やまぶきシニアトラベラー

気まぐれシニア・トラベラーの旅。あの日から、いつか来る日まで、かつ、めぐりて、かつ、とどまる旅をします。

セーヌ川

パリの橋 5 セーヌを渡ってオステルリッツ駅

パリの橋 5 セーヌを渡ってオステルリッツ駅    2021年3月記

地下鉄と大河は相性が悪いようです。

20世紀スタイルの地下鉄は、大きな川を橋で跨ぐケースが多いです。
パリのメトロ5号線のオステルリッツ駅(アウステルリッツ)も地上2階にあります。東に向かう電車に乗ると、駅を出て3秒後にはセーヌ川の上にいます。

P13パリのアウステルリッツ橋198809
( メトロ5号線セーヌ川橋梁から眺めた上流方向 )

オステルリッツ駅の対岸地区は、1980年代には現代的なビル街になっていました。1990年代になると、ビル街の川沿いの再開発が進み、ベルシー地区に新たなショッピングモールができました。パリ市内にモダンなショッピングモールなんてありませんから、できてほやほやの頃の週末は大賑わいでした。

P15アウ駅高架5号線198009
( 高架線でオステルリッツ駅に入るメトロ5号線 )

メトロ5号線は、なんと、セーヌ川を渡った次の駅はリヨン駅ではありません。線路が急カーブ、急こう配で地下に潜るため、リヨン駅をかすめるように走るのです。アウステルリッツ駅とリヨン駅の間で長距離列車を乗り継ごうとする旅行者は、重い荷物を引きづってセーヌ川を渡るか短距離タクシー移動です。そんな旅行者が多いはずはないのですが、「パリのメトロと国鉄の連携って悪いな」と感じた記憶が残っています。

P14アウ橋メトロ5号線1等車があった198009
( セーヌ川を鉄橋で跨ぐメトロ5号線。1988年ごろ )

昔のメトロには1等車が連結されていました。編成中央の黄色っぽい色の車両です。座席や内部は2等車とほぼ同じですが、運賃が高い分だけ空いていました。車掌さんの1等キップチェックがあるわけではないので、1990年代半ばには廃止されました。

これを、ヨーロッパの階級社会のゆっくりとした崩壊過程のひとつと見るのか、単に時勢の変化によるサービスの変遷なのかは識者により言い分が違うような気がします。

何事に対しても不感症にならず、そういう議論をする姿勢がとっても大事なんだ、と私は思います。




パリの橋 1 橋の下と眺め

パリの橋 1   橋の下と眺め      2021年3月記

古いシャンソンに「パリの橋の下で:Sous les ponts de Paris」という曲があります。

昼間はセーヌ川沿いに開けたパリの華やかな街並みを橋をくぐり抜けながら見ても、夜になると橋の下は格安のホテルになります、という意味の曲です。

たまに聞くと、なかなか味わいのある歌詞です。セーヌ川にいっぱい架かる橋のさまざまな姿を、少し悲しげに歌っているかのようです。

P11橋トゥルネル橋スリー橋198809
( 今はなきノートルダムの尖塔越しにセーヌ川と橋を見る )

今ではセーヌ川に、パリ市内だけで30以上の橋がかかっています。運河にかかっている橋や高架橋もあります。パリのセーヌ川の橋は、どれひとつとして同じデザインの橋がないそうです。東京も、この発想を採り入れ、隅田川の橋のデザインはひとつずつ工夫を凝らすことにしたようです。

パリは「水辺の都市」ではないので、観光客で数日滞在しても、セーヌの橋なんか1回か2回しか渡らないでしょう。ましてや、都心部の橋をじっくり味わいながら歩いて渡ったり、セーヌ川クルーズ船から見上げるなんてことは、そうそう体験していないと思います。

P11朝のサンマルタン運河橋199007 明
( パリ風のサンマルタン運河の「門」型歩道橋 )

そういうパリB級、C級の記憶としてセーヌ川の橋を有名なシャンソンを頭に響かせながら渡ったり、くぐったりしました。



カテゴリー
  • ライブドアブログ