やまぶきシニアトラベラー

気まぐれシニア・トラベラーの旅。あの日から、いつか来る日まで、かつ、めぐりて、かつ、とどまる旅をします。

ミラノのホテル選び

チェントラーレ離れをしませんか

チェントラーレ離れをしませんか     2018年体験

【 チェントラーレ駅ばなれホテルへのお誘い 】

MホテルマンダリンMilano201803
( マンダリン・オリエンタル・ホテル・ミラノ。モンテナポレーネ近くの超高級ホテル)


「せっかくミラノ観光をするニッポンの皆さま、たまには、駅ばなれ、チェントラーレ離れ、をしたホテル選びをしませんか」

たくさんのミラノ体験談を拝読していると、ときどき、こんなことを思ってしまいます。

個人客のお方ならば、ヨーロッパの大きな駅の周りは、決して、その都市を代表する雰囲気の場所でないことも、ご体験済みだと思います。

日本ではないので、ホテルなど、別にエキチカである必要はありません。私も、鉄道の旅は好きですが、ヨーロッパでは、できるだけターミナル駅近くではない都心部に泊まるようにしています。

ホテルマルゲラMilanoSep2018
(ホテル・マルゲラ。ワグネル市場へ徒歩1分、スポンティーニの通りの向かい側、なんていかが?)

「もっと、ミラノの中心部へお泊りになり、ショッピングやミラノの進取の空気を楽しんでくださいね」
「『チェントラーレ駅の周りは、夜、少々危ない雰囲気』って、書いてあるのに、またぞろ、お泊りなんて、もったいないです」
「私だけのミラノ体験に、半歩でも1歩でも近づきましょう」

是非、是非、ミラノのお洒落な気分、伝統的な姿に復元された旧市街の温もりを堪能してほしいです。

カブールHSep2018
( ホテル・カブール。スピーガ通りから徒歩1分 )

ツアーの皆さまは、『バス』で移動なのに、どうして『駅』近くのホテルに泊まる必要があるのでしょう。まあ、ツアー会社が、ご予算の範囲内で選ぶと、チェントラーレ駅周囲とか、高速のインター近くの郊外ホテルになってしまうのは、仕方ないのかも知れません。大型で安価なホテルがポイントなのでしょうが、残念です。


【 駅ばなれ、の努力 】

ミラノの場合と同じ気持ちで、いろいろな都市でホテル選びをすることを、是非、おすすめします。

駅舎チェントラーレSep2018
( ミラノ・チェントラーレ駅正面。駅の左右にホテルが多い場所がある )

イタリアで、よく出てくるパターンとして、

* ローマでも、ミラノ方式で、テルミニ駅周辺に泊まってしまう。
* ベネチアで、島の中に泊まらないで、本土側のメストレ駅の周囲に泊まる。

の二つが印象に残っています。

ご予算を切り詰めた旅ならばともかく、そこそこの個人旅行、高めのヨーロッパ・ツアーをご検討されるならば、滞在先では、その都市の雰囲気を感じる地区に泊まりたいです。

いろいろな考え方のなかの一つです。

2019年2月 記        了















ミラノでひっそり、ホテル・ティチアーノ

ミラノでひっそり、ホテル・ティチアーノ ( Mini Hotel Tiziano )    2018年3月


多数派日本人に背を向けたミラノ観光をする場合、ホテル選びではチェントラーレ駅から離れた場所が、おすすめです。

静か、ツアー客がいない、けれども、市内のあちこちへ行くときも便利なホテル、を思い思いに探してみましょう。ひとりひとりにとって、ユニークなミラノ体験になること間違いなしです。

例えば、ブオナロッティ:Buonarotti かいわいも、便利で落ち着いた地区です。ロー・フィエラの見本市会場へ往復がメインの出張者ならば、メトロ1号線で乗換なしで行き来できます。ドゥオーモへも約10分です。

そんな地区にある、小ぶりなチェーンホテルが、ミニ・ホテル・ティチアーノです。メトロの駅から徒歩1分の立地です。50室前後のホテルですが、家族経営ではありません。

http://hoteltizianomilano.it/en/

Buonarotti Hティチアーノ外観
( ミニ・ホテル・ティチアーノの外観 )

このホテルの最大の特色は、裏に大きな庭があることです。昔の豪邸を建て替え、近代建築のホテルを建てたとき、庭をできるだけ残したのだと思います。

4ツ星の格付けに分類されているので、値段もプライドも高めです。まれに、プライド先行の対応をされるのは、やはりというべきか、運が悪いと言うべきか、迷います。ツインかダブルを早めに予約し、木々の茂る庭側のお部屋を、別途、お願いすると素敵なホテル・ライフになると思います。

BuonarottiHチチアーノ庭園側201803 (5)
( 庭から見たホテル・ティチアーノ )

BuonarottiHチチアーノ庭園側201803 (8)
( ホテルの庭と、地下駐車場入口。庭に出られます )

運悪く、通り沿いのお部屋になっても、朝食は、地下1階の庭を望むモダンな部屋で食べられます。朝日が当たった緑の芝生の、すがすがしい光景を眺めながら、エスプレッソ片手に、あまーいブリオッシュを口に入れると、ミラノ気分が盛り上がります。

BuonarottiHチチアーノ朝食堂201803
( 庭に面した半地下の朝食の間 )

せっかくミラノにいらっしゃったのに、チェントラーレ駅離れをできないなんて、もったいない!

2019年2月記       了


ミラノ・ショッピングに便利なホテル・カブール

ミラノ・ショッピングに便利なホテル・カブール   2018年9月

ホテル・カブール:Hotel Cavour は、有名ブランド店でのお買い物に、とても便利なロケーションにあります。けっこう居心地の良いホテルです。

Hotel Cavour, Via Fatebenefratelli 21, 20121 Milano (ファーテベネフラッテリ通り21番地)
カブールHSep2018
(  スピーガ通り隣接のヌオバ門付近から見たHotel Cavour)

ホテルから、スピーガ通りまでは徒歩1分、モンテナポレオーネ通までも徒歩6-7分です。「ブランド店の買い物袋を、いったんホテルに置き、また、お買い物に繰り出す」という行動パターンを楽にこなせます。

ホテルの玄関横から左奥に見えるヌオバ門をくぐって最初の角が、もうスピーガ通りです。

ポルタヌオバ門Sep2018
( 小ぎれいになったヌオバ門:Porta Nuova )

ホテルの宣伝みたいですが、私は関係者ではありません。単なる実用情報の紹介です。

ホテル・カブールは、格付けが4ツ星なので、多少、高めです。ビジネス客の多い平日は、1部屋あたりツインかダブルで250ユーロ超です。けれども、週末やオフシーズン狙いで1泊150ユーロくらいで泊まるなどの工夫をすれば、お得感が出ます。

ホテルの建物は、近代的なコンクリート建築です。映画館やオフィスビルと一体となった小規模なモールの一角にあります。古き良きヨーロッパの風情はない代わりに使い勝手がよくできています。

カブール広場Sep2018
( カブール広場(右)と、ホテルが入居している近代的なビル(左) )

ここは、ミラノ・チェントラーレ駅から離れているので、日本人比率は、俄然、下がります。ちなみに、チェントラーレからもっと離れた地区に泊まると、日本人比率は格段に下がります。いずれも、ニッポン人ぎらいな日本人旅行者様の眼鏡にもかなうのではないでしょうか。最近のミラノは、中国人やロシア人旅行者が激増とのことですから、ホテル・カブールも様変わりしているかも知れません。

2019年1月記                了









カテゴリー
  • ライブドアブログ