やまぶきシニアトラベラー

気まぐれシニア・トラベラーの旅。あの日から、いつか来る日まで、かつ、めぐりて、かつ、とどまる旅をします。

パリの門と道

パリの門めぐり6  パリという鬼門

パリの門めぐり6  パリという鬼門    2021年2月記


パリで一番、ハードルが高いのは「パリ」という門です。

この鬼門は、一部の方々の前にしか立ちはだからないのですが、観光客や留学生、駐在員を問わず、心に中に建っています。パリ鬼門を前にしたならば、速やかに誰かに背中を押してもらい、早く門を潜り抜けることです。いつまでも、うっとり眺めていると、永遠に鬼門はくぐれません。

シャンゼリゼより凱旋門正面小サイズ198009
( パリ鬼門は、いろいろな姿に変わって心の中に入ってくる )

パリは、「見せる」都市づくりに力を入れてきたので、大勢の観光客やガイジンがパリに魅せられます。ニッポン人は、文明開化を通してフランスやパリのイメージを作ったので、「華の都パリ」にぞっこんです。私だって、最初は、そんなイメージでフランス語を第2外国語として選択したのですから、フランス政府のイメージ大作戦は成功してるのです。

201905パリブイヨンChartier内装
( アールデコ調の天井が読者の心にからみつくかも)

ただ、文学や絵画のイメージだけでフランスを見なかったことや、フランス語の先生が、けっこう皮肉っぽい視点で現代フランスの光と闇を語ってくれたことで、パリの鬼門は通り抜けることができたようです。そういう意味で、とてもフランス人っぽい先生であったようです。ありがとうございました。

テルトル広場お約束明修正199007
( テルトル広場は今日も観光客でいっぱい、のはずがコロナで・・・・・ )

曰く、
「パリのアパートの平均面積なんて東京以下だからね」
「(当時の)ソ連や東欧と国境を接していない分、共産主義のイメージがよいんだよ。それに、ソ連が攻めてきたら、真っ先に攻め込まれるのはフランスじゃないしね」
「フランス外食産業最大の売り上げを誇る『マクドナルド』」

皆さんは、どんなジョークや皮肉を耳にしたでしょうか。
                                                               了


パリの門めぐり5   サンドゥニ門

パリの門めぐり5   サンドゥニ門   2021年2月記

現存するパリの門めぐりの最後は、サンドゥニ門(サン・ドニ)門です。
メトロの、ストラスブール・サンドゥニ駅下車徒歩1分の立地です。

サンドゥニ門は、サン・マルタン門より西へ100mほど行った場所に建っています。ルイ14世の命で1672年に完成したそうです。記念碑なので、門としての実用性はありません。

偶然なのかどうか分かりませんが、普通に「市の門」と想像するとき思い浮かぶような形の門が、2つ隣接しています。けれども、全然、観光名所ではないし、それどころかサンドゥニ門の奥の方は暗くなると危ない、などという噂も立つ地区です。

Parisサンドニ門正面0504
( 彫刻が印象的なサンドニ門:Saint Deni )

ルイ14世の遺体は、ここを通って墓所のサンドゥニ(サンドニ)大聖堂へ運ばれたそうです。けれども、門自体は全然、悲壮感などありません。当時も今も、とにかく、ハコモノを作ればよかったのです。

198809サンドニ門横風景
( 1989年夏ごろのサンドゥニ門 )

サンドゥニ門も大通り沿いに建っているので、30-40年ほど前は、自動車の排気ガスで黒ずんでいました。ブラブラ歩き、とか、環境に優しい街づくりなんて発想が出てくるまでは、門のあるサン・マルタン通りやボンヌ・ヌベル通りはクルマがいっぱいでした。このあたりは、どちらかというと下町風なので、ワイワイがやがやの雰囲気です。



Parisサンドニ門斜め前0504
( すっかり化粧直ししたサンドゥニ門 )

私は、この近くを所用で訪問したときに、近くのレストランに行ったので門の存在を知っていたのですが、普通は、あえて門めぐりをするか、ホテルが偶然に近くであったなどの理由がないと、サンマルタン門やサンドゥニ門のことは知りません。

「東京へ来るガイジン観光客が、わざわざ亀戸天神などへ行きませんよね」

Parisサンドニ門Bヌーベル大通0504
( サンドゥニ門と、ボンヌ・ヌベル大通り )

「でもね、周りは普段着のパリっていう感じの場所ですよ」
「いろんな人がいっぱい歩いています。これが、治安注意説の原因かも。自分だって、胡散臭い方に入っていることに気づかない方々の言い分のようですね」

それなりに美しく修繕されたパリの街並みと門を楽しみましょう。
                                                           了

パリの門めぐり4  サンマルタン門

パリの門めぐり4  サンマルタン門     2021年2月記

パリの門、4番目の訪問先はサン・マルタン門です。
Parisサンマルタン門近影0504
( 午後の日差しに映えるサン・マルタン門)

「聞いたことないなあ。どこにあるの?」
「メトロ4号線や10号線の、ストラスブール・サンドニという駅で降りたらすぐの場所です」
「へえー。でも、あんまり観光では行かない場所ですね」
「ええ、至って普通のパリの街並みが続いています。観光客のいないパリの風景って感じです」

サン・マルタン門は1674年に完成したそうです。すぐ近くにあるサンドニ門と双子のような門です。どちらも、あのルイ14世の命令で建設された記念碑的な門です。実用性はありません。

198008サンマルタン門ルモニエ事務所から望む汚れ有の頃 (1)
( 近くの建物からのぞいたサン・マルタン門)

40年ほど前のサン・マルタン門は、自動車の排気ガスで、やや黒ずんでいました。石組のへこみには雑草も生えていました。邪魔者扱いまではいきませんが、長い間、あんまり手入れしていなかったようです。ところが、2019年に近くを通ったときは、きれいに化粧直しされてベージュ色の美しい姿で建っていました。パリ美化作戦のひとつとして、すす払いをしたようです。

Parisサンmarutann門あれこれ0504 (5)
( パリの日常に溶け込んだサン・マルタン門)

サン・マルタン門は、昔も今の当たり前のようにパリの街並みと一体化しています。けれども、パリで、門のある街角なんて、ここと、お隣のサンドニ門くらいで、実は珍しいのです。

3度目、4度目のリピーター観光客となったら、たまには、ストラスブール・サンドニ駅で降りてみましょう。名所めぐりでは味わえないパリの雑多な日常も体験できます。ついでに、大通りの交差点そばにあるスーパー「モノプリ:Monoprix」にも寄れます。

「うーん、東京でいえば五反田とか錦糸町みたいな感じかな。それなりの繁華街でにぎやかなんですが観光客と縁遠い」

                                                                了

パリの門めぐり3 カルーゼル門

パリの門めぐり3  カルーゼル門   2021年2月記

3番目のカルーゼル凱旋門( Arc de Triomoph de Carrousel )は、5つの門めぐりのちょうど半ばです。

カルーゼル門は、ルーブル美術館の西寄りに鎮座しています。ルーブル美術館の入場に気を取られて見落としがちですが、緑の木々に囲まれてたたずむ姿をぜひ、思い出してください。

美術館入場の列に並んでいると、こんな風に見えます。
「あっ、あれね。カルーゼル門って言うんだ」と、いう印象でしょう。
Parisルーブル前カル門221905
( 見るだけがほとんどのカルーゼル門 )

この門も、本家の凱旋門と同じようにナポレオンの戦勝記念のための建造物。1808年に竣工しました。小振りなのでナポレオンは満足せず、もっと大きな凱旋門を建てることにしたのは、史書や案内書が語るとおりです。こんな小さな門でも装飾が凝っているので、完成までに2年かかったようです。見た目には半年もあれば、御の字で建てられそうなのですが、という感想です。

カルーゼル門は、パリの都市軸の東の端にあるので、門の真下まで来ると、遠くに凱旋門が見えます。

チュイルリーのカルーゼル門とシャンゼリセ補正明゙1986年9月
( カルーゼル門の先に除くオベリスクと凱旋門 )

チュイルリーのカルーゼル門アーチと凱旋門方面1986年9月
( 夕暮れのカルーゼル門、オベリスク、凱旋門 )

こういう風に、パリらしい一直線上にならんだランドマークをぜひ、身近かに体験しましょう。アメリカ合衆国の首都ワシントンのキャピタル・ヒルも、こんな風に一直線上に街を代表する主要建物が配置されていると聞いています。

コンコルドからカルーゼル門編集198009
( チュイルリー公園からカルーゼル門とルーブルを振り返る )

カルーゼル門をくぐった遥か先から振り返ってルーブルを見ると、こんな感じです。カルーゼル門の一直線上の先にルーブルのへこみがあることが体感できます。

「こういうアングルで写真撮ること少ないので、古い写真ですみません」

                                                          了





パリの門めぐり2の5 夜の凱旋門

パリの門めぐり2の5  夜の凱旋門    2021年2月記

夜の凱旋門のライトアップも楽しみましょう。

今でこそ、あっちでもこっちでも華やかなライトアップが見られますが、つい20-30年前から始まったイベント。
せっかくなので、昔の凱旋門のライトアップを思い出しました。

凱旋門シャンゼリゼ聖夜199512
( クリスマスのライトアップのシャンゼリゼと凱旋門。1995年12月 )

フランスを代表する街並みだけに飾り付けも凝っています。

199512ライトアップの凱旋門補正小サイズ
( ライトアップされた凱旋門を間近に見る。1995年12月 )

闇夜に、ぼおっと浮かび上がるように光を当てています。現在ならば、やれ三色旗仕様だ、やれコロナ応援カラーだとか多種多様なことができるのでしょう。それはそれで良いとして、暗闇に浮かぶだけの門も、迫力がありました。周りに光が少ないので、とても目立っていました。

凱旋門の夜1988年8月補正
( 少しだけ闇に浮かぶ凱旋門。1988年9月 )

クリスマス以外は、単に門の周りから光をぼおっと当てているだけ。だからこそ、存在感が強かったのかも知れません。

「いやいや、あんたが年を取って、単にノルタルジーにひたっているだけだよ」
「それもそうだな。技術の進歩を素直に賞賛しましょう」

また、派手に染まった夜の凱旋門を見られたらいいなと思っています。
                                                           了

パリの門めぐり2の4 凱旋門で「お上りさん」

パリの門めぐり2の4  凱旋門で「お上りさん」    2021年1月記

パリの凱旋門は上に登れます。意外と知られていません。

Paris凱旋門近影0502
( 凱旋門の周囲にたむろする観光客 )

我が家でも、子供たちと初めてパリに行って、シャンゼリゼ通りに立って凱旋門を背後にして記念撮影したあとのことです。

「じゃあ、門のてっぺんへ上りましょう」
「えっ、あの上まで行けるの?」
「行けるよ」
「行く、いくう・・・・・・。早くう・・・」

というような感じでした。読んで字のごとく、まさに「お上りさん」です。

我が家の奥様も、初めてのパリ訪問時に、同じ反応を示しました。私自身はどうだったかというと、事前に誰かに入れ知恵されていたので、凱旋門に着いて初めて屋上に行けることを知ってワクワクした記憶はありません。


凱旋門屋上の様子198009
( 凱旋門の屋上風景 1980年9月 )

コロンブスの卵のことわざではないですが、凱旋門の真下に行くには、まず地下道をくぐって広場の中心部に向かわなければなりません。そのあと、門の足の部分にある入口に行って入場券を買い、屋上に上ります。2021年現在は、狭い螺旋階段を10分弱かけて、えっちらおっちら上らないといけないようですが、10年くらい前までは小さなエレベーターで屋上のすぐ下の踊り場まで上れました。当然、階段コースより入場料は少し高かったです。

子供たちの歓声とともに見たパリの鳥瞰はひとしおでした。

凱旋門屋上からエ塔展望198009
( 凱旋門から見たエッフェル塔。1980年9月。現在とほぼ同じ景観 )

凱旋門は、年に数日の休館日があるのみで、ほぼ年中無休。そのうえ、夜の10時か11時ごろまで開いているので、夜景見物もよし、寒風に震えながらパリの街並み俯瞰もよしです。

思い思いのやり方でパリ見物を楽しめればよいですね。




パリの門めぐり2の3 横から後ろから凱旋門

パリの門めぐり2の3 横から後ろから凱旋門  2021年1月記


パリで2泊3日くらいの観光ですと、時間がないので凱旋門の後ろや横に回ることは、よほどのことがない限りありません。それに、凱旋門の圧倒的な大きさを前にすると、少し遠ざかって見ようとか、脇の方に回ってみようとする気力も湧きません。

ですから、パリ観光のリピーターの方々で、偶然、凱旋門の横顔や後ろからの姿を眼にした場合は、是非、写真の2-3枚を撮っておきましょう。自分だけの、意外と貴重なパリ有名ポイント風景となります。

凱旋門を背後から198608補正後
( 西日を浴びる凱旋門の裏側(ラ・デファンス側)風景 )

晴れの日の夕暮れ、凱旋門の西側は美しく輝きます。シャンゼリゼ通りの反対側のグランダルム大通り沿い:Avenue Grand Arme まで行ってみました。オレンジ色に輝く大きな凱旋門の姿を記憶に残しました。

凱旋門フォッシュ通りから近景198609
( 夕陽を浴びて輝くフォッシュ通り面の凱旋門 )

その次は、斜め横から凱旋門の夕焼け見物。凱旋門から放射状に出ている道のなかで最も美しいとされているフォッシュ大通り:Avenue Foch から堂々たる姿を拝みました。すごい量感です。

Paris凱旋門北東から201905
( 凱旋門を北東方向より見る )

午前中のすっきりとした空気に映える凱旋門北東側。凱旋門は裏表の印象が同じなので、写真を撮った位置をよく覚えておかないと、どれがどの向きやら分からなくなります。

カルーゼル門越し凱旋門夕方198609
( カルーゼル門から一直線にオベリスク、凱旋門を見る )

これぞパリの都市づくり、を実証するかのようなアングル。ルーブル美術館前のカルーゼル門から西をのぞくと、コンコルド広場に鎮座するオベリスクを通して、その彼方に凱旋門が左右対称の姿で目に入ってきます。直線的な美しさがパリのウリであることを実感する一場面でした。






パリの門めぐり2の2  遠目に凱旋門

パリの門めぐり2の2   遠目に凱旋門   2021年1月記

エッフェル塔に上ると、凱旋門が眼下のやや遠くに見えます。

視界に入ってくると「おおっ」という感じ。観光客としてパリに来た心証を強くします。

エッフェル塔から凱旋門遠望201905
(エッフェル塔から見下ろした凱旋門)

凱旋門が、丸い形をした大きな広場の中央に、でんと建っていることが一目瞭然です。
カメラをズームアップしてみると、屋上に見物客がいるのが分かります。

「あっ、事前にこんなこと言わない方がいいかも」

エッフェル塔から凱旋門199007
( ズームアップして眺めた凱旋門 )

パリは、とっても直線的な造りの都市です。新凱旋門のグランダルシュ、凱旋門、そしてルーブル美術館のそばに鎮座するカルーゼル門が一直線に並んでいます。いわゆる、パリの軸です。有名な凱旋門が、やや小高い場所にあるので、地上にいると3つの門を同時に見ることはできないのが玉に傷です。

グランダルシュの展望階に上ったら、一直線上に凱旋門とカルーゼル門が並んでいるのが見えるようです。

コンコルド広場より凱旋門方面少し工事中1980年9月
( コンコルド広場より遠くに映る凱旋門を見やる )

こういう視点こそ、パリのパリたる風景の一コマだと思います。「路地を曲がった先に何があるのかな」とワクワクしながら進む街歩きと正反対の気分で楽しむ都市です。パリでは、いつも、遥か彼方に目を向けましょう。現実の風景においても、心の中の未来においても、です。

なるほどねえ、という気分になりませんか?





パリの門めぐり2の1  本命の凱旋門

パリの門めぐり2の1    本命の凱旋門     2021年1月記

華の都パリの5つの門めぐり、その2は「凱旋門」です。

Paris凱旋門近影0502
(  パリの凱旋門の典型的な風景 )

凱旋門:Arc de Triomphe (アルク・ドゥ・トゥリオンフ) は超有名です。パリを代表する観光スポットのひとつです。そして、今回の5つの門めぐりの中では2番目に新しい門です。1836年に完成しました。

門の由来をはじめ、細かいことや、観光の仕方は、ごまんと出ている観光ガイドやブログのとおりです。私ごときが、いまさら、ああだこうだと解説するようなことはありません。

「冒頭の写真が定番のアングルですね」
「ほんと、パリに来たわ、って感じ」

まずは、凱旋門をシャンゼリゼ通りから眺めてみましょう。いわゆる正面で、王道のアングルです。

シャンゼリゼより凱旋門正面小サイズ198009
( シャンゼリゼ通りから眺める凱旋門正面 1980年9月 )

凱旋門工事中正面1986年9月写
( フランス革命200周年を控えて補修中の凱旋門 1986年7月 )

こうしてさまざま写真を見比べると、シャンゼリゼ周辺の街並みはあまり変化していないことも分かります。もちろん建物内部やビルのテナントの消長はありますが、表向きは、ずっと同じ雰囲気です。これが、ヨーロッパの多くの都市景観と日本の都市景観との違いのひとつです。

変わらないことで安心感も出るのですが、それは一方で、上下や左右の格差を固定することにもつながります。どっちがいいのやら、一長一短ですね。







パリの門めぐり1  新凱旋門

パリの門めぐり1    新凱旋門   2021年1月記

華の都パリには、2021年現在5つの門があります。観光客目線で5つの門をめぐりました。

「5つの門を言い当てられますか?」
「ええと、『凱旋門』でしょ、それから・・・・・・。わかんないや」
「それが普通です」

凱旋門、新凱旋門、カルーゼル門、サンドニ門、サンマルタン門の5つです。これを少ないというべきか、それなりにあるんだと感じるかは個人次第です。

今回は新しい順に見てみます。まずは、新凱旋門:グランダルシュ=Grand Archeです。一番、観光とは無縁な門です。「門ではない!あれはビルだ、パリ市内に位置している訳でもないぞ!」とクレームしたい方々もいると思います。私としては、細かいことは抜きでパリ観光をすればいいと思います。

パリ外デファンス新凱旋門正面201509
( グランダルシュ。日本での通称『新凱旋門』 )

パリ外デファンス新凱旋門を見上げ201509
( グランダルシュへの入口 )

グランダルシュは、正確には門の形をした高層ビルです。場所も、いわゆるパリ市内ではなく、市外の副都心ラ・デファンス地区の真ん中あたりにそびえています。東京のお台場にも、類似の吹き抜け型構造のビルがあります。

グランダルシュは、地上100メートル超の最上階が展望台になっています。私も、まだ、上がったことはありません。生きているうちに1回くらいは上がりたいのですが、2021年1月現在のコロナ禍ではパリ訪問の予定すら立てられません。

どうりで日本人パリ観光客には馴染みがうすいわけです。けれども、その外観は画像や本などで一度や二度は見たことがあるのではないでしょうか。

新凱旋門は1989年8月竣工です。フランス革命200周年を記念して建設しました。そのため、ラ・デファンスを写した古い写真には載っていません。ビフォー、アフターのラ・デファンスの高層ビル群を比べてみました。

エトワール屋上からデファンス展望198009小サイズ
( 1980年9月のラ・デファンス。大通りの先にグランダルシュがない )

エッフェル塔からデファンス眺望199007
( 1990年7月のラ・デファンス風景。グランダルシュ完成後 )

こう見ると、やっはりパリは大都会です。観光客でにぎわう伝統的な市街の周囲には、高層建築がにょきにょき建っていますし、住宅地が果てしなく広がっています。

さすがパリ。これでは2泊3日くらいでパリに滞在しても、パリのさわりの部分の、その上澄みくらいしか観光できません。そうして強烈で最上の「華の都パリ」の印象を抱いて帰途につくのが、もっとも素晴らしいパリ観光ノウハウだと思います。









カテゴリー
  • ライブドアブログ