やまぶきシニアトラベラー

気まぐれシニア・トラベラーの旅。あの日から、いつか来る日まで、かつ、めぐりて、かつ、とどまる旅をします。

ニャックポアン池と大回りコース

プレ・ループは熱かった

プレ・ループは熱かった   2019年10月訪問

アンコールワット遺跡めぐりの「大回りコース」の、はじめか終わりに位置するのがプレ・ループ:Pre Roup temple  遺跡です。

写真のとおり、見た目は平凡な赤っぽい石積みの、半分崩れかけたヒンズー寺院遺跡。最近では、夕日が見られるスポットとして、団体さん中心に夕方の訪問客が増えているようです。けれども、実際の夕日風景は期待ほどではなかったという感想が多いです。

「あたしは、ここしか見ていないから、人気のプレア・カーンと比べられませんわ」
「写真を見て比較しても優劣は感じられますよ」
0461プレループ遺跡1023 (6)
 ( プレ・ループ遺跡正面 )

ここの主塔へ昇る階段は、見た目に反して意外と急傾斜でした。次の写真のように、実際に取りつくと直登気味になります。上から降りてきたカップルも、びくびくしながら、一歩一歩、踏みしめるようにゆっくりと足を出していました。
0461プレループ遺跡1023 (9)
( 急傾斜で熱いプレ・ループ遺跡の正面階段 )

そして、真昼間にくると、この階段、手をつけないくらい熱いのです。

「あちっ!」

私も、階段についた手を思わひっこめてしまいました。石の表面が、焼けるように熱かったのです。10月でも、カンボジアの太陽の熱量は正午前後はとても強烈です。空気も暑く、石も炙られていました。対策として、指先だけを階段に置くようにしてバランスを取りながら急階段をよじ昇りました。

やっとのことで最上部のテラスに上がると、暑い中にも、のんびりムード。適当な場所に腰を下ろして、汗が引くのを待ちました。崩れかけ、雑草にまとわりつかれ、ぼろぼろになりかけた寺院跡の様子がよく分かりました。
0461プレループ遺跡1023 (11)
( 上のテラスから下のテラスや周囲の森を見る )

昼間のプレ・ループには、ほとんど観光客がいません。静かに心を落ち着けて遺跡の様子を見ることができました。解説版や照明はもちろん、柵もほとんどありません。放置された遺跡感がたっぷりと出ています。たまに、一体か2体、崩落の少ない彫像があって、ちょっと目を惹きます。下草も刈ってあるので、管理されているんだなということが分かりました。

0461プレループ遺跡1023 (19)
( 原型を残しているライオンの彫像 )

正直、当局は、2流、3流の寺院遺跡まで、ていねいに修復する余裕も気力もないと思います。アンコールワット遺跡全体は、とても広く、遺跡や遺構が掃いて捨てるくらいいっぱい散在しているからです。

こんなふうに荒れた感じがアンコールワットの魅力のひとつだと、私は思いました。

0461プレループ遺跡1023 (23)
( 崩れ去り、赤茶色の石と摩仁グルマのデザインの窓が残った壁 )

遺跡の下の方の回廊一帯は、ほとんど壁だけしか残っていません。じりじりと炎暑の中にたたずむ姿に無常観が出ています。

0461プレループ遺跡1023 (27)
( ただただ太陽に照らされてたたずむばかりのプレ・ループ )

0461プレループ遺跡1023 (32)
(プレ・ループ遺跡と主塔を側面から仰ぎ見る )

汗が収まるのを待って、遺跡の上下や周囲を一周して、外に出てきました。青い空と白い雲のしたに無言で立ち尽くしている塔の数々が、最後に印象に残りました。

2020年3月記    了

象さん仰ぐイーストメボン遺跡

象さん仰ぐイーストメボン遺跡    2019年10月訪問

イースト・メボン遺跡: East Mebon temple  は、アンコールワット遺跡大回りコースの、ちょうど中間点あたりにある10世紀の中規模遺跡です。

「イースト」メボンという呼び名は、明らかに観光客向けの訳語です。けれども、クメール語による呼び方は、ほとんど聞こえてきません。

2-3の遺跡見物のあと、イースト・メボンに立ち寄ったとき、暑さと感性の低下で、パスしようかなと思い始めました。けれども、ベージュ色に染まった主塔を見たら、「せっかく来たのだから、やっぱ見物して行こ!」という気持ちになりました。
0451イーストメボン風景1023 (3)
( 意外と端正で美しいイーストメボン正面 )

写真には写り込んでいませんが、こういう人気(ひとけ)の少ない遺跡の入口にも、ちゃんと係官がいて、観光客を見かけると木陰からやってきて入場券をチェックします。

イーストメボンは、階段状の遺跡ですが、積み上げが低いので、直登感がなくゆったり気分で登れます。境内も広いので、のんびりした気分になれました。つぎはぎの目立たない象の彫刻が塀の隅に立っていました。スポット的に修復したのかも知れません。
0451イーストメボン風景1023 (5)
( 原型を保った象の彫刻が鎮座する内陣の壁 )
0451イーストメボン風景1023 (23)
( 見事な象さんの像 )

「パオーッ」、「パオーッ」と、鳴きながら神々の領域を守っている感じが、よく出ていました。そばにやってきて、私と同じように、鼻を床につけた象の彫刻をしげしげと眺めていた欧米系のおばさんも、「いいね」みたいに笑みを浮かべていました。私も、同感です。

イーストメボンには、象ばかりでなく、狛犬役のライオンもいました。
0451イーストメボン風景1023 (10)
(  ライオンが狛犬代わりの本堂への階段 )

赤茶色のレンガ造りの塔は、原型を残して崩れてきていますが、何体かの動物の像はかなりきれいな姿で鎮座しています。予算が少ないなかでテーマを決めて修復しているようならば、好感の持てる方針です。
0451イーストメボン風景1023 (21)
( 崩落しながらも美しいベージュ色をした本堂と塔の数々 )
0451イーストメボン風景1023 (12)
( 中央の塔を間近で仰ぎ見る )

現代カンボジアは、国家主導の仏教国なので、ヒンズー寺院遺跡ながらイースト・メボンの本堂内にも仏像が祀ってあります。政治勢力が、「過去もいいけれど、現在も忘れるなよ」と、言っているようです。ここまでやられると、少しばかり不自然な感じがしました。

0451イーストメボン風景1023 (15)
(  中央のお堂内に祀られた仏様 )

仏様の前に立ち、一礼してから上を仰ぐと青天井。数々の塔も、いつの間にか頂上部が崩れて煙突状態になっているようです。詳しいことは知りませんが、ヒンズー寺院の塔のてっぺんのリンガを破壊したときに頂上に穴が開いたのかも知れません。宗教感情が高ぶると人間が不寛容になるのは、昔も今も同じです。

0451イーストメボン風景1023 (14)
(  塔の頂上部はたいてい崩れて青天井 )

はらはらと崩れて行きながらも、意外としっかり立っているイーストメボンをぐるりと回って、再び外に出ました。私の乗ったトゥクトゥクは、舗装された大回りコースの一本道を走ります。
0451イーストメボン付近水田と森
( イーストメボン付近の田んぼがすがすがしい )

イーストメボン付近まで来ると、遺跡と遺跡の間に田んぼや湿地が見え隠れします。うっそうとした密林風の森ばかり目にしていたので、こうして開けた場所に来ると、気分もほっとします。電線も標識もない、黄緑と緑ばっかりの風景に癒されました。暑い空気ながらも、トゥクトゥクに吹き付ける風に、汗もすこしばかり引きました。
「ほっ・・・・」

2020年3月記                           了


うらぶれた釣り堀みたいなニャック・ポアン

うらぶれた釣り堀みたいなニャック・ポアン  2019年10月訪問  

0443ニャックポアン内部の池と祠堂 (18)
( ニャック・ポアンを囲む湿原状の巨大な池 )

グランド・サーキット(大回りコース)の左周りコースを取ると、北大門を出て2番目にあるのが、ニャック・ポアン: Neak Pean という遺跡です。ここだけ音感が違う名前の遺跡です。実際の様子も典型的なアンコールワット遺跡群とかなり異なります。

ひとことで言えば、うらぶれた釣り堀のような水辺の遺跡です。

良く言えば、まぶしいくらいに青空を水面に映す大きな池に囲まれた水辺の遺跡です。崩れかけ、黒ずみ、ゆがんだ石造建築物や、うっそうとした熱帯樹木ばかり見ていると、とってもすがすがしく大らかな気分になれます。

幹線道路沿いに、ちらちらと大きな池が見えてくるあたりがニャック・ポアンの入口です。入場ゲートの奥の両側に、びっちりと土産物店、傷痍軍人の寄付ブース、露店の音楽喫茶みたいな店がならんでいます。他の石造寺院と、明らかに雰囲気が異なります。

「Tシャツ、安いよ」、「ワン・ダラー、ワンダラー」
の声と、手招きをかわして参道を進んで行くと、青い空と大きな水面が突然、現われて、とっても嬉しくなりました。
441ニャックポアン池と参道快晴 (3)
441ニャックポアン池と参道快晴 (5)
( ニャック・ポアンの参道入口と土産物店 )

赤茶けた土手の道が尽きると、池をまたぐ木道がまっすぐに続きます。両側の水に、青い空と白い雲が映って気分爽快。けれども、10月末の太陽は、じりじりと焼け付くような強さです。森の木立に入ったら少しは涼しそうと期待しながら歩きました。

351ニャックポアン池と参道と湖
( ニャック・ポアンに続く木道と周囲の水辺 )

枯れた木々の幹が立っていてわびしい感じもします。両側の池の深さは30cmから50cmくらいですが、泥の底なので、一歩、踏み入れたらずぶずぶと底なし沼にはまるでしょう。

441ニャックポアン池と参道快晴 (6)
( すがすがしく広い水辺景色も、実際は猛暑の炎天下 )

遠くに見えた木立に着くと、さらに内側の池がありました。荒れ果てた雰囲気です。木道上のすれ違いも慎重に先へ進みました。
353ニャックポアン池と参道奥
( 三重になった池の真ん中の池 )

池は三重になっていました。もっとも内側の池にたどりつくと、そこには祠があり、池の真ん中に高々とヒンズー様式のお堂がそびえ立っていました。

池の水は、藻が繁茂しているので淀んだ緑色です。そのうえ、ぴくりとも動きません。名称のようなヘビも、からみも全く想像できません。はっきり言って、薄汚い感じです。うらぶれ、廃業した釣り堀という感じがしました。

現在の様子では、沐浴するという聖なる気持ちなど毛頭も湧きません。これがアンコールワット遺跡群を通して感じる諸行無常感です。
0443ニャックポアン内部の池と祠堂 (1)
( 参道正面から見た一番内側の池と祠(ほこら) )
0354ニャックポアン内部の池と祠堂全景
( 池の真ん中にそびえる祠(ほこら) )
0443ニャックポアン内部の池と祠堂 (17)
( 別角度からの祠(ほこら))

それでも、往時を想像すると、とてもすごい建造物や寺院であったことが凡人でも分かります。これも、アンコールワット遺跡のすごさです。「さすが、トップクラスの世界遺産の底力」が、無言のうちに伝わってきました。

0443ニャックポアン内部の池と祠堂 (13)
( 池の水は緑色でおぞましい感じ )

ニャック・ポアンの現役時代は、医療施設を兼ねた水生の薬草園であったとガイドブックに書いてありました。水が澄み、蓮の花や、整えられた水辺の花壇があれば、確かに心休まる空間であることは想像に難くありません。

黒ずんだ石と、暑い陽射しに疲れ気味のところに、水辺の風景は一幅の清涼感を感じます。けれども、濁った水面を見ると、池に手を入れようなどという気分に全くなれません。余計、ストレスがたまってしまいました。

「写真をとって、さっさと次の遺跡に行こうっと」

2020年2月記                             了



荒れるにまかせたプレア・カーン遺跡

荒れるにまかせたプレア・カーン遺跡    2019年10月訪問

アンコールワット遺跡群大回りコース:Grand circuit  の最初か最後の地点に位置するプリア・カーン遺跡:Prea Khan Temple も、熱帯樹木がからみつき、あちこちが崩落したタ・プローム型の遺跡です。

小回りコースを終えて、大回りコースにやってくると、このようなパターンの風景に馴染んでしまって驚くこともなくなります。せっかく3日券は買ったし、トゥクトゥクも貸切で自由に使えるので、B級C級遺跡もできるだけ見てみようという気になります。

0431プレアカーン1023 (2)
( プレア・カーン遺跡北入口 )
0431プレアカーン1023 (5)
( プレア・カーン遺跡北門前の橋と破損した神々の石造 )

スパッ、と切り取られたヒンズー教の神様の頭部は、いわゆる地蔵泥棒のしわざのようです。買った奴に祟りがあると面白いのですが、所詮は「モノ」なので、どこかのコレクターの部屋に鎮座しているのでしょう。その代わり、保存状態は良いでしょう。

0431プレアカーン1023 (9)
( ぐらぐら感いっぱいのプレア・カーン遺跡正門 )
0431プレアカーン1023 (23)
( 木々とコケと崩れた石の数々も定番になった )

プレア・カーン遺跡の中央部に来ると、十文字の回廊の交点に、緑色にコケ蒸したリンガが置いてありました。ときどきグループ観光客が、リンガの周りを取り囲んで賑わいますが、少し過ぎると、また静寂が戻ります。

0431プレアカーン1023 (17)
( 寺院中心部に残ったリンガ遠望 )
0431プレアカーン1023 (24)
( コケむし、欠けて、ひび割れたリンガの哀愁 )

天井が崩落した場所のレリーフは、ほとんどコケに覆われようとしています。少し、薄気味悪い雰囲気です。こうして観光客が来るまで、神々やデヴァターのレリーフは、500年くらい、ひたすら歪み、崩れ、雨に当たり続けてきたんだな、と恬淡として気分で眺めました。

0431プレアカーン1023 (20)
( コケに覆われたデヴァターのレリーフ )

係員が指さして「あっちの奥に、美しい女神像があるから行ってみろ」とすすめてくれたので、くずれた石をよけながら通路を歩いて行くと、確かに美女のレリーフが2体ありました。うつむきかげんの顔つきは、端正で安らぎを覚える表情でした。

「どうか、くずれゆく遺跡のなかで、皆んなに愛されながら、ずうっと居続けてください」
0431プレアカーン1023 (29)
( プレア・カーン遺跡きっての美人デヴァター像に参拝 )
0431プレアカーン1023 (30)
( もう一体、美しい女神像がある )

それにしても、崩落度合いが中途半端ではありません。現役時代には、維持管理、お坊さんの生活支援で莫大な資金が必要だったのでしょうから、その反動で、有無を言わさずに見捨てられたのも無理はないと思いました。

「もう、やってらんねんよ」、だったのでしょう。
0431プレアカーン1023 (35)
( 日に焼け、くずれ、それでもデヴァターはたたずむ )

プレア・カーン遺跡の見どころのひとつとして、この近くに、2階建ての経蔵らしき遺跡があり、ギリシャ神殿風の外観であると解説されていましたが、見物忘れです。遠目に入っていたのかも知れませんが、ぼろぼろに崩れかけていたので、特に気に留めなかったのかも知れません。アンコールワット遺跡群には、2階建ての建造物がほとんどないそうです。これから旅される皆さまは、見落としのないよう見物することをお祈り申し上げます。

繊細で美しいデヴァター像も、ずれ、歪み、日焼けしています。往時の華やかさを忍びながら、ゆっくり一周して外に出ました。
0431プレアカーン1023 (12)
( 次第に浸食され、影がうすくなった神様 )
0431プレアカーン1023 (36)
( 時の流れに埋もれゆくデヴァターたち )

時の流れを、実際の時間の経過以上に感じたプレア・カーン遺跡でした。

2020年2月記                                   了




カテゴリー
  • ライブドアブログ