やまぶきシニアトラベラー

気まぐれシニア・トラベラーの旅。あの日から、いつか来る日まで、かつ、めぐりて、かつ、とどまる旅をします。

美味しい食とショッピング

シクラメンテを買おうかな

シクラメンテを買おうかな      2018年9月  

( 新シチリア土産 )

シチリア島のお土産の定番と言ったら、食べ物かマヨルカ焼きです。

でも、たまには、目新しいものも見つけたいと思いました。シチリアにぞっこんの方が、ブログでシクラメンテ:Sicuramente、というTシャツ、カジュアル・バッグのお店を紹介していたことを思い出したので、さっそく入ってみました。創業20年くらいの、新進気鋭のカジュアル・ブティックで、シチリア島内限定のお店だそうです。

店名は、「シ・ク・ラ・メ・ン・テ」です。クリスマスのお花の”シクラメン”と間違えないようにしましょう。

お店はきれいだし、カジュアル衣料系なので、ちょっとくらいショッピングするのも悪くないと思います。写真は、トリナクリア・デザインのTシャツ、23ユーロです。

シクラメンテTシャツトリナクリア201809
( シクラメンテのメンズTシャツ )

シクラメンテタグのトリナクリア201809
( シクラメンテのロゴ )

色合いもデザインも普段着には十分です。

他の方のブログどおり、古いシチリア語の一句が書いてあるシャツもありました。面白い趣向だと思います。軽くて小さくたためるので、持ち帰りも便利。古いシチリア語なので、少し皮肉っぽい台詞が書いてあっても、日本では誰も分かりませんので、安心です。

シクラメンテNoto店内201809
( 古シチリア語ロゴのシャツと、品揃え )

レディースのシャツは、種類も色も豊富です。ただし、日本人だとびっくりするような露出度の高いデザインや、原色中心の色使いのものが多いので、本人の趣向を確かめてから買った方がいいと思います。

シクラメンテラグーザ店内と女性シャツ201809
( 後ろのラインナップが、レディースのシャツ )

バッグやエプロンなどもあり、20ユーロから60ユーロくらいが中心価格帯です。

玉に傷は、多くの商品が、Made in Italy、  Made in Sicilia でないこと。私のTシャツは、バングラデシュ製です。おそらく、パキスタン製、イエメン製などもあるでしょう。手頃な値段に抑えるためには仕方がないプロセスです。シチリア製の特別品は80ユーロとか100ユーロくらいするというようなことが、他の方のレポートに書いてあった記憶があります。

お好みで、一着か二着くらい買うのも損はないと思います。


( シクラメンテ3店舗紹介 )

シクラメンテのお店は、有名観光ポイントのそばにあります。websiteに当たれば店舗所在地はすぐに分かります。シチリア島内のみに10店舗しかありません。

私は、偶然にも、3店舗も見つけました。

ラグーザ店は、イブラのドゥオーモ広場にあります。

シクラメンテラグーザ店201809
( シクラメンテ、ラグーザ・イブラ: Sicuramente, Ragusa Ibla )

ノート店は、ドゥオーモからヴィットリオ・エマヌエーレ通りを劇場方向へ行った右手の、ちょっと引っ込んだ場所にあります。

シクラメンテNoto外観201809
( シクラメンテ、ノート:Sicuramente, Noto )

シラクーザ店は、オルティージャ島内のローマ通りのミネルバ広場との交差点付近にあります。

シクラメンテシラクーザ店201809
( シクラメンテ、シラクーザ・オルティージャ:Sicuramente, Ortigia, Siracusa )

いずれも、入口は地味ですが、店内は明るく清潔な雰囲気です。たいてい日曜日も営業、それも、夜10時くらいに閉店のようです。観光客を十二分に意識した、うれしい展開です。

きっと、「私だけの発見」を考えている方のプライドも満たすお土産候補だと感じました。


 2018年10月記                         了


シチリアのシンボル、トリナクリアを探す

シチリアのシンボル、トリナクリアを探す   2018年9月訪問

( トリナクリアに魅入られて )

トリナクリア:Trinacria は、シチリアのシンボルであることを、3月の旅で知りました。ミラノのシチリア菓子チェーン店、ブッチリアの店先で、シュールな三本足マークに魅入られたのです。

「今さら、気づいたのかよお」という、シチリア・ファンの方の罵声が聞こえてきそうです。

ミラノのアブチリア店のトリナクリア201809
( ブッチリアのトリナクリアのマーク )

人の足だけが三本、巴(ともえ)のように、放射状に生えている構図は、ユニークであり、グロテスクでもあります。

普通の人間は、あるべきものがないのを見ると、魅入られるか、嫌悪感を感じるものですと、ある方に諭されたことがあります。ミロのヴィーナスなどは前者の代表でしょう。トリナクリアについても、私は、前者だったようです。

トリナクリアの、かわいくもあり、人を食ったようでもあり、不気味でもある三本足が、ずうっと、脳裏に焼きついています。

トリナクリア焼き1 Sep2018
( ちょっと不気味な、モノクロのトリナクリアとメドゥーサ )

皆様のブログや、観光案内で、しばしば登場するのは、トリナクリアの真ん中にメドゥーサ(メドゥーザ):Medusa という、女神の顔をくっつけた、トリナクリアです。

トリナクリア焼き2 Sep2018
 ( 典型的なトリナクリアとメドゥーサの組み合わせ )

これも、十分にシュールか、きもい、です。

各種解説によると、トリナクリアは、シチリア島の形の特色を成す3つの岬を表わし、メドゥーサは、かつてのシチリアの豊かさを表わしているようです。また、異説も、それなりにあるようです。

アカデミックなことはさておき、シチリア旅行では、いろいろなトリナクリアを探すことにしました。


( へびのメドゥーサは嫌い )

はっきり言って、ヘビの髪の毛をしたメドゥーサは、嫌いです。ヘビが嫌いだからです。

もちろん、ギリシャ神話上のメドゥーサは、ヘビの髪をして、目を合わす者を石に変えてしまう、恐ろしい女神であることは承知の上です。ヨーロッパ系の人たちは、子供の頃から、そういうメドゥーサ像を生活感覚で覚え込まされているので、そんなものかと思っているようです。

ラグーザトリクリア素焼き201809
( 怖そうな顔のヘビ髪のメドゥーサとトリナクリア )

シラクーザトリナクリアと島のマグネット201809
( かわいい感があっても、ヘビ髪のメドゥーサ付きトリナクリアのマグネット)

けれども、陽光がいっぱいで、食も豊かなシチリアのシンボルが、恐ろし気な女神というのも変な感じ。ギリシャ文明で、ヘビが医学のシンボルでもあったことを割り引いて考えても、女神さまから、にょろにょろ、はいい気がしません。

そういうことを感じた方は、他にもいらっしゃたらしいことも分かりました。

シチリア州旗にあしらわれたメドゥーサは、とても女神っぽくなっていました。

トリナクリアその2
( シチリア州旗に配されたメドゥーサとトリナクリア )

メドゥーサの髪の毛は、小麦の穂ですし、表情も穏やかです。にょろにょろ、はなくなった上、天使の羽根みたいなものも付いています。

しかし!
今度は、トリナクリアの足に、すね毛が生えてきて、シュール過ぎる艶めかしさとなりました。

それをトリミングしたデザインも見っけ。

トリナクリアその1
( すっきり足のトリナクリアで、ヘビ髪でないが能面のメドゥーサ )

今度は、メドゥーサが能面のようで、女神の魅力がそがれています。
また、足の向きも反転。

千差万別のトリナクリア、メドゥーサがあることも、現地ならではの体験でした。
最低限のポイントさえ押さえれば、あとは、お好きなデザインで、という、おおらかな雰囲気が読み取れた点は、大いに満足です。

シラクーザトリナクリア焼き物201809
( 刺青入りのトリナクリアと緑へび髪のメドゥーサ )

そして、私好みのトリナクリアとメドゥーサは、ないものかなあと思っていました。


( シクラメンテのトリナクリア )

私の求めるトリナクリア像に一番近かったのは、シクラメンテ:Sicuramente、というTシャツ、バック類を売っているお店で見つけた、モダンなトリナクリアでした。

シクラメンテTシャツトリナクリア201809
( シクラメンテのTシャツのトリナクリア )

ダンスをしているようなトリナクリアで、グロテスク感もなく、軽快な感じです。メドゥーサはいません。
モノトーンな色合いも、気に入りました。

シクラメンテは、ここ20年ばかりの間にシチリア島内で人気が出た、カジュアルなムードのブティックだそうです。”シチリア”、をキーワードにしているので、島外にお店はありません。その代わり、主要観光地の目立つ場所にお店を出しています。

シクラメンテシラクーザ店201809
( シクラメンテ:Sicuramente、シラクーザ・オルティージャ店 )

お店のロゴも、シンプルなトリナクリアで、とても印象的でした。

トリナクリア絵葉書201809
(  シクラメンテの記念カード(上段) )
トリナクリアModica土産店Sep2018
( ヘビのないトリナクリアの土産物店。モディカ市内)

お買い物といっしょにもらった、シクラメンテの記念カードも、あっさり系のトリナクリア・デザインで、私好みでした。下に写っている絵ハガキのトリナクリアは、州政府公認の図柄。ここには、ヘビはいません。

また、モディカのお土産屋さんの店頭にあったトリナクリアも、カラフルな足だけのデザイン。とっても嬉しい、トリナクリアやメドゥーサの図柄を目にすることができました。


こんなトリナクリアやメドゥーサが、これからも増えますように。

                                  2018年10月記                     了








  • ライブドアブログ