やまぶきシニアトラベラー

気まぐれシニア・トラベラーの旅。あの日から、いつか来る日まで、かつ、めぐりて、かつ、とどまる旅をします。

アンコールトム

癩王のテラスの隙間でヒンズーの神々に囲まれる

癩王のテラスの隙間でヒンズーの神々に囲まれる     2019年10月訪問

快晴で陽射しのまぶしい10月下旬の朝、私は、アンコール・トムの「癩王のテラス」に上がりました。
有名で人気のある「象のテラス」と一対になった、長くて広い、ひな壇状の遺跡です。足早や日本人および中国人観光客のメインルートから、ほんのわずかだけ北にはずれているせいか、見物人の数はあまり多くありません。

のんびり、じっくり、芝生とひな壇歩きをしました。「ちょっと、暑っ!」

0325Aトム象のテラス昼下り風景 (7)
( 象のテラスから見た癩王のテラス )
0328Aトム癩王テラス付近風景 (5)
( 癩王のテラス側面のレリーフ )

癩王のテラスの中央部にくると、壁が二重になっていて、隙間にも入れます。ガイドブックによりますと、隙間は昔に埋められてしまっていたので、しばらくは気がつかれず、後世の調査で見つかった場所のようです。

テラス上の、イメージだけ清々しい暑い空気を吸ったあと、下に降りてみました。
せっかく来たのですから、なるべくたくさんの場所に入り込みたいです。
0328Aトム癩王テラス付近風景 (8)
( 癩王のテラス上から象のテラス方向を見る )



0328Aトム癩王テラス付近風景 (14)
( 癩王のテラスの内壁 )

赤い石を積み上げた二重壁の間を、そろりそろりと歩いて行くと、ヒンドゥーの神々のレリーフが所狭しと彫られた壁面にでました。
「ほおっ・・・・・・・・」

ヘビがモチーフのナーガ神のレリーフのある場所は、少しびくつきながら通りました。私は、ヘビがきらいなので、彫刻と分かっていても気になってしまうのです。

「いきなり、ぴょん、と頭を出したらどうしよう・・・・・・」
「くわばら、くわばら」
0328Aトム癩王テラス付近風景 (12)
( 内壁のヘビ神ナーガは、私には気味悪い存在 )
0328Aトム癩王テラス付近風景 (13)
0328Aトム癩王テラス付近風景 (11)
( 内壁の数えきれないほどのヒンズーの神々たち )

これでもか、というプレッシャーを3回も4回も感じるくらい、切り立った内壁の両側にはヒンズーの神々の像が彫られ、重なり、ずれ、そして欠けていました。インド哲学のエンドレスのような神話の世界を肌で感じました。

たまたま、せまい通路内ですれ違ったアメリカ人のお姉さまと一期一会の縁で立ち話をしました。お姉さまは、こういう光景に天にも舞い上がらんばかりの感動を覚えたそうです。同じ表情が二つとない神々に囲まれていると、無限の祝福を授けられている気分になるということでした。そして、お互いのカメラで写真を撮り合いました。私は2-3枚お願いしましたが、興奮気味のお姉さんは遠慮がちな表情をしながらも、壁の向きを変えて6-7枚撮ってくれとのこと。もちろん快諾して、いろいろなポーズと背景の写真を撮ってさしあげました。

「よい1日を!」
「あなたも!」

いやあ、ほんとに神々のお姿に間近かで囲まれると、仏教徒の私も、少し、こそばゆい気分になりました。

2020年2月記                       了



センスがいいね、アンコール・トムの象のテラス

センスがいいね、アンコール・トムの象のテラス   2019年10月訪問

象のテラス:Elephant terrace は、アンコール・トムの中で、バイヨン寺院遺跡に次ぐ人気スポットのようです。場所もバイヨンから徒歩数分の距離なので移動も手間いらずです。

ここは、象の鼻をモチーフにした、お立ち台正面のデザインが、現代人にも通じる斬新なセンスを誇っています。石組みの歪みや日焼けのただれがなければ、もっと強烈な印象を与えるに違いありません。

0324Aトム象のテラス前再び1025 (7)
( 象のテラスにある象の鼻のレリーフ )

象のテラスとバイヨン寺院の間は、徒歩で10分くらいです。

両者の間には、それなりに注目度の高いバプーオン:Baphuon  というピラミッド型の寺院遺跡があります。私は、暑さと疲れで観光意欲が薄れていたタイミングであったので立寄りませんでした。バプーオンに通じる参道は、地面から浮いた感じの石造の通路です。私が通ったときは、結婚記念写真の撮影が行なわれていましたが、なかなか見映えがよい空間です。どの王様もというか、王に抜擢された寺院の設計者は、それなりに独創的な姿形の寺院を作ろうとしたようです。いわゆる「地図に残る仕事」、「教科書に紹介される作品」を目指したのだと思いました。

0304Aトム バプーオン跡への高床通路
( 奥のバプーオン遺跡に通じる空中回廊的な参道 )

0303Aトム象のテラス上歩道
( バプーオン入口の先からみた象のテラス(左)と、テラス前の広場(右))

象のテラスの上を中央部に向かって歩いて行きました。下の道路や草地がある場所に軍隊が整列したようです。象のレリーフは、下にいないと目に入りませんが、王侯貴族や高官の目線を体験したいならば、一度はテラス上を歩かないといけません。

象のテラスの中央部のお立ち台に立つと、線対称に美しく広がった緑のじゅうたんと、奥の塔の遺跡、その背後の大きな木々が視界に入ります。往時は、木造建築物や人の群れがいっぱいだったと思いますが、なかなか想像できません。

博物館に入って、往時の想像図でも目にした方ならば、閲兵式や国家の儀式の様子を頭に思い浮かべることができるのでしょうか。
0321Aトム象のテラス1022 (8)
( 象のテラスのお立ち台 )
0322Aトム象のテラス2回目1023 (3)
( 象のテラスの張り出したお立ち台のひとつ )

0324Aトム象のテラス全景1025
( 横からみた象の鼻と全身像のレリーフ )
0328Aトム癩王テラス付近風景 (15)
0328Aトム癩王テラス付近風景 (17)
( 癩王(らいおう)のテラス下の象のレリーフ2葉 )

象のテラスの北側には、続きとして、癩王のテラスと呼ばれるお立ち台があります。こちらにも象のレリーフが張り出しの前面に彫られた場所があり、とても印象に残ります。

寺院遺跡は塔のイメージで縦型で権威的な印象ですが、こちらは横に大きく広がっているので、広々とした公園のような柔和な印象を受けます。木造の建築物が跡形もなく消え失せて熱帯性の樹木が伸び放題になったからこその公園的風景の気がしました。

暑く、強い日差しの下ながら、すがすがしい場所でした。

2020年2月記                                          了

アンコールトム北大門は、顔がぴくりかも

アンコールトム北大門は、顔がぴくりかも           2019年10月訪問

アンコールトムは、正方形の形をした首都で、東西南北に門があります。

そのなかで、一番有名で人気があるのが南大門。その次に馴染みがあるのは、小回りコースでくぐる東側の勝利の門でしょう。

そして、北大門あたりになると、大回りコース:Grand circuit を選んで、初めて通ることになるので、人出もぐっと減ります。、そのため、門も苔むし、熱帯樹木がからみつきそうになっています。
1271Aトム北大門遠目1023
( アンコールトムの北大門を内側から見た全景 )

観光客がいっぱいの南大門と同じデザインのはずなのに、こちらは陰気で苔むしています。

「ようこそ、き・た・だ・い・も・ん、へ・・・・・。ひゅう、どろどろ」、という感じで、神様たちが鎮座しています。

1271Aトム北大門通行中1023
( 苔むして薄気味悪い北大門を内側から見る )
1271Aトム北大門塔アップ1023
( 門の真上の神の像3面 )

よく見ると、普通の神様なのですが、夜な夜な動きそうな気配を感じてしまいました。
「観光客も少ないし、ちょっとくらい、あたりを見回したって気づかれないもん!」と、神様がコケの下でほくそ笑んんでいました。

1272北大門外でプレアカーンへ1023
( アンコールトム北大門の外側と、ほとんど崩落した神々の像 )

こちらの欄干の乳海攪拌物語相当の神々の像は、ほとんど崩れています。
「ちょっとした距離の違いで、ミナミとキタでは、同んなじ門でも、こんなに雰囲気が違うんだ」と、考えてしまいました。観光客の気分なんて、移ろいやすいものです。余計に、夜な夜な動いても問題はないでしょう。

1270Aトム癩王テラス北大門への道
( アンコール北大門付近の大回りコースの道路風景 )

そんな雰囲気を感じながら森の中の道を、トゥクトゥクで走っていきます。写真では、森林浴っぽいイメージですが、とにかく暑いです。トゥクトゥクの上で風に吹かれるくらいがちょうどよい気分でした。

2020年2月記


南大門の神々たちのインスピレーション

南大門の神々たちのインスピレーション     2019年10月訪問

「事実は小説より奇なり」という諺(ことわざ)があります。アンコール・トム:Angkor Thom の南大門入口の橋の欄干に鎮座するヒンズー教の神々たちも、思いっきり奇妙な姿でした。

体験者はご存知のとおり、ヘビに見立てた橋の欄干を、上半身だけの百面相の神々たちが綱引きのように引っ張っているデザインが、なまじのクリエーターの発想力の比ではないのです。聞けば、ヒンズー教の天地創造の物語である乳海攪拌の一場面なのだとか。

「ぶっとんだ」
「マンガにそのまま使える発想だ」
「ジャヤバルマン7世陛下、是非、ウチの事務所でチーフ・クリエーターやって」です。

0371Aトム南大門夕方 (2)
( 観光ポスターなどでも馴染みの南大門を通り抜けるクルマやバイク )

古い門を、現代のクルマやバイクが当たり前のようにくぐりぬける写真も有名です。ヨーロッパや中国、トルコ、アラブの古い城門でも同様の光景が見られますから、世界的にはデフォなパターンです。木造建築が主流の日本では、ほとんどない場面ですね。

0372Aトム南大門の朝風景1023 (3)
( ズンズン、ズンドコッという感じでヘビを引っ張る神様の石造 )
0101Aトム南大門の朝風景1023VG
( 南大門の上で、にやけ顔で睨みを利かす神の顔 )

こうのような場面は、絶対にマンガやアニメにもってこいの素材です。芸術家の皆さまは、自由にインスピレーションを働かせて、是非、シュールな作品を作っていただきたいなあ。
0102Aトム南大門の表情多種1023
( 神様も一応、伏し目でヘビ綱引き )

どこでも、たくさんの神様を並べるときは一体ごとに表情を変えるのですね。五百羅漢、三十三間堂などの仏様などの顔つきが脳裏に浮かびました。

0372Aトム南大門濠快晴1025 (4)
( 欠けて行方不明の神あり )

でも、どうして修復してある神と、欠けたまま放置してある神がいるのでしょう。完全に欠落していると、オリジナルの表情が分からないので修復できないからのような気がします。

0372Aトム南大門濠と彫刻
( 修復したのはいいが白すぎて浮いている神あり )

おおらかで明るくユニークな南大門の綱引き神様に喝采です。このような発想をしたアンコール・トムの完成者であり、巨大ブッダ顔のバイヨン寺院の建立者であるジャヤバルマン7世陛下の、シュールすぎる発想に言葉もないくらいの賛辞を送ります。

2020年2月記                  了

うふふと見つめ合いたいバイヨン寺院

うふふと見つめ合いたいバイヨン寺院    2019年10月訪問

アンコール・トム: Angkor Thom の中心部にあるバイヨン寺院:Bayon Temple は、「ばかでかい顔面ブッダ像」が印象に残る仏教寺院遺跡です。

ブログや旅行記の大半は、ブッダ像のことは書きますが、「巨大な顔だけの像だ」ということに、ほとんど触れていません。私は、この「顔だけ」感こそバイヨンのバイヨンたる理由だと思いますが、あまり賛同は得られないようです。近くにある南大門前のお濠の橋の欄干にもデザインされた「上半身ヒンドゥー教神様像」と合わせて、アンコール・トム観光の最大の見せ所だと感じました。

そして、このブッダの表情、とても柔和です。思わず見とれてしまいました。見つめられ、あるいは、じいっと見合ってしまいたい雰囲気を持っています。

「うふふ、ようこそ、いらっしゃいました」。

何度見ても、気が休まる表情です。彫刻家の腕がとても優れていたようです。
1318Aトムバイヨンブッダ顔間近に1022
( ブッダのでかい顔こそバイヨンの特色 )

バイヨン寺院は、ガイドブック等の解説のとおり、ジャヤバルマン7世 :Jayabalman Ⅶ (在位1181--1218年) という有名な王様によって建立されました。

ジャヤバルマン7世は、現代ガンボジア人のなかでも1番人気の王様との話。アンコール王朝史上、最強かそれに近い名声と権力を得た方のようです。対外戦争と権力闘争に打ち勝って55歳のときに即位、首都のアンコール・トムを整備したり、首都の中心にバイヨン寺院を建立するなどして君臨、93歳の長寿を得て、みまかったという生涯だそうです。これだけでも、かなりインパクトのある国王です。

ちなみにアンコール・ワットの建立者は、スールヤバルマン2世:Suryabalman Ⅱ (在位1118-1150年)という王で、アンコール王朝最盛期の国王と解説してありました。それなりに名君だったのだと思いますが、ジャヤバルマン7世のユニークさにはかないません。

バイヨン寺院の、どでかいブッダ顔を思い出すにつれ、「どうして、この王様は「顔だけ」彫ろうとしたんだろう。頭の中、どうなっていたの?」と、考えてしまいます。キリスト教も含めて、「顔だけ神様」は、ほとんど例がありません。しつこいくらい、このジャヤバルマン7世の思考経路に関心が向いてしまいます。一般にアクセスできるサイトやブログ程度では、この問いに答えてくれるコラムは今のところありません。

1303Aトムバイヨン快晴朝東面1025
( 快晴のバイヨン寺院全景 )

ぶつぶつ言っていないで、バイヨン寺院を見物した話にもどりましょう。

バイヨン寺院の近くに来ると、主塔の側面に高々と彫ってあるブッダの顔が目につきます。塔の姿も凛々しく、人出も多いので、雰囲気だけで人気スポットだということが分かりました。遺跡は3層構造なので、急な階段を昇って、少しずつ上のテラスに上がります。

1311Aトムバイヨン入口16時影1022
( 上部回廊に登っていくとブッダのお顔も間近になってくる )

耳よりの最新情報では、バイヨン寺院の最上部のテラスは、2020年1月初めより修復工事のため登楼禁止になったとのことです。数年後に見学が再開されたら、どんな感じになっているのでしょう。

1312Aトムバイヨン昔の顔と今の仏像1022
( 通路には、現役の「全身」仏像もある )

とにかく、バイヨン寺院に入ると、そこいらじゅうに、石造りの仏様のどでかい顔、顔、顔の彫刻が、いっぱい。そして、何ともいえない柔和で穏やかな微笑みをたたえているのです。一説では、建立者のジャヤバルマン7世の顔がモデルとのことです。ガイドブックに紹介されているジャヤバルマン7世の顔は柔和ですが、こちらの方がブッダ顔に合わせて彫ったこともあり得ると私は感じました。皆さまの意見はどうなのでしょうか。

「どっちでもいい」

1316Aトムバイヨンブッダ顔1022
( 有名な巨大ブッタの笑顔も午後は逆光 )

それにしても巨大な顔だけが所狭しと彫られている空間に、気持ちがぶっ飛びます。

創立者の超ユニークな感性のおかげで、現代の私たちは、バイヨンの得も言われぬ温かみある雰囲気に浸ることができるのです。あらためて、「すばらしいセンスです、ジャヤバルマン7世陛下!」

これら多数のブッダ顔、石組みがずれてきているので、ちょっと異様です。ジャヤバルマン7世時代は絶対にずれていないで、もっとすっきりした継ぎ目だったと思います。800年の歳月が経つうちに、少しずつ地盤の不等沈下が起こり、石組みが歪んだようです。また、強い日射と、多湿によるコケの繁茂などで、遺跡全体がただれた感じになっています。とても残念です。少し寂しく、無常を感じるひとときでした。

1318Aトムバイヨンブッダ顔間近に1022
1318Aトムバイヨンブッダ顔三体もっとアップ1022
( バイヨン寺院内のブッダ顔面像の数々 )

これでも、十分に微笑ましいお顔を想像できます。石組みが、ぴたっと合わさり、石の黒ずみもぬぐって、これ以上ないくらい麗しいお顔を見てみたいものです。

いきなりですが、見方を変えると、人気マンガ、「Drスランプ・アラレちゃん」に出てくる、ニコちゃん大王がごろごろいるような気もしませんでしょうか。

1315Aトムバイヨン主塔を仰ぐ1022
( バイヨンの主塔を見上げる )
1314Aトムバイヨン夕陽に主塔の顔1022
( ちょっと脇道にそれると荒廃が目に付くバイヨン )
1322Aトムバイヨン西日の主塔3塔1022 (1)
( ブッダ顔面像がいっぱい )
1313Aトムバイヨンヒンズー彫刻1022
( ほんの少し残るデヴァターは、ヒンズー教信仰の名残り )

カンボジアの宗教は、二転三転しながらヒンズー教から仏教に徐々に変わり、しかもヒンズー教の影響が残っているので、バイヨン内にも、アプサラダンスをするデヴァターが彫ってありました。ここのデヴァターも、ちょっと、おっかない顔つきです。ジャヤバルマン7世陛下のお好み顔なのか、こうあるべきだという当時の一般的なデヴァター顔なのか、私には分かりませんでした。


2020年2月記                        了

朝な夕なにバイヨン寺院遠望

朝な夕なにバイヨン寺院遠望     2019年10月訪問

アンコール・トム内: Angkor Thom の中心にあるバイヨン遺跡:Bayon Temple  は、アンコールワット遺跡群のなかでは、おそらく2番人気です。

そのユニークな、顔だけブッダ像は、1番人気のアンコールワットの姿とともに絶対に記憶に残ります。

1303Aトムバイヨン快晴朝東面1025
( 朝の陽光に輝くバイヨン寺院全景 )

日本人スタイルの典型的な1日観光ですと、アンコールワットの日の出鑑賞のあと、このバイヨン寺院と、近くの南大門に来て、いわゆる「下車観光」をします。アンコールワットの境内を見る前で、かつ、気力も充実している時間帯なので、気分も「わあああ・・・・すげえ・・・・・」となり、忘れられない記憶になるようです。

「そりゃそうだ。石造りの「ばかでかい」ブッダの顔が、自分の真ん前に次から次へ、ぬうっと現れれば、びっくりするよ」

そんな人気のバイヨン寺院遺跡は、朝が順光です。また、少し遠目に全体像を見ることが少ない遺跡です。それなので、朝な夕なにユニークな姿をさらし続けるバイヨン寺院の全景を四方八方から見てみました。

1303Aトムバイヨン快晴縦1025
( バイヨン寺院東面。ブッダ顔は遠目には不鮮明 )

少し距離を置いてしまうと、塔のあちこちに100面以上彫ってあるブッダのお顔像もくっきりとは見えません。写真でも、眼をこらして見ると、顔面像がシルエットになって浮かんでいます。「ウォーリーを探せ」状態ですね。

1305Aトムバイヨン昼下がり西側14時
( 昼下がりのバイヨン寺院西面 )

午後からは、西側が順光です。干上がっていない池があるので、写真に凝っている方は、うまーくアングルを見つけて「水面に映る」バイヨン寺院を撮影するようです。その執着力に脱帽です。

1310Aトムバイヨン夕方遠景1022
( 夕暮れ間近のバイヨン寺院北面 )
1311Aトムバイヨン入口夕方1022
( 頂上部が西日に輝くバイヨン寺院 )

午後4時ごろになると、バイヨン寺院には徐々に西日が当たるようになります。しかし、気温はまだ高く、観光客もバテ気味で入ってくるので、全体に気だるいムードが漂います。朝の、きりりとした景観から、滅びの美を象徴するような、どことなくぼやっとしたような光景に変わってきました。

アンコールワット遺跡ともども、いろいろなバイヨン寺院風景を楽しめるといいですね。

私の体験では、トゥクトゥクのお兄さん、何回も同じところに行く観光客の心情は分からないらしく、「また、寄るのお?」と、口をとんがらしていました。別にチャーター料金は同じなんだからいいじゃない、と内心思いながら「バイヨン、プリーズ」です。

2020年1月記                      了


カテゴリー
  • ライブドアブログ