やまぶきシニアトラベラー

気まぐれシニア・トラベラーの旅。あの日から、いつか来る日まで、かつ、めぐりて、かつ、とどまる旅をします。

宮殿一般見学

これぞベルサイユ土産

これぞベルサイユ土産     2019年4月訪問

(1) ベルサイユ土産だ!

2019年のいま、ベルサイユ土産の定番は「マリー・アントワネット商品」です。

Versailles154マリーアントワネットグッズ
(  マリー・アントワネット土産は種類が豊富 )

手帳、ボールペン、ノートなどの文具類から始まり、香水、ポーチなどの化粧品類、ブローチなどのアクセサリーなど小物類がいっぱいあります。ドロップ類もあったような記憶があります。これからも、マリー・アントワネット・グッズは増えていくでしょう。

ちなみに、これらのお値段は、1つ5ユーロから30ユーロくらいで微妙。いっぱい買い込むと、思わぬ金額になります。「お客さん、ここでしかマリー・アントワネット柄は買えないのですよ」、と囁かれると、ついつい、多めに手が出ます。


(2)迷ったら買え

ベルサイユ宮殿内のお土産屋さんは、自由見学コースの順路の途中にもあります。写真の売店は、王立礼拝堂脇のもの。カタログと文具類専門です。

お土産屋さんは、順路の最後にもあるし、ちょっと脇道にそれた場所にもあります。

けれども、「見学終えてからお土産を」、と思っていると、じっくりお土産を買えません。お買い物に重点をおいている方は、目についた売店でさっさと買うのが良いと思います。「海外旅行では、迷ったら買え!」です。

Versailles153礼拝堂脇2Fの土産店
( 王立礼拝堂脇のお土産屋さん )

(3) 割り切って商売、商売

ここ20年ばかり、美術館や博物館も積極的にお土産を売るようになっています。財政難の補填も兼ねています。ベルサイユなどは話題性に事欠かないので、お客の気を惹くグッズがいっぱいあるかと思いきや、お土産の品揃えは意外と地味です。

大きく分けると3つしかありません。カタログ、太陽王ルイ14世関連、マリー・アントワネット関連の3つです。ベルサイユ宮殿の形がレリーフされたチョコレート、王族の紋章入り携帯ホルダー、手鏡なんか作ればいいのに、と思っていますが、ありません。

IMG_7391 smallsize
Versailles154bみやげ0428
    ( ベルサイユ土産の例 )

IMG_7398
( マリー・アントワネット関連みやげは種類が多め )

最近でこそ、マリー・アントワネットとベルサイユの相性は良くなっているので、マリー・アントワネット・グッズは増えています。けれども、現在のフランス政府からすれば、絶対王政は敵ですから、ベルサイユの歴史やイメージを肯定的にアピールすることなど容認しずらかったのでしょう。そのため、長らくマリー・アントワネット・グッズは、ベルサイユというかフランスではタブー扱いだったような印象です。

本来の趣旨からいえば、「しっかりとベルサイユの華と陰を五感で感じて帰る」のがベルサイユ観光の姿なのだと思いますが、それでは、お客も当局も満足できません。こちらは、「ベルサイユへ確かに行った」という物証がほしいのです。

その結果、「いろいろあったけれど、お客さんが楽しめるなら商売、商売」に大転換。

いったん、吹っ切れたら地力のあるベルサイユのこと。お土産やイベントの新企画が出るわ出るわで大盛況。いま、ベルサイユ観光に来る私たちは幸せものです。

一気に人気者に登りつめたマリー・アントワネット・グッズは、宮殿内の各売店に所狭しとならんでいます。是非、最低でも2つ、3つと買って帰りましょう。もちろん、伝統のカタログ類も、従前に比べて充実。日本語版もばっちりあります。

2019年8月記                                            了

自由に楽しむベルサイユ

自由に楽しむベルサイユ    2019年4月訪問


1) 豪華絢爛で巨大

ベルサイユ宮殿は、「豪華絢爛で巨大」の一言につきます。

宮殿内の自由見学コースを1時間強で見物しただけでも、十分に圧倒されます。ベルサイユを代表する「鏡の回廊(鏡の間)」:Galerie des Glaces = The Hall of Mirror  に加えて、国王関連の部屋や王妃の寝室、ナポレオンの間などを周るだけでも、目がくらくらし、人混みでぐったりするでしょう。

私たちも、そんなベルサイユ宮殿の自由見学コースを見物して、ブルボン絶対王政の光と陰を堪能しました。見どころや由来は、ガイドブックや、多くの方々が、繰り返し丹念に描写していますので、さらりと写真チェックして、余韻に浸ります。

Versailles自由見学と正面
( 自由見学コースの入口 )

左から右へ中庭を抜けて入ります。本当は、奥まった場所の正面玄関まで歩み寄って大理石の玄関先や精巧な外観を堪能するべきなのでしょうが、混雑で気が急いているので、そそくさと通り過ぎてしまいます。
「まっ、いいか」、という感じです。


2) 礼拝堂から国王の間

Versaillesシャペル縦0428
( 自由見学コースからのぞく王室礼拝堂 )

Versailles151裏の大広間と安絵画
( 1階の北にある十字軍の間と言われる部屋の数々 )

十字軍の間あたりは、最近、一般公開されたようです。特別貸切で夕食会やパーティもできるとのことです。

Versailles北庭噴水0428
( 2階の国王の寝室入口付近から見た庭園北側 )

土日は、午前11時から12時までは、庭園の噴水が吹きあがります。午後の部は3時30分からです。

Versailles155a王の部屋群混雑
( 国王の寝室一帯は、大混雑。人息れでムンムン )

Versailles国王の間天井
( ベルサイユ宮殿の天井画は、ひときわゴージャス )

Versailles156王の部屋群アポロンの間とルイ14世の絵
( 高校の世界史の教科書にも出てくるルイ14世の肖像画 )

ヨーロッパに行って、世界史や美術の教科書に出てきた肖像画や名画を、この眼で見たときの歓びは格別です。歴史は暗記物だと思っていた方も、自分も過去や世界とつながっているんだ、という実感に浸れます。

このルイ14世、カツラをかぶり、かなり高いヒールの靴を履いています。それらを取り去った姿を想像するのも面白いものです。

「中背、やや腹が出て、髪も薄く、歯もほとんどなくなっている、このオヤジが国王だってえ?」と、叫びたくなるようなお姿なのかも知れません。


3) クライマックス鏡の回廊 (鏡の間)

Versailles161戦争の間と奥の鏡の回廊
( 戦争の間から左に折れたところが「鏡の回廊」(鏡の間)の入口 )

ベルサイユ宮殿きっての有名ポイント「鏡の回廊」には、みんなお行儀よく列を作って入って行きます。

我が物顔に人を押しのけて歩みを進めたのは、かつて王族、戦後はアメリカ人、バブル時代は日本人、そして今は中国人、といったところでしょうか。

Versailles162豪華絢爛鏡の間(回廊)
( 鏡の回廊 (鏡の間) は息を呑む美しさ )

Versailles163鏡の修復も良好
( すっかり鏡の輝きも修復されました )

この空間、最近は「鏡の『回廊』」と訳してあることが多いようですが、昔は「鏡の『間』」と言うのが普通でした。フランス語の「Galerie」の訳を、うるさく言う人がいたのでしょうね。実物を体験すると、大きくて細長い空間なので、「回廊」でも「間」でもなく、強いていえば「広間」っぽい感じが一番しっくりきます。英訳は「Hall」=「広間」ですね。

4) ルイ14世の寝室

「鏡の間」の壁の裏側は、ルイ14世の寝室や「閣議の間」、控室などです。「鏡の間」と行ったり来たりしながら豪華絢爛なインテリアを目に焼き付けました。

Versailles165鏡の裏の閣議の間
( 閣議の間 )
Versailles166ルイ14世の寝室
( ルイ14世の寝室 )
Versailles167牛の眼の控室428
( 「牛眼の間」は控室見合い )


5) 王妃の寝室

「鏡の間」を出て左に曲がったさきに「王妃の寝室」の一群があります。
ベルサイユに縁のあった王妃様は数人いますが、ここはマリー・アントワネット仕様になっています。思わず「萌え・・・・」とする方も多いはず。何しろ、「ベルばら」の場面と同じく、寝室の壁には、ちょっと見には分からない隠しドアが仕込まれています。

Versailles171王妃のベッド
( マリー・アントワネット仕様の「王妃の寝室」 )

当時は、膝を折って寝る習慣でしたので、意外とベッドの奥行きがありません。「ベルばら命!」の皆さまも、いちどブルボン王朝風の姿勢で、お休みになってはいかがでしょう。

Versailles173王妃の居間とMアントワネットの絵
( 続きの部屋。控えの間だったかな )
Versailles王妃系0428
( 大膳の間。部屋の中央には入れません。どうしてかな )
Versaillesナポレオン系の部屋0428
( こちらも続きの間。詳しくは、「うんちく」いっぱいのブログをご覧あれ )

6) ナポレオンの間

王妃の寝室群の一部は、「ナポレオンの間」に改造されています。何たって、ナポレオンは現代フランス社会の立役者ですから、王朝の皆さまより重要なことは言うまでもありません。

Versailles174ナポレオンの戴冠ダヴィドのベル版
( 超有名な「ナポレオンの戴冠」ベルサイユ宮殿バージョン )

「ナポレオンの戴冠」は、ルーブル美術館にある絵が1作目、ベルサイユ宮殿にある絵が2作目で、ほんのちょっぴりだけ違います。他所のブログかガイドブックで差異はご確認ください。

私が初めに思った疑問は、そんなことではなく、「女性に冠を授けているのに、どうして『ナポレオン』の戴冠なの?」と、いうことでした。

史実は、ナポレオンは戴冠式で、自ら帝冠を手に取って、自分の頭に載せて政治力をアピールしたのですが、それを絵に残すと、あまりに生々しすぎるという配慮で、皇后へ専用の冠を授ける場面を描くことにしたとのこと。

実際は実力でトップに昇り詰めたのに、それは、さも神とか天から「授けられた」、あるいは「選ばれた」と装って、自己の権威付けを図る政治家が99%を占めるなかで、ナポレオンの成したことはユニークです。だからこそ、時代を超えて受け継がれる数々の法令や社会の仕組みを残せたのだと思います。

Versailles175ナポレオンの肖像
( ナポレオンの肖像画。 ご本人は小柄だったようですが )

7) 戦史の間と南ウィング

普通に見学していると、このあたりへ来るころは、だいぶ疲れてきています。

「あと少しです。足を引きづってでもベルサイユ宮殿を見物しましょう」

Versailles176戦争画のギャラリーの木目床
( 戦史の間。「鏡の間」の手前は「戦争の間」で、ちょっと名前が違います )

この部屋は、2014年3月9日に、かのカルロス・ゴーンさんが、ルノー社の祝典と称して、実質的に自分の還暦祝い誕生日パーティを催した空間です。有名シェフのアラン・デゥカスさんが料理を担当したとのことです。さぞかし、豪勢で美味なるパーティだったことと思います。ゴーン氏も、会社のパーティでしたならば堂々と公言すればよかったのに、やはり気が引けたと見えて、当時は「どうか内々に」と招待客に一声お願いをしていたそうです。

今となって考えてみれば、それだけの器しかなかった人物なのか、ベルサイユ宮殿のきらびやかで由緒あふれる伝統の前に、魂を抜かれてしまったのか、分かりません。

Versailles南端ルイフィリップ画0428
( 「戦史の間」のさらに奥は、国王ルイ・フィリップの絵の部屋 )

Versailles177戦争画裏の美しい回廊
( 「戦史の間」の壁の背後を通って出口方向へ戻る )

Versailles179出口への南翼大階段
( 大階段から1階に降りる。下にお土産屋、トイレ、庭園への出口などがある )

まだ少し歩き回れるところはあるのですが、足の疲れも限界にきています。あまりの豪華さに感覚もマヒしています。「まだ見たい」、という欲望より、「一休みしたい」、「もういいわ」、気分が勝りましたので、引き揚げました。

足が棒のようになっていますが、最後の力を振り絞り、大階段を下りて、お土産屋とトイレへ向かいます。

こうしてベルサイユ宮殿に圧倒された数時間は終了しました。


2019年8月記                     了


ベルサイユのルイ14世陛下一歩前へ

ベルサイユのルイ14世陛下一歩前へ        2019年4月訪問

1 あわてる観光客

ベルサイユへ電車で来る観光客は、駅から歩いて宮殿前のアルム広場を目指します。

「あっ、ベルサイユが見えたあ!」
宮殿が視野に入ってくるパリ大通り:Avenue de Paris に到達すると、俄然、気持ちが高ぶります。

周りにも、自分たちと同じような観光客が宮殿を目指して歩いています。先を越されるのもしゃくだと、少し焦ります。

Versailles101Aアルム広場の先に見えてきた宮殿
( ベルサイユ宮殿正面遠望 )

並木が途切れると、眼前にベルサイユ宮殿の威容が横幅いっぱいに広がります。
「うおー!。着いたあ」
「わあ、人がいっぱい。急がなくちゃ・・・・・・」

Versailles101Bベルサイユ全景
( 宮殿前のアルム広場手前よりベルサイユ宮殿全景 )

2  ベルサイユ遠景写真を撮ろう

しかし、ここが我慢のしどころです。

ベルサイユ宮殿が横一面に広がっている光景は、アルム広場:Place d'Armes の手前だけでしか見られません。

ルイ14世騎馬像といっしょに宮殿全景が見られるのも、アルム広場の手前の道からだけです。

気持ちを落ち着けて、ルイ14世像といっしょにベルサイユ全景を撮影しておきました。ベルサイユは、あまりにも大きいので、全景を拝むには、これくらい離れなければなりません。金ピカのゲート付近まできて、しまった、と思っても後の祭り。広場もでかいので、わざわざ写真撮るために、もときた道を引き返すことは、おおいにためらわれます。

ちなみに、観光バスで来ると、金ピカの門の近くで降りるので、ルイ14世騎馬像を通り過ぎた位置が、ベルサイユの最初の一歩の場所となります。ガイドさんの事前説明でもない限り、そもそもルイ14世騎馬像があることに気が付きません。写真でつづるベルサイユ観光物語の始まり方からして異なってしまいます。

「王様の出迎えなしで、宮殿に入るわけですね」
「そこまで、悪しざまに言うつもりは全くありません。ベルサイユ観光は、そんなことでは影響を受けません」
「それじゃ、帰りに全景を撮ろうっと」
「いやいや、疲れていて、なかなか振り返って宮殿全景を写そうとなんて気にならないんですよ」

いろいろなブログのベルサイユ全景写真をご覧ください。遠目から写したシーンは少ないはずです。

多数派の全景写真は、次の構図のはずです。白いテントで簡単なセキュリティ・チェックを受けたあとに撮影したシーンです。
Versailles103D内陣混雑0428
( よくあるベルサイユ宮殿全景。悪くはないのですが )


3  前進するルイ14世陛下

ベルサイユ宮殿の真正面には、ルイ14世の騎馬像があり、私たち観光客を睥睨(へいげい)しています、というか、出迎えてくれます。ベルサイユの歴史を知っていると、なかなか考えた配置だなと感心します。

Versailles102ルイ14世騎馬像とセキュリティ
( ルイ14世騎馬像。後方の白いテントが簡易セキュリティ・チェック )

そして、気が急いているので、みんな、この銅像(ブロンズ像)には目もくれずにセキュリティ・チェックを目指して通り過ぎていきます。写真のとおり、ルイ14世陛下は、かなり不人気です。

「朕は国家なり!」
「あっ、そう。混んでいそうなので急ぐから、あとでね」、という感じでした。

ルイ14世の銅像を背後から見やる位置まで歩いてきたところです。左右対称の建物と大きな並木の美しい街並みが広がっています。
Versailles103Cパリ通振返り0428
( ベルサイユ市街を見つめるルイ14世騎馬像 )

ところが、この銅像、30年ほどの間に前進していました。何か違うぞと感じていたのですが、古い写真を見て確認できました。
Versailles102a東を見るルイ14世像のケツ199007
( 1990年7月のルイ14世騎馬像。金のゲートの内側にあった )

ルイ14世は、いつの間にか外側の金ピカの門を出て、アルム広場の市街地寄りまで前進していました。
ちょっとしたオカルトです。

次の新旧2枚の宮殿正面の近接写真でも、ルイ14世像の位置が変わったことが分かります。

Versailles103宮殿正面と長蛇の列
Versailles103E正面全景むかし199007
( 新旧のベルサイユ宮殿近くの正面風景。上2019年と下1990年 )

どうして、銅像が門の外に出たのか分かりません。門の外ですと、夜も自由にアプローチできるので、いたずらされる心配だってあると思うのですが、当局の思惑は知る由もありません。


2019年7月記                          了












電車で向かうベルサイユ

電車で向かうベルサイユ   2019年4月訪問

1 かまびすしいベルサイユ電車談義

ベルサイユ宮殿:Chateau de Versailles  は大人気の観光地なので、個人客もツアー客もいっぱいです。そのため、ベルサイユ往復のハウツー論もいっぱいあります。

ベルサイユは、パリから西に20kmの位置にあるので、電車やバスの乗り降りに過度な不安を抱くこと、宮殿への下車駅が隣接して3駅あるので素人談義がしやすいことが背景にあると思います。

「ああでもない、こうでもない、という議論が、いっそうの不安感をあおってはいませんか」
「駅が3つ、というのは、都内から川越への行き方談義みたいですね」
「実際には、3駅の便利度なんて五十歩百歩、大同小異なのに」

そのような騒ぎをものともせず、私たちは、モンパルナス駅:Gare Montparnasse からフランス国鉄:SNCFの近郊電車でベルサイユに行きました。

モンパルナス駅朝正面0428
( 朝日に輝くSNCFのモンパルナス駅正面。近代建築の大型ビル )

理由は簡単です。①モンパルナス駅の徒歩15分圏に泊まっていた、②SNCFの快速に乗れば15分という速さ。③大人片道運賃3.65ユーロという安さ、です。


2 モンパルナス駅商店街

SNCFのモンパルナス駅は、パリの長距離列車ターミナルの中では唯一、モダンなビルの駅です。ベルサイユ往復ばかりでなく、モンサンミシェルやボルドー、バスク、トゥールーズ方面へのTGVを利用された方も通ったことと思います。

モンパルナス駅地下鉄連絡他
( モンパルナス駅の改札外ショッピングモール )

たいていの日本人の皆さんは、メトロのモンパルナス・ビアンブニュ駅:Montparnasse Bienvenue から長い連絡通路をたどってSNCF乗り場にやって来ると思います。

2019年4月現在、モンパルナス駅の電車乗り場周辺は、あっと驚くほどショッピングモール化されていました。パリのSNCFターミナル駅のなかではダサイ方であったコンコースは、改装されてぴかぴかです。ガラスに柔らかく反射する蛍光灯がきれいな現代的な商店街に変身。びくつくような雰囲気は、ほとんどなくなっています。

モンパルナス駅内とPAUL0428
( 日本人のブログの常連、パン屋のPAULの売店 )

商店街を抜けて、プラットホームへの改札口が並ぶ通路に出ると、ちょうど6、7番線への入口に、パン屋さんPAULの売店があります。日本でも馴染みのお店なので、ほっとするのか、多くの日本人旅行者の方が立ち寄り、パンと飲物を仕入れるようです。

「余所に行ったとき、安心して入れるお店があるって、やっぱり心強いですね」
「そういうあんたは、別のサンドイッチ店に入ったくせに」
「我が道を行くのもフランス流なのです」


3 SNCFの快速電車に乗る

私たちは、モンパルナス駅8:09発の快速シャルトル行きに乗りました。駅の通路の黄色い自動販売機でキップを買ったところまでは良かったのですが、小さなサイズのキップに対応するセルフ式の刻印機:コンポストゥール=composteur を見落としてしまい、プラットホームを往復してやっと探しあてました。

何のことはない、ICカードのNavigoをタッチする画面下に、小さいキップ用の日付刻印機も併設されていたのでした。長距離用の大きなキップに刻印する黄色い装置ばかりに気を取られていて、見逃したようです。

TransilienMPNS駅の電車とホーム0428
( SNCF近郊電車乗り場と最新型の連接式車両 )

SNCFの近郊電車は、最新鋭の連接式車両です。シャルトル行き快速は、おおむね1時間ごとの運転です。ベルサイユ、ランブイエなどを通りますので、個人観光客にも使い勝手の良い電車です。また、ランブイエあたりまでは、トランシリアンN系統:Transilien N の各駅停車も走っています。昼間は15分間隔の運転で、ベルサイユまでの所要時間は23分です。

つまり、SNCFのモンパルナス駅へ、ふらりと行っても、あまり待たずにベルサイユに行けるということです。ただし、土曜休日の午前9時ごろまでは、極端に運転本数が減りますので、時刻表の確認をお忘れなく。

SNCFの快速は順調にモンパルナス駅を発車しました。それどころか、我が家の子供が言うことには、「1分早発だよ!。日本だったら確実に炎上だあ」、とのことでした。
「早発なんか関係ねえ。遅れなきゃいいんだ!」

TransilienVシャンティエで電車大ドア
( バリアフリー対応の新型車両 )

SNCFの近郊電車は車内も広々、ドアの幅も広くて、床面も下げてあります。バリアフリー対応、自転車持ち込み対応もばっちり。はっきり言って、日本の鉄道会社は、この方面の対応は完全に遅れています。要改善ですね。


4  ベルサイユ・シャンティエ駅:Versailles Chantier に到着

パリから14分でベルサイユ・シャンティエ駅に着きました。
私たちの乗った車両は、座席の7割くらいが埋まっていましたが、ベルサイユで半分弱が降りました。みんながみんな観光客という雰囲気ではありません。改札口の様子を見ても、観光客は10人程度でした。

TransilienVシャンティエで近郊電車
( ベルサイユ・シャンティエ駅を発車してゆく快速電車 )

TransilienVシャンティエ駅内
( ベルサイユ・シャンティエ駅の改札口は1カ所 )

SNCFのパリ近郊区間も、急速に改札口設置が進んでいるようです。ベルサイユ・シャンティエ駅も、出入口を分けて自動改札機の設置が完了していました。
 
TransilienVシャンティエ駅正面
( SNCFベルサイユ・シャンティエ駅舎 )

そして、2019年4月現在は駅前ロータリーの整備工事中でした。
ここから、ベルサイユ宮殿前までは徒歩15分です。

RERCベルサイユリーブゴーシュ0428
( ベルサイユ・リブゴーシュ駅に到着するRER-C線の電車 )

ベルサイユ宮殿を真正面から望めるパリ大通り:Avenue de Paris に向かって歩いて行く途中で、RER-C線のベルサイユ・リブゴーシュ駅直前の跨線橋を通ります。ちょうど電車が到着するところでした。ベルサイユ宮殿前・リブゴーシュ駅:Versaille Chateau Rive Gauche、は宮殿最寄り駅ですが、それでも駅から宮殿前まで徒歩5分くらいかかります。

「ぎゃあぎゃあ言うほど、3つのベルサイユ宮殿下車駅は離れていません」
「10分か15分の差なんて、ガイジン観光客が通りや駅でうろうろしていると、すぐに経ってしまいますので、誤差範囲にすぎません」

マイペース、マイチョイスで、ゆったりとベルサイユにアプローチすることこそ、ベルサイユを満喫する第1歩だと思います。

2019年7月記                     了



  • ライブドアブログ