やまぶきシニアトラベラー

気まぐれシニア・トラベラーの旅。あの日から、いつか来る日まで、かつ、めぐりて、かつ、とどまる旅をします。

パリの凱旋門

パリの門めぐり2の4 凱旋門で「お上りさん」

パリの門めぐり2の4  凱旋門で「お上りさん」    2021年1月記

パリの凱旋門は上に登れます。意外と知られていません。

Paris凱旋門近影0502
( 凱旋門の周囲にたむろする観光客 )

我が家でも、子供たちと初めてパリに行って、シャンゼリゼ通りに立って凱旋門を背後にして記念撮影したあとのことです。

「じゃあ、門のてっぺんへ上りましょう」
「えっ、あの上まで行けるの?」
「行けるよ」
「行く、いくう・・・・・・。早くう・・・」

というような感じでした。読んで字のごとく、まさに「お上りさん」です。

我が家の奥様も、初めてのパリ訪問時に、同じ反応を示しました。私自身はどうだったかというと、事前に誰かに入れ知恵されていたので、凱旋門に着いて初めて屋上に行けることを知ってワクワクした記憶はありません。


凱旋門屋上の様子198009
( 凱旋門の屋上風景 1980年9月 )

コロンブスの卵のことわざではないですが、凱旋門の真下に行くには、まず地下道をくぐって広場の中心部に向かわなければなりません。そのあと、門の足の部分にある入口に行って入場券を買い、屋上に上ります。2021年現在は、狭い螺旋階段を10分弱かけて、えっちらおっちら上らないといけないようですが、10年くらい前までは小さなエレベーターで屋上のすぐ下の踊り場まで上れました。当然、階段コースより入場料は少し高かったです。

子供たちの歓声とともに見たパリの鳥瞰はひとしおでした。

凱旋門屋上からエ塔展望198009
( 凱旋門から見たエッフェル塔。1980年9月。現在とほぼ同じ景観 )

凱旋門は、年に数日の休館日があるのみで、ほぼ年中無休。そのうえ、夜の10時か11時ごろまで開いているので、夜景見物もよし、寒風に震えながらパリの街並み俯瞰もよしです。

思い思いのやり方でパリ見物を楽しめればよいですね。




パリの門めぐり2の1  本命の凱旋門

パリの門めぐり2の1    本命の凱旋門     2021年1月記

華の都パリの5つの門めぐり、その2は「凱旋門」です。

Paris凱旋門近影0502
(  パリの凱旋門の典型的な風景 )

凱旋門:Arc de Triomphe (アルク・ドゥ・トゥリオンフ) は超有名です。パリを代表する観光スポットのひとつです。そして、今回の5つの門めぐりの中では2番目に新しい門です。1836年に完成しました。

門の由来をはじめ、細かいことや、観光の仕方は、ごまんと出ている観光ガイドやブログのとおりです。私ごときが、いまさら、ああだこうだと解説するようなことはありません。

「冒頭の写真が定番のアングルですね」
「ほんと、パリに来たわ、って感じ」

まずは、凱旋門をシャンゼリゼ通りから眺めてみましょう。いわゆる正面で、王道のアングルです。

シャンゼリゼより凱旋門正面小サイズ198009
( シャンゼリゼ通りから眺める凱旋門正面 1980年9月 )

凱旋門工事中正面1986年9月写
( フランス革命200周年を控えて補修中の凱旋門 1986年7月 )

こうしてさまざま写真を見比べると、シャンゼリゼ周辺の街並みはあまり変化していないことも分かります。もちろん建物内部やビルのテナントの消長はありますが、表向きは、ずっと同じ雰囲気です。これが、ヨーロッパの多くの都市景観と日本の都市景観との違いのひとつです。

変わらないことで安心感も出るのですが、それは一方で、上下や左右の格差を固定することにもつながります。どっちがいいのやら、一長一短ですね。







カテゴリー
  • ライブドアブログ