥオーモから徒歩圏内、「お城」というネームバリュー、そこそこ見映えがする、、いつでも入れる、入場料が高くない、など、ツアー会社にも優しいお城です。

ドゥオーモ、ガレリア、最後の晩餐と並ぶ、ミラノ第4の定番観光ポイントでしょう。

このお城は、ドゥオーモの屋根に上ると、遠目に見えます。

CS198808ミラノS城をDuomoから見る
( ドゥオーモ屋上よりミラノ城を遠望。1988年8月 )

また、ドゥオーモの上まで行かずとも、ドゥオーモ広場から、老舗食料品店ペックの方へ歩いて行くと、大通りの突当りに見えます。歩行者天国になっている部分は、ダンテ通り:Via Dante と言い、両側にブティックやカフェなどが並んでいる、お洒落な通りです。夜景もきれいです。


CSDante通より城を遠望201803
( ダンテ通りよりミラノ城を遠望 )

CS城を見るダンテ通の夜
( ダンテ通りより夜のミラノ城を遠望 )

何となく、行ってみようという気になりますが、ドンマイ、ドンマイ。

余程の拒絶反応がない限り、ミラノのブランド・ショップ街、モンテ・ナポレオーネ通りなどを目にしておいた方が、目が肥え、視野が広がります。そのあと、時間があったら、お城見物するくらいで十分です。

何を隠そう、私も、お城の中の博物館には昔、1回入ったきりです。その後、展示品は拡充されているようですが、まだまだ、モンテ・ナポレオーネ通りの妖艶な魅力には、歯が立たないと思います。


2)ミラノ城に入らずとも

CS城の前の午後風景201803 (1)
( ミラノ城ことカステロ・スフォルツェスコ全景 )

ミラノ城の前に着きました。城の前のカイロリ広場:Cairoli  の車道をつぶして大きな噴水を作るなど、ゆったり感を出しています。警備も強化されているので、ベンチに腰掛けたり、歩道際のバルに入って、のんびりと足を休めましょう。

腰掛けて眺めると、高い城壁が延々と横たわる大きな城であることが分かります。

カイロリ広場の反対側に視線を向けると、王様の銅像の向こうに、ダンテ通りが伸びています。せわしなく行き交うクルマや市電を見ながらミラノの生き生きとした雰囲気に浸ります。

CS城のCairoli広場の昼下がり (4)
( 早春のミラノ城前のカイロリ広場 )

ミラノ城正門の塔も、最初に見た30余年前からずうっと同じ姿です。戦災による修復については、詳しいことは分かりませんが、まあ、よしとしましょう。1980年代は、観光客の姿もちらほら程度で、お城の中もガランとしていました。今では、相当混雑するときもあるようです。

198808ミラノS城の風景 (4)
(  のんびりカステロ・スフォルツェスコ正面。1988年8月 )

側面にまわり込むと、空堀があったりして、それなりの雰囲気を感じます。お城ファンにはたまらないでしょう。

198808ミラノS城の風景 (3)
( ミラノ城の空堀。1988年8月 )

城壁内部は、かなり広い空間です。本館は市立美術館になっているので入れます。
あんまり面白くありません。ミケランジェロ最後の作品があるということですので、「何を差し置いてもイタリア美術作品観光」、という方は、是非、アプローチしてほしいです。

「ミラノの魅力は別のところにあるんですけど・・・・」
「ミラノだって、イタリアなんだから美術作品に目が行ってしまうんです」
「楽しい観光を!」

198808ミラノS城の風景 (2)
( 昼下がりのミラノ城内。1988年8月 )

3) 夜警のいる夜景

カステロの夜もライトアップされて美しいです。

テロ対策用の、大きな植木鉢が折り重なるように置いてあります。警備兵が、鋭い目つきで5分と置かずにあたりを闊歩しています。観光客は、スリや置き引きの心配をしないで、お城の夜を楽しむことができます。ただし、監視付きです。

CS城ライトアップ全景201803
( ライトアップのカステロ・スフォルツェスコ全景 )

CS城ライトアップと噴水201803
( カステロ・スフォルツェスコと夜の噴水 )

私も観光客です。ちょっと肌寒い空間で、じょこじょこと流れ続ける噴水の音を聞いていました。
光を受けて白く輝く噴水の、絶えることのない流れを眺めながら、いろいろと考えてしまうひとときでした。


2018年9月記      了


カテゴリー
  • ライブドアブログ