やまぶきシニアトラベラー

気まぐれシニア・トラベラーの旅。あの日から、いつか来る日まで、かつ、めぐりて、かつ、とどまる旅をします。

自由見学不可エリア

Let’s walk into Versailles Designated Visiting Area

Let’s walk into Versailles Designated Visiting Area      April 2019

I and my family preferred to choose an official guided tour by the Palace of Versailles for special viewing area of king’s private rooms and opera. I booked it on the official website of the Palace of Versailles with supplementary 10 euro per person. It was a group of about 25 people on a fully booked English guided tour.

Versailles113A時計の間

 

I hope you enjoying more about Versailles by approaching this service on the website :

http://en.chateauversailles.fr/plan-your-visit/tickets-and-prices?visite-tid=2

Bベルサイユ王様の私室英語ガイドツアー時間指定e-ticket

 

The reception was located in the building on the right, Aile des Ministres Nord. Only a handful of people headed to the reception without catching the public's attention. The most scary thing for Japanese was envy. Once typical Japanese may imagine us by unfair approaching despitet he proper ticketing steps, there's nothing you can do about it.


Pressing the reception door, there was a staff in charge, and after a word of “bonjour”, the staff checked and confirmed our tickets immediately. And they brought us to one of the waiting rooms along the corridor behind. The walls of the waiting room were designed to create a Versailles mood in each room, but it was a simple impression. The wooden floor seemed to be high-grade, but there was no gold shiny.


Versailles105Aガイドツアー待合室と壁面

I found timely a series of the shadowfigures of the king, queen, and official mistress on the wall.

"Look!  there's  Marie Antoinette. She is only the woman with gorgeous headdress. "

My friend of Versailles' musical mania suddenly glowed when she saw the shadow. "Does Marie-Antoinette appear in such a place?" Everyone should have experienced the moment when they realized that the famous historical musical was next to us closely.

 

Without knowledge of French history, it would be difficult to understand the position of the shadow figures in the history, but I thought it was enough to enjoy the atmosphere of the room, which gave the mood of visiting the palace.

 About 5 minutes before the starting time, a staff appeared, then handed out exclusive earphones to participants, and drilled a performance test. The guide also came into the waiting room, introduced herself and explained a routing. She suggested additionally that the participants of the guided tour were distinguished by the exclusive earphones, so that they should always wear them.
Versailles106宮殿真正面 顔塗り
 

We started the tour punctually by approaching the "B" gate of the main building for tours and other visitors, entered first with a security check, and left the royal courtyard: Le Court de Bonheur in front of the main entrance. Then, we finally entered the area where self-guided visitors were off.

Versailles111a外交団通行階段


The king’s private rooms of Louis XV were near the first floor on the right side of the main building, where were probably backside of a series of official king’s room with a lot of visitors. We stepped up a stunningly coloured staircase, and then approached rooms coloured by calm gold leaf, followed by a stunning gold shiny. I understood there were two types of king's dwellings: so-called half-formal private space and private living space. The former space seemed a space for particularly important guests and acquaintances with invitation. The latter was used to be a true private space, for only a family, a close friend, and super VIP guests.

Versailles113A時計の間


Both spaces were decorated luxuriously by the basic design of Versailles of gold and white, where ceiling paintings from Greek mythology, and shining chandeliers. However, I felt the front was more luxuriously made with emphasis on appearance. The internal space seemed to be made for easy living. For example, internal rooms were facing south enough for having get sunshine even in the middle of winter. Because stone buildings might be frozen down unimaginably in winter. The floor plan was also assigned to increase the heating effect. Avoiding overly fancy decorations, the room was elegant and calm for private living.

Versailles116王の私的食堂か居間

 As you know, most of the furniture in the Palace of Versailles were sold off at auction during the French Revolution to have funded against foreign and rebel forces. We should consider a luckily historic background when we looked the palace building itself remained free of charge. Otherwise all palaces and its interiors might be sold off or destroyed in that revolution situation where all of European kingdoms unanimously tried to crush French revolutionary government as a traitor against monarchy system.

 Most of the furniture there is a remnant of what was recently bought back or prepared for some event. On the other hand, the walls, ceilings and chandeliers were original with super gorgeous. It has an irresistible beauty excessively writing usually.

Versailles117王の音楽のサロン

Once we looked Versailles, all palaces of the same style can only be viewed as replica with feeling that "no compared to Versailles."  The Japanese State Guest House (Akasaka Imperial Palace) is, for example, no exception. I felt at the same time, Japanese unique value for monotone beauty, and for invisible sign is definitely another supreme culture compared to this kind of French royal culture. Both culture are pursuing supreme goal of each logic like freak ( otaku, ultra mania ).

Versailles118ルイ16世の図書室

 Here were some pictures of Louis XV's private rooms, Louis XVI's library with a gorgeous, elegant and noble atmosphere. The guide said Louis XVI's hobbies was lock-smithing and world geography. The former was very famous, but the latter was first heard to me. I believe not all kings are blessed with political talent, so it would be best to have a hobby by costing less. In my opinion, this seems to be the same regardless of century, east or west.
Versailles121天井画見事一般エリア重複

The guide opened the door of the game room and let us releasing a non-guided visitors’ route.

"The king and royal family have appeared from private space to official space like this."

I was very grateful for the guide's explanation and good guidance. However most visitors seemed unaware us, unfortunately completely different from monarchy age.



Reported on March 2020                                     End




ようこそマリー・アントワネットの祝いの間へ

ようこそマリー・アントワネットの祝いの間へ   2019年4月


1  シャペル:Chapelle

ガイドツアーの締めは、王室礼拝堂:Chapelle と王室オペラ劇場:Op*era でした。( * アクセント記号あり)

2019年4月現在、王室礼拝堂は修復工事のため、外側が覆われてしまっています。いまのところ2020年完了予定です。工事が終われば、下の写真のように、周囲から頭ひとつ出した端正な姿が観光客の前に現われるでしょう。

Versailles王室礼拝堂199007
( 王室礼拝堂遠景。修復工事前のすがた )

私たちは、ガイドさんの誘導に従ってシャペルの中に入りました。大理石の床なので、多少、冷え冷えとした豪華な空間が広がっています。

Versailles132王の礼拝堂正面
( 王室礼拝堂正面祭壇 )

往時、ここでは毎日、ミサが行なわれ、国王も2階席で参列したと言われています。フランス王家は、一応、キリスト教の守護者でもあったので、建前上は信心深く振舞うのがお約束でしょう。教義と実生活との大きな差に関して、どういうメンタリティでバランスを取っていたのか、私には興味深いところです。

また、1770年5月16日に、将来のルイ16世とマリー・アントワネットの結婚式が行なわれたのも、この空間でした。

「お互いに、初めて、実物の相手方を見て、どう思ったのでしょうね?」
「少しは、『萌えっと』したかも知れません。けれども、本人も含めて、誰にも分からないと思います」
これが私の意見です。
「えっ?」
「まず、ホンネをもらした記録があるやに聞いていません。本人も、一応、嬉しいのでしょうが、早熟気味とはいえ、まだ二人とも15歳でした。恋愛結婚ではないので、当日は、かなりどきまぎしていたのではないでしょうか」
「そんなものなのですかねえ」

結果論ですが、このご夫妻には公式寵姫がいませんでした。
ベルばらで有名になったように、奥方についての噂はたくさんありますが、旦那様は堅かったようです。

Versailles133b
( 王室礼拝堂の祭壇 )

現在のシャペル内は、椅子などが取り外されています。豪華絢爛な祭壇は見事なまでに輝いています。床も負けじと美しい細工物で覆われています。天井も、あいた口が塞がらないくらいゴージャスです。

祈りの場というより、儀式の間です。

Versailles133d
( 王室礼拝堂の天井画 )

シャペルは、自由見学コースでも入口から内部をのぞけます。
ですから、シャペルの写真に見覚えのある方はいっぱいいらっしゃると思います。

けれども、内部までずんずんと入れるのはガイドツアーのみです。ガイドさんは、「写真を撮ったら両脇にどいてね」と、私たちを促します。のぞき口から祭壇を見る多くの見学者への配慮です。

Versailles133c
( 王室礼拝堂の見事な床と側面アーチ )

自由見学者は、押すな押すな状態でシャペルをのぞいています。
Versailles133王の礼拝堂祭壇から入口
( 王室礼拝堂の祭壇から入口方向を見る )

2. 王室オペラ

王室礼拝堂(シャペル)の見学を終えたので、王室オペラ劇場に向かいました。本日の最終コースです。場所は、正面向かって右のかなり奥の方です。普通のベルサイユ全景写真には写り込まない位置です。

ガイドさんは、私たちを促して、ずんずんと奥へ歩いて行きました。
そして、外見上は地味な大理石の柱や壁に覆われた入口から劇場内に入って行きました。
Versailles131一般エリアとガイドさんアンヌ0428
( 専属ガイドさんの誘導でオペラ劇場へ向かう )

Versailles145一般ルートに合流
( オペラ劇場へ向かう長い廊下 )

内部に出た瞬間、そこにも、金ピカで豪華絢爛、精巧な細工と紋章に飾られた空間が広がっていました。
「わあー、これぞベルサイユ!」

オペラは、、マリー・アントワネットのお輿入れを祝って作られました。
Versailles142オペラ座席と我ら
Versailles141舞台の幕
( オペラの席と正面舞台の緞帳 )

ここは、いまでも現役の舞台なので、全体の空気が生き生きとしていました。自由見学で回る「鏡の間」は、同じく豪華絢爛でも、なんとなく展示品のイメージですが、オペラは豪華さで劣るものの、今を生きる人々の息吹きが漂っていました。舞台の緞帳などにホコリがなく、輝いているのです。

オペラでは、ときどきコンサートや、政府の歓迎イベントがあるそうです。前者は、早い者勝ち、金運次第なので、是非、チャレンジしましょう。
Versailles144cオペラ天井
( ギリシャ神話を題材にした天井画 )

相変わらず、見事な天井画とシャンデリアです。ぽかんと口を開けて、ずうっと上を見ていたので首が少し痛くなりました。

「あそこの格子窓が国王の席です。顔を出すと、みんな舞台そっちのけで王様の方を見てしまうので、その対策です」
ガイドさんの淀みのない説明に、一同納得。
「それにしても、すごい」
Versailles144aオペラ格子の王の席
( 宮殿オペラ劇場の王の桟敷(格子窓の部屋))
Versailles144bOPERA
( 王の桟敷とシャンデリア、天井 )

「でも、王様は、一番前で、かぶりつきで芝居を見たいなんて思わなかったのでしょうか」、と思いました。
天皇陛下が国技館で相撲観戦のときも、微妙に遠い場所が貴賓席。一番前に出たいとは思わないのでしょうか。

ですから、2019年5月に、かなり前の席にて相撲観戦されたアメリカのトランプ大統領夫妻は、本心から相撲楽しんだことと思います。

「でもね、やっぱり芝居は見るものではなくて、出るものよ。おほほ」
マリー・アントワネットのささやきが、私の耳の奥に響いたところで、ガイドツアーは終了となりました。

なかなか充実した内容に、あらためて感動しました。ていねいに、そして簡潔に見物個所の説明をしていただいたガイドさんに拍手を送って、さよならをしました。


2019年8月記                       了



密かにまわるベルサイユ

密かにまわるベルサイユ  2019年4月

1 ガイドツアーにそおっと入る

私たちが予約した個人向けガイドツアーは、人知れず、そおっと入ります。始めは、Aile des Ministres Nord=内閣府北棟、という建物にある受付に向かいました。予約券の地図に、はっきりと受付場所は指示してあります。建物前には、きちんと案内表示が出ていますので、迷うことはありません。

ガイドツアーは1組25人程度です。また、時刻をずらして募集していますので、受付に向かうのは一握りの人たちです。ほとんど、誰もいないと言ってよいでしょう。
「あの人たち、何しに行くんだろうね」と、いう風に思われたかもしれません。

Versailles104ガイドツアー受付案内
( ガイドツアー受付場所の案内表示 )
Versaillesガイドツアー受付
( Aile des Ministres Nord:内閣府北棟、の建物 )

ベルサイユに来ると、前方の宮殿玄関の方に視線が集まりますので、左右の建物のことは見落としがちです。衆人注目のなかで受付に入るような場所でなくて、ほっとしました。

日本人にとって一番こわいのは「妬み」です。きちんと手順を踏んでいるのにもかかわらず、「自分だけ得しやがって」と思われると、もうどうしようもありません。


2  粋な待合室

受付のドアを押すと、係のスタッフがいて、「ボンジュー」の一言のあと、すぐさま入場券と予約券を照合、確認されました。そして、背後の廊下沿いに並ぶ待合室のひとつに案内してくれました。トイレは、待合室の並ぶ廊下の奥です。

肌寒い気候の日に、少しばかりですが暖房の入った部屋で、座って待てることに感動しました。室内で防寒と体力温存もできる一石三鳥のサービスに、思わず「ああ、ガイドツアーに申し込んでよかった」。

待合室の壁は、部屋ごとに、ベルサイユ・ムードを醸し出すデザインです。ここは、宮殿の中でも実務遂行のための建物であったようで、質素な印象です。木組みの床は高級そうで、さすがベルサイユ。けれども、定番の金ピカムードは一切ありません。もちろん、現在のニーズに合うよう改修されています。

Versailles105B待合室428
( 連続するガイドツアーの待合室 )

私たちが入った部屋の壁は、国王、王妃、そして公式の愛人である寵姫(ちょうき)の影絵をあしらったデザインでした。

「ほら、マリー・アントワネットもいるよ」

ベルばらファンのマダムは、ベルサイユの雰囲気に呑み込まれていましたので、最初は何のことやらという顔をしていました。私の指した影絵と名前を見ると、急に眼が輝き出しました。”こんなところにも、もうマリー・アントワネットが顔を出すのか”、というマダムの表情が、とても新鮮でした。「物語の世界が現実にあったんだ」、と実感する瞬間は、誰でも体験しているはずです。

しかし、彼女だけ頭飾りが断トツで派手なのですね。

Versailles105Aガイドツアー待合室と壁面
( 私たちの待合室は歴代君主、王妃、寵姫の影絵 )


フランス史の知識がないと、影絵の人物たちの歴史上の位置づけが分かりにくいと思いますが、宮殿見学のムードを出す部屋の雰囲気を味わうだけでも十分だと思います。

ところで、「ベルばら」に登場する人物は何人くらい描かれているのでしょう。マリー・アントワネット、ルイ15世、ルイ16世、デュ・バリー夫人の4人くらいです。


3 ガイドツアーが始まった

集合時刻5分くらい前になると、スタッフの方が現われて、みんなに専用のイヤホンを配り、性能テスト。間髪をおかずに当日のガイドさんも登場して、自己紹介と簡単なルート説明をしました。ガイドツアー用のイヤホンの有無で、ガイドツアー参加者を見分けるので、常時、装着してほしいということも言われました。

それでは、早速出発です。ツアーその他見学者用に「B」ゲートに行き、最優先で入場してセキュリティ・チェックを受け、正面玄関前の、王家の中庭:Le Court de Bonheur に出ました。


Versailles106宮殿真正面 顔塗り
( 王家の中庭と、大理石の正面玄関 )

ガイドさんは、ここでベルサイユの歴史を2-3分で要領よく語ってくれました。ガイドブックやブログのとおりです。
そして、いよいよ、自由見学不可エリアに入って行きました。多くの皆さまがオーディオガイドを借りる部屋を左折したあたりから、仕切りの柵を開けてもらって入り、階段を昇った2階がルイ15世の住まいです。

外から見ると、正面玄関右手の2階付近一帯です。

Versailles112王の私室への裏階段
( ルイ15世の住まいへ上がる階段 )

落ち着いた金箔に彩られた、しっかりと作り込まれた感じの階段を、ぐるぐると昇った先には、金ピカの空間が待っていました。

Versailles107A王の私室へ階段昇る428
( ルイ15世の住まいのオモテの最初の部屋の前 )

ルイ15世の住まいは、いわゆるオモテとオクの2種類がありました。オモテは、特に重要な人物や知人を招き入れる空間です。オクは、本当のプライベート空間で、家族や親せき、超VIPだけの部屋だったそうです。

どちらもベルサイユの基本デザインである、白壁に金泊の縁取りで豪華に飾られ、ギリシャ神話由来の天井画と、輝くばかりのシャンデリアが下がった部屋であることは変わりません。けれども、慣れてくると、オモテの方が、見た目重視で、より豪華絢爛に造られています。オクの方は、暮らしやすいように造られています。石造建築は、真冬に、想像を絶するくらい冷え込むことがあるので、南向けの部屋を作って太陽を取り込み、暖房効果を上げるために間取りを小さくしています。また、派手過ぎる飾りつけは避け、エレガントで落ち着きのある金泊の空間になっていました。

また、ベルサイユ宮殿の家具調度類は、フランス革命真っ盛りのころに大半が競売にかけられて売られました。外国軍や反乱軍に対抗するための戦費調達目的です。国家の存亡がかかっていたのですから当然ですが、よくぞ、建物本体は無傷で残ったと言うべきでしょう。

ですから、見学者が見る家具類の大半は、最近、買い戻したものや、何らかのイベント用にしつらえたものの残りです。その一方、壁や天井やシャンデリアはオリジナルで超豪華絢爛。筆舌に尽くしがたい美しさを放っています。

ベルサイユをいったん見てしまうと、同系統の宮殿は、すべて「ベルサイユと比べるとねえ」、という気持ちでしか鑑賞できなくなります。日本の迎賓館(赤坂離宮)も、その例外ではありません。

ここでは、受け売りの解説など書きません。

ただただ豪華絢爛、エレガントで高貴な雰囲気のルイ15世の住まい、ルイ16世の図書室などの写真を紹介します。

Versailles113C王の謁見室付近
( ルイ15世のVIP謁見の部屋。私室のオモテの続きの間 )

Versailles113A時計の間
Versailles114王の私室の調度
( ルイ15世のVIP謁見の部屋。私室のオモテ )

Versailles115王の私室から雨のテラス
( 王の住まいから見た、私的な中庭 )

Versailles111a外交団通行階段
Versailles111b大使の階段反対側
( VIPがルイ15世に面会するために通った階段 )

ここからは、ルイ15世の住まいのオクの部分になります。
Versailles116王の私的食堂か居間
( 狩りの後の談話室兼軽食室 )

Versailles117a楽器のデザインの部屋
Versailles117王の音楽のサロン
( 家族のサロン。扉と壁が一体化した造り )

Versailles118ルイ16世の図書室
( ルイ16世の図書室。本はレプリカ )

ルイ16世の趣味は、錠前づくりと世界地理。前者は、とても有名ですが、後者は初めて耳にしました。部屋のテーブルは、当時の世界地図が広げられる大きさにしつらえたそうです。

王様が皆、政治的才能に恵まれているわけではありませんから、この程度のカネのあまりかからない趣味に興じてくれるのがベストなのでしょう。

私の思うところ、これは古今東西を問わず共通なようです。

Versailles119a磁器の食堂
( 家族の食堂。調度類は現代のもの )
Versailles120王の娯楽室
( ビリヤードやゲーム室 )

ガイドさんは、ゲームの間あたりから扉を開けて、私たちを自由見学エリアに出してくれました。ヴィーナスの間という部屋で、金ピカで天井画も豪勢なベルサイユ風のインテリア。大勢の観光客で激コミ。大半の人たちは、私たちが入ってきたことに気付かなかったようです。当時との最大の違いです。

「王様や王族は、こうやってプライベート空間から公式の間へ姿を表したんですよ」
という、ガイドさんの説明と上手な誘導に感謝、感激です。
Versailles121b公私境界扉
Versailles121天井画見事一般エリア重複
( ガイドツアーのプライベート空間から、オモテに出たところ )

私たちは、王族よろしく、再びプライベート空間へ密かにもどり、内部の階段を下りて、次の見学先に向かいました。

見ごたえのある王族の私室や、オモテとオクの違い、いろいろな趣向の部屋の数々に感動し、ガイドさんのよどみない英語の解説を耳にしながら、声もなく歩く感じです。

ちなみに、ちょっとだけ他のメンバーと話してみると、中国系のアメリカ人の方、ドイツ人の方などもいました。向こうも「日本人!こんな英語ツアーに珍しいね」という反応でした。


2019年7月記                             了





さらりと入るベルサイユ

さらりと入るベルサイユ   2019年4月訪問


1    ベルサイユ宮殿は大混雑

私たちは、ベルサイユ宮殿も大混雑とのニュースを耳にしました。そのため、宮殿の公式websiteを読み、ブログなどを参考にして、オンライン予約で入場券を買いました。

行列のできるところ必ずや、「攻略本や完全攻略ガイドあり」、「待ち時間なしを謳って誘うツアーあり」です。上手に個人予約をするか、旅行会社頼みの割高な現地ツアーを申し込むか、成り行きに任せるか、何か行動を起こさなくてはベルサイユ宮殿に入れません。

私たちが訪れた日曜日も、朝の9時前から個人客用の入口は長蛇の列。聞きしにまさるベルサイユの混雑を間近かに見ました。

Versailles103宮殿正面と長蛇の列
( ベルサイユ宮殿は、開門前から個人入館口は長蛇の列 )

ベルサイユ宮殿の入館口は二つに分かれています。正面向かって左の「A」ゲートが個人客用、右の「B」ゲートがツアー客その他用です。Aゲートは、さらに分かれていて、時間指定予約入場券を持った人と、それ以外の入場券を持った人は別々に並びます。パリ・ミュージアム・パスや、当日券を買った人は後者です。また、入場券売場は、下の写真のように入館口とは別の建物です。

各種旅行記、ブログ、旅行ガイドも、多少の書き方の違いはありますが、全部、同じ事象を説明しています。

Versailles開場前の長蛇0428
( 入場券発売口と、個人入館口の位置関係 )

行き当たりばったりで来ると、①簡単なセキュリティ・チェック、②入場券売場の列に並び当日券を買う、③入場券を持った人の列に並び直す、④2回目のセキュリティ・チェックを受けて入場、という手順になります。

時間指定入場券を持った個人客は、専用の行列がありますので、入場券面の指示に従って「A」ゲートの近くにずんずんと進みます。それでも、9時の開門前の時間指定入場の行列は100人くらいになっています。
「ふうー」です。

どれがどの列やら、混雑時の行列はすっちゃかめっちゃかに見えますので、黄色い立て看板をよく見て、係員に確認して自分の並ぶ列を見つけましょう。自分だけの勝手な思い込みや、”だろう”行列は、間違った列に並ぶ確率が大きいです。

2019年現在のベルサイユ宮殿は、写真のように、③の個人入館用の行列が大混雑になり、すぐに1~3時間待ち。「もう、うんざり」、「あきらめて帰った」ということになりかねません。けれども、写真のように、行列が ”つづら折り状態でなければ” 30分くらいで入れるみたいです。


2  時間指定入場券を見つける

そこで便利なのが予約制度です。ベルサイユ宮殿の公式サイトを開けて、各種オンライン入場券の種類と値段を確認しました。日本語のサイトはありません。英語の場合、「Ticket and Price」のページを開くと、個人用の入場券の全容が分かります。

http://en.chateauversailles.fr/sites

Bベルサイユオンラインキップ画面
( 公式サイトの各種入場券と料金の案内 )

もっとも有名なのが、PASSPORT:パスポート、全館共通の1日券です。2019年現在、大人1人、通常日20ユーロ、噴水ありの日27ユーロです。2日券もあります。連続した2日用なので、休館日を挟んだ日曜日+火曜日の組み合わせでは使えません。

PASSPORTの変形が、時間指定パスポート:PASSPORT with Timed Entry、です。料金は普通のパスポートと同額です。

攻略本が、勝ち誇ったように推薦しているのが、この「PASSPORT with Timed Entry」です。

時間指定パスポートでベルサイユ宮殿に入る場合は最大で30分待ち程度なので、下馬評どおりの最適チケットです。だいたい、2~3カ月前からオンライン発売を開始します。晩秋から早春にかけては、あまり混雑しないため発売中止です。きっちり、3カ月前からとか、前々月の1日に一斉発売開始、とならないところがフランス流です。

あとは、宮殿のみ、庭園のみ、トリアノンのみ、噴水日の庭園入場のみ、のような単発入場券の案内です。鏡の間(鏡の回廊)の周辺だけを、あわただしく見学して1時間強で帰るならば、宮殿のみの入場券18ユーロが最安値ですが、「あまりにもったいない!」。


3  ガイドツアー:Guided Tour を楽しもう

ベルサイユ宮殿の入場システムは、底抜けに奥が深いです。

まずは、ガイド・ツアー。個人予約で、宮殿専属ガイドさんといっしょに自由見学不可エリアを見学します。英語サイトの場合ならば、上記2 のTicket and Price、の隣にGuided Tour という項目があります。そこをクリックすると、数種類のガイド・ツアーが表示されます。以下が、該当のページです。仏語、英語のみの表示です。

http://www.chateauversailles.fr/preparer-ma-visite/billets-tarifs?public=10&visite-tid=2

一番オーソドックスなガイド・ツアーが、「私室をめぐるツアー」。2019年8月までは「王の住居ツアー」という名前です。私たちも、このガイド・ツアーを予約しました。英語でも、ほぼ毎日1回、午前中に催行なので、イチゲンの観光客でも使い勝手がよいツアーです。

Bベルサイユガイドツアー私室見学2019
( 各種ガイド・ツアーの案内表示のサイト )

ガイドツアーには、他に、「王太子の住まい見学」、「トリアノンと王妃の小劇場見学」など数種類がありますが、ほとんどフランス語の説明のみです。別にフランス語能力のチェックをされるわけでもないので、みんなに付いていけば大丈夫ですが、メインの訪問個所の予習くらいはした方が、もっと楽しめると思います。

また、ほとんどのガイドツアーは、催行日時が月1~4回なので、かなり運が良くないと、これらのツアーに当たりません。けれども、ベルばらファンにとっては、「王妃の小劇場内部見学」なんていうのは、きっと垂涎の的です。是非、狙いを定めて、奥の深すぎるくらいのベルサイユ体験をなさるよう祈っています。「いいなあ」

ガイドツアーの追加料金は、2019年7月現在、大人子供共通で1人10ユーロです。これに、ベルサイユ宮殿に入場できる単発券やパスポートを買い足すことが必要です。私たちは、噴水のある日のパスポート27ユーロ+このガイド・ツアー予約料金10ユーロの合計37ユーロ/人=約4700円相当を支払いました。

切符は、スマホへ画像登録もできますが、読み込み失敗の不安もあったので、以下のようにプリントして持参しました。

始めがパスポート入場券です。日付指定ですが時間指定なしの切符で事足ります。フランス語なのでパスポートの綴りが「PASS"E"PORT」です。

Bベルサイユ1日パスポート時間指定なし
( 噴水のある日のパスポート入場券のオンライン切符27ユーロ/人 )

つづいて、ガイドツアー予約券。英語=Anglaisで、午前9時30分集合、と明記してあります。また、受付場所も宮殿正門付近の拡大図上に指示されています。AゲートでもBゲートでもない場所に、最初は行きます。

Bベルサイユ王様の私室英語ガイドツアー時間指定e-ticket
( 「王の住居のガイド・ツアー」のオンライン切符 )

これらの切符はすべて、記名本人のみ有効、キャンセル、遅刻時の払い戻し一切不可です。また、この条件以外の入場券はありません。慎重に精査のうえ果敢に決断して、一気に予約購入しましょう。


4  ガイドツアーと、団体のツアーとは別物

3で紹介した「ガイド・ツアー:Guided Tour、(フランス語はVisite Guidee )」と、ひんぱんに旅行記や宣伝に出てくる「ガイド付きベルサイユ入場」は、まったく別物です。

ガイド付きベルサイユ入場や、待たずに入れるベルサイユ半日ツアー、などは、いわゆる団体入場のことです。個人ベースに置き換えると、2の時間指定入場に相当します。別人の体験談を読んで、「こりゃ、自分たちで手配してベルサイユへスムーズに入るのは難しいな」と思った方々が、現地のオプショナル・ツアーに申し込むと、このタイプになります。たいてい、パリ都心部よりの往復バス代込みのようですが、ベルサイユ駅近辺の旅行代理店の前で集合、解散のツアーもあるようです。団体入場券のバラ売りみたいなやり方です。

Bベルサイユの様々なツアー2019
( ベルサイユのオプショナルツアーは多種多様 )

団体扱いで行くと、ベルサイユ宮殿への入場口は「B」ゲートになります。宣伝では、「待たずに」入れるようなイメージですが、混雑してくると、いくつもの団体がかち合うので、実際は20分から1時間程度、待つこともあるようです。

料金は高いですが、指示どおりに動いていれば、いつの間にかベルサイユ宮殿に入れるというメリットは大きいです。団体旅行の長短を考えながらベルサイユへのアプローチを選びましょう。


5 金さえ払えばベルサイユの栄光は思いのまま

ベルサイユ宮殿は、お金さえ積めば、多種多様な見学や体験ができます。

夏の週末の定番となった、夜の噴水と音楽ショー約50ユーロ/人、王朝風衣裳で集う宮殿のダンスパーティー約70~300ユーロ/人、宮殿オペラ劇場でのクラシックコンサート約200ユーロ/人、などは一般公募、先着予約順なので、私もチャンスを見つけて行きたいくらいです。ダンスパーティーは、衣装レンタル代が別なので、ものすごく高くつきそうですが、ベルばらムード120%であることは、ほぼ確実です。

それらに加えて、宮殿当局と交渉して各種見学やディナーパーティーを行なうこともできます。

個別見学申し込みは、1グループ20人までで、1000ユーロが標準ですから、ちょっと小金持ち、セレブ気分で申し込める料金なんだと私は感じました。

B専属ガイドによるグループ見学コース例
( 個別交渉で行なう見学、貸切サービスの案内 )

かのカルロス・ゴーン氏も、これらのサービスの延長線上で、豪華な誕生日ディナー(2014年3月)や、結婚披露宴(2016年10月)を開催したのだと思います。

皆さまも、是非、楽しんで体験談を披露してほしいと切にお願いします。

B貸切部屋の例
( ディナーパーティー案内や料金のページ )

日本の大手旅行会社も、たまに、ベルサイユの貸切制度を利用して、セレブなツアーを募集しているようです。お得意様を誘った段階で早々に売り切れてしまい、なかなか一般に販売されないのかも知れません。ファッション業界などの方も、一般人より、ベルサイユでの貸切カクテルパーティなどに参加される機会が多いようです。

私が思うに、ベルサイユは、歴史のうんちくを長々と傾ける場所ではなく、王朝ムードを気軽に、あるいは金をかけて楽しむ場所です。思いっきり放蕩して、王侯貴族の絶頂感を体験し、たまに破滅することもあるのだと感じるのも悪くないと思います。


2019年7月記                      了

カテゴリー
  • ライブドアブログ