やまぶきシニアトラベラー

気まぐれシニア・トラベラーの旅。あの日から、いつか来る日まで、かつ、めぐりて、かつ、とどまる旅をします。

ミラネーゼ

ミラネーゼと南イタリア気質

ミラネーゼと南イタリア気質   2018年3月、9月


イタリアは南北間の違いが大きく、そのうえ、地方ごと、都市ごとの違いも目立つと言われています。

イタリア人たちがバルのテラスで延々とおしゃべりする姿を見ると、ミナミの気質もキタの気質も、あんまり変わりないと思うのですが、当人たちに言わせると、かなり違うようです。

ミラネーゼPAVIAのバル風景2018
( バルのテラスで楽しそうにおしゃべりするイタリアン )

ずっと前、キタの代表であるミラネーゼに直截的に尋ねたことがあります。
「北と南のイタリア人って、どんな風に違うの?」

友人は、ちょっと考えてから、ひとつの例をあげました。少し考えるところからして、「キタ」の人間ですね。

「ある晩に嵐が来て、翌朝、大通りに大きな木が何本も倒れていたとしましょう」

『おおっ、新手のテーマじゃないか』と、内心、ほくそえむ私。

「『これは大変』、と近所中が声を掛け合って、市役所の作業員が来る前でも、最低限、クルマが通れるように皆んなで木をどかすのがキタ」

「ふんふん」

「道路の管理は市役所の仕事だ、と言って役所に通報するけど、その後は木が片づけられるまで待っているのがミナミ」

ミラネーゼSiracusaのおしゃべり2018
( イタリア中どこでもバルのテラスは明るいムード )

こういう風に、オチもなく、真面目に解説してくれるのがミラネーゼですね。
なーるほど。

2019年3月記                了



ミラネーゼがいないと

ミラネーゼがいないと    2018年3月と9月

イタリア通を密かに自負する皆さんならば、当然、ミラノの人々、つまりミラネーゼ:Milanese の悪評も耳にしていることでしょう。

ミラネーゼは働き者201809
( ミラノの人々は働き者 )

「ミラネーゼときたら、朝から晩まで働きづくめで・・・・・・」

「ミラネーゼは、二言目には『カネ、かね、金』!」

「ミラネーゼは、お高くとまって何様のつもりだい?」

「イタリアで、一番美味しくないのはロンバルディア料理だ」

こういう小話が、イタリア文化の入門書の隅や、ガイドブックの一口メモ欄などに、しばしば書いてあります。

ミラネーゼマネキン201809
( 理想のミラネーゼ像かも )

そのあとは、判で押したような郷土自慢です。

「それに比べりゃ、俺たちは人間らしく働いているだろ!」

「人生、カネばかりじゃないよな」

「どうだい、俺たちの町は人情味にあふれているだろ」

「うちの料理がイタリア最高さ」

こういうミラノ観を知って、ちょっと笑っておしまい、というのでは、いかにも芸がありません。
別な視点から見てください。

「イタリアのほとんどの都市や地方は、ミラノなくして存在感がないのですね」

「悪役ミラノがあるからこそ、産業振興や技術革新が上手く軌道に乗らない都市や、何の変哲もない町もプライドが保てるのです」

ミラノがイタリアにとって、なくてはならない都市であることが実感できます。
そして、よーくよく、我が身のことも考えましょう。

「働きづくめの会社人間、出世第一と利益必達、ガイジン差別・・・」

東方の島国の人々も、ミラネーゼとあんまり変わらない資質だと思いませんか。ですから、私は、「東京とミラノって、意外と相性がいいのでは」、と密かに思っています。

「ミラネーゼ評が悪口に聞こえたら、ニッポン人の振りも見直せ!」


2019年3月記     了




ミラネーゼの普段着

ミラネーゼの普段着   2018年3月、9月


着倒れの評判が高いミラノ市民の普段着を観察してみました。

ファッション誌の記事では、みんな、街中でお洒落を競い合っているかのような雰囲気です。これは、半分ウソで、半分ホントだと私は感じます。イタリアの諸都市よりはファッショナブルな人々が多いですが、これは、ミラノが豊かな都市だからという理由が大きいと思います。トーキョーの街中を歩いている人たちの服装がパリッとしているのと同んなじ感じがします。

私は、ファッション系に疎いので、ただ、漫然と道行く人々やバルのお客たちを視野に入れるだけでした。

まず、「やっぱり、若いっていうのは、それだけで素敵です」

ミラネーゼポリテクニク学生201803
( ミラノ・ポリテクニク大学の学生たち )

学校帰りは、意外と地味です。学生は、カネがないのだ!

ミラネーゼBrera通201803
( ブレラ美術館付近にたむろする若いミラネーゼ )


ミラネーゼはイゾラ歩き201809
( イゾラ散歩中のカップル )


ミラネーゼスピーガ201809
( 観光客がいっぱいのベネチア通りの気取ったバル )

全体では、小ぎれいでさっぱりした感じですが、すれ違う人の3人に1人くらいは、思わず振り返ってしまうというほどでもありません。モードの中心、モンテ・ナポレオーネ通りやスピーガ通りあたりを歩いている、お洒落しすぎ、天女のような方々ばかりを目にしたら、そうなるかも知れませんね。


2019年3月記     了


  • ライブドアブログ