やまぶきシニアトラベラー

気まぐれシニア・トラベラーの旅。あの日から、いつか来る日まで、かつ、めぐりて、かつ、とどまる旅をします。

ミラノの美味しい食事

すわって食べるスポンティーニへ

すわって食べるスポンティーニへ    2018年9月訪問


スポンティーニ:Spontini に初めて行ってみました。

私は、ピッツァが、あんまり好きではないので、有名店だと分かっていながら足が遠のいていたのです。
ですから、こっそり、ゆっくり入れそうなスポンティーニのマルゲラ店: Spontini, Marghera へ行きました。

「赤い看板が目印です」、と言いたいところですが、お隣のVodafoneも、同じ赤い看板ですので、言わないことにします。

マルゲラ通SPONTINI支店Sep2018
( スポンティーニ・マルゲラ店、Spontini, Marghera )

マルゲラ通りの、ワグネル広場寄りに店を構えています。奥行がかなりあります。昼休みもあり、午後3時から6時までは閉店です。websiteを見ると、四六時中、歩行者が絶えないドゥオーモ店は、昼もノンストップですが、他のお店は、土曜日を除いて昼休みがあります。

マルゲラ店は、持ち帰りと店内飲食の2通りがあります。午後1時半すぎに行ったときは、大半が店内飲食のお客で、持ち帰りを待っているのは2、3人でした。

メニューの表紙をまじまじと見たら、TOKYOとか、FUKUOKAの地名が、真ん中あたりに刷ってありました。スポンティーニも、イタリアブームの最後のころ、日本にも進出したと聞いていましたが、「やはり、本当だった」と、改めて感じました。

SPONTINI MAR Carte Sep2018
( マルゲラ店内とメニュー )

それより、まず、スポンティーニ風ピッツァを食べましょう。もっちりした厚みのあるピッツアで、8分の1カットが1人前です。味は、たしか5、6種類あったと思います。「大」とか、「1枚全部」という注文もできます。スポンティーニの細部については、みなさまの優れたレポートがあるはずですので、探してみてください。

それなりのお値段で、それなりにお腹が満たされます。軽めのランチには十分だと思いました。

IMG_3199
( 分厚くもっちりのスポンティーニのカット・ピザ。原宿店で後日撮影 )

私だって、いくらピッツァ好みではないとはいえ、8分の1カットくらい食べられます。ミラノでも、後日、お訪ねした原宿でも、おいしく食べました。


SPONTINI Harajyuku Sep2018
( スポンティーニ原宿店)

スポンティーニ原宿店は、ミラノの各店に比べると、華やかな感じで、日常生活のお店というより、お出かけしてきて入る店、というムードが漂っていました。お値段は、ミラノと日本でも、ほぼ同じ。日本経済の沈滞ぶりを、こういうところでも感じます。ピッツァは、原宿店は2種類のみです。やはり、日本では、数種類のピッツァを焼くだけの幅広い注文もないのでしょう。東京では、まだまだ特別な食べ物、という印象を強くしました。

マルゲラ通スポよりDeAn方向Sep2018
( スポンティーニ前からマルゲラ通り西側の眺め )

スポンティーニ・マルゲラ店の店内飲食システムは、ファストフード式ではありません。テーブルについてから注文し、食後、レジに伝票を持って行って支払う方式です。

15分ほどでピッツァを食べ終え、腹ごなしと、ジェラート(アイスクリーム)を食べるために、マルゲラ通を、さらに奥の方に進みました。


                                    2018年10月記                   了




ニッポン人なら一度はナブッコ詣で

ニッポン人なら一度はナブッコ詣で     2018年9月訪問


ミラノへいらっしゃる日本人観光客の間で知名度も高いレストラン、ナブッコ:Nabucco、へ私も行ってみました。

「ナブッコっていう、日本人観光客にかなり有名なレストランあるんだけど、どう?」
「ブレラは観光地だから高い。でも、有名だし、美味しい」
「じゃあ、行こう!」

BreraNABUCCO外観 Sep2018
( ナブッコの店先と、フィオーリ・キアーリ通り )

ナブッコは、ミラノで一番お洒落な場所だという評判の高いブレラ地区:Brera (または、ブレッラ)の、フィオーリ・キアーリ通り:Via Fiori Chiari にあります。最寄り駅は、ランツァ:Lanzaです。
「ええっ?」
「モンテ・ナポレオーネじゃないの?」
まあ、都心部なので、お好きなルートでやってくればいいのです。

フィオーリ・キアーリ通りは、年を追うごとに、洗練度に磨きがかかり、有名ブランド店なども出来ました。素敵なミラネーゼが歩いていたシックなオフィス街は、たくさんの観光客が行き来する、トレンディな雰囲気の小径に昇華しました。

路上の物売りなどは、観光地であることの証明です。

BreraNabucco付近Sep2018
( フィオーリ・キアーリ通り。奥の張り出しテントがナブッコ )

レストラン・ナブッコ:Nabuccoは、Via Fiori Chiari 10, 20121, Milano Brera です。
ブレラ通りから来る場合は、フィオーリ・キアーリ通りを左に曲がって3-4軒目です。


BreraNabucco前Sep2018
( レストラン・ナブッコ正面 )

有名店ですが、間口は、そんなに大きくありません。

でも、奥は深そうで、2階もあるそうです。私たちは、土曜の昼に予約なしで行ったにもかかわらず、店内の窓際席が取れました。

ちょっと遅めに行ったのが良かったようです。早飯の日本人とか、時間にうるさいドイツ人が、ちょうど席を立った後に入れたのかも知れません。こういう、小さなツキがあると、食事も美味しくなります。

BreraNABUCCO日本語メニュー有 Sep2018
( ナブッコの日本語併記メニュー )

うわさどおり、日本語併記のメニューもありました。訳語もうまく、活字もきれいで、品の良さを感じます。
利益率の高い、いや、当店おすすめの料理は、ナブッコ印が付いています。

釈迦に説法ですが、ナブッコは、スカラ座に縁の深い作曲家ベルディの出世作のオペラの題名。あらすじ等々はウィキペディアなどをみると、すぐにわかります。

BreraNABUCCOミラノサラミ 焼野菜Sep2018
( ロンバルディア風ハムサラミ盛り合わせ、焼き野菜の盛り合わせ )

ナブッコ印のハム、サラミの盛り合わせは、ロンバルディア風の美味しさが出た一品。このあたりから、正統派ツーリスト路線から、大きく脱線してしまいました。

「えーと、ミラノ初心者は、何を注文するのが王道でしたっけ」
「生ハム、 黄色いサフランのミラノ風リゾット、 オッソ・ブッコという牛の骨付き肉の煮込み、ミラノ風カツレツ、デザートにティラミス、じゃないの?」
「ブログとか、website のメニューを見て、マーク付きのを注文するのですね」

私たち、よく考えたら、ぜんぜんそういうの注文していませんでした。1人菜食主義者がいるので、スタッフと協議の結果、焼き野菜の盛り合わせ、きのこスパゲッティが、まず登場しました。

BreraNABUCCOきのこパスタSep2018
( きのこのスパゲッティ )

ナブッコの味付けは、伝統的なロンバルディア風なので、濃い目で重いです。軽め、あっさり系が好みの日本人には、合わないかも知れませんが、一度くらい、イタリアの中では、まずいという評判のロンバルディア料理の逸品を試すのは悪くないと思います。

BreraNABUCCOラム炙り Sep2018
( ラムのステーキ、ポテトのグリル添え )

肉も、ミラノ風牛カツ=コトレッタ・アラ・ミラネーゼ、の名声など、どこ吹く風で、ラムなどを注文して、十分に堪能しました。友人が頼んだラビオリも、味見すると、濃厚な風味で、とても美味しい一品でした。

たまに、悪評も書いてあるナブッコですが、体験する限りは、「有名観光地の美味しい有名料理店」との評判どおりであったと思います。

BreraNABUCCO Sbrisolonaスブリッゾローナ Sep2018
( スブリゾローナ:Sbrisolona、はカフェのお供として  )

デザートは、近くのジェラート(アイスクリーム)屋さんに行きたかったので、お料理の後は、カフェで締めくくり。すると、格式高く、甘いビスケットも出てきました。スブリゾローナという、割れやすいロンバルディア伝統のビスケットでした。

ピンキリまであるワイン代を別にすれば、ひとり30ユーロから50ユーロくらいのご予算を見込めばよいでしょう。まあ、顔見知りでもない限り、1品注文も避けた方が無難な格式のレストランでした。

ごちそうさま、さようなら。

                                    2018年10月記                    了


ラ・トーレ・デリ・アキーラ食堂で昇天

ラ・トーレ・デリ・アキーラ食堂で昇天    2018年3月訪問

1) パヴィアでもガストロノミー:Gastronomy

パヴィアでも一食を大切にします。イタリアも、全国区で食べ物が美味しい国のひとつです。

イタリアの中小都市は、お昼時になると、めっきり人通りが減ります。パヴィアも例外ではありません。その代わり、食堂やバルが混雑します。

ランチに連れて行ってくれたのは、ラ・トーレ・デリ・アキーラ:La Torre degli Aquila というカジュアル気分の食堂でした。お店は、市内屈指の目抜き通りCorso Nueba Strada:新街道通り、に面しています。建物の名前が、ずばり、レストランの名前です。

このお店は、各種ブログにも載っています。サクラのコメントもなさそうで、評判どおりの美味しいお店です。

見た目からして、わくわくするような雰囲気のレストランです。
パヴィア食堂ラトーレデリアキラ2018 (1)
 ( ラ・トーレ・デリ・アキーラの店構え )

ラ・トーレ・デリ・アキーラは、地元でも人気店なので、かなり混み合います。少しピークをはずせば、予約がなくとも入れる感じです。多くの人たちは、どんどん食べて、どんどんお会計を済ませて出て行くからです。

ドアを開けて入いると、目の前にバル・カウンターがあり、左に小さなテーブル席も見えます。カウンター右手の階段を数段上がった奥の空間が、本格的な食事の間で、テーブルが5-6卓くらい置いてあります。内部は、年代もので、壁には、昔の調理用具が飾りとして引っ掛けてありました。イタリアに多い、茶色がかった黄色の壁が印象的です。

太いダクトが、現代空間であることを物語っています。このダクトのおかげで、私たちは、調理場からもうもうと上がる煙に悩まされずに済んでいるのです。

食PパヴィアTorreDegliAquila座席
( ラ・トーレ・デリ・アキーレのテーブルとインテリア )

ガイジンには、こういうインテリアがいいのですが、地元の人たちには、当たり前すぎる景色なのでしょう。あまり注目されていないようです。とにかく、ほのぼのとした雰囲気の漂う家族経営の食堂です。


2) メニューはあってなきが如し

食の美味しい国の泣き所のひとつは、食事の流れや、外食の流儀をすんなり会得しにくいことです。食も文化なので、地域や生活パターンと密着しています。流れに乗って楽しい食事をするためには、少し慣れが必要なのです。

また、ガイジンにはメニューが難解であったり、料理の名前から内容が想像できないことも多いです。ニッポン、中国、フランス、スペイン、イタリア・・・・・・・、いずこの国でも抽象的な料理名が頻発します。「たぬきそば」なんて、典型的な例です。

ラ・トーレ・デリ・アキーラも、メニューと料理が一致しない店の系統です。

席に着くと、メニューを小脇に抱えたおばあさんがやってきて、あいさつのあと、いきなり口上を述べ始めます。様子から察するに、オーナー婦人のようです。

イタリア語なので、話の内容は理解できませんが、何のことを言っているかは、表情や口調で分かります。

「今日のプリモは、トマトソースのタリアッテーレ・・・・・。メインは、うさぎ肉の・・・・・・です」
「わかりました。ちょっと考えてから決めます。ところで、普通のメニューもあるんでしょ?」

と、友人が聞くと、おばあさんは、

「これですが、一応、置いていきましょう」と答えて去って行きました。

ちなみに、この時点で、私は、何の料理を説明されたのか全く分かりません。友人に、一つ一つ説明を受けました。プリモと呼んでいる一皿目が4種類、二皿目が3種類くらいありました。

「ほら、メニュー見ても意味ないね」

と、言いながら友人が開いたメニューの内容の恐ろしく単純なこと。

左のページ上部から内容が始まるのですが、何と、"プリモ8ユーロ”、メインとなる肉料理は”普通12ユーロ、特別料理15ユーロ”、みたいなことしか印刷されていません。

右のページにも、デザート(ドルチェ)が幾らとか、コースあり30ユーロのようなことしか書いてなかった感じです。

思わず、「げっ」とするような書きっぷりです。メニュー上の料理名を見て、「どれもこれも捨てがたいなあ」などと優雅に悩むどころではありません。

けれども、体験論的には、こういう雰囲気の食堂こそ、とても美味しく、楽しいひとときになる場合が多いです。

私のように、幸運にもサポートがあったので、口頭で告げられたメニューを80%くらい理解して注文するか、聞き返しても30%くらいしか理解が深まらない状態で、「ええい、ままよ」と、自分なりに料理を想像して注文するか、の違いです。どちらにせよ、出てくる料理は、好き嫌いを別にすれば、とっても美味しいのです。


3) 二皿食べて昇天

一皿目は、「トマトソースのタリアッテーレ」という、きしめん状のパスタを食べました。程よい堅さで、トマトソースがしつこくなくからんできて、つるつるっとお腹に入っていく感じです。

平たい麺も、太さや舌ざわりによって、めいめい呼び名があるのですが、私は、いまだに判別できません。いつか、料理本を見せてもらったとき、似たようなパスタでも、ぐっちゃりと別々の名前が振ってあったのを見て、「こりゃ、覚えきれないわ」と思ったくらいです。

友人は、クリームソースのラビオリを食べました。イタリア風の水ぎょうざ、と言ったら、怒られますでしょうか。

食PパヴィアTAのリガトーニ2018
( トマトソースのタリアッテーレ )

食PパヴィアTAのファルファーレ?2018
( クリームソースのラビオリ )

二皿目は、パヴィア名物、「オリーブ風味の、あぶりうさぎ肉のポレンタ添え」を注文。友人は、「半分ずつシェアすれば二品味わえる」と言って、「鹿肉のきのこソース煮込み」を注文しました。両方ともに、1回くらいマダムの説明を受けただけは、正確に想像することが難しい料理です。

食PパヴィアTAの鹿肉とポレンタ2018
( あぶりうさぎ肉のポレンタ添え )

食PパヴィアTAうさぎ肉2018
( 鹿肉のきのこソース煮込み )

素人が、料理の味わいを説明するのは、とても難しいです。

うさぎ肉は、オリーブの風味が効いているので、臭みもありません。食用に養殖された肉なので、すじもなく、あっさりした感じです。私はポレンタが好きですが、トーレ・デリ・アキーラのポレンタも、メイズ(とうもろこし)の甘味が、ほんのりと口の中に広がるやわらかい食感が、うさぎ肉とバランスしていて、とても感動しました。

一方の、鹿肉も、濃厚なきのこソースで十分煮込んだためでしょう、だしのような味わいが肉にしみ込んでいて、まろやかな食感です。肉も、すじまで柔らかくなるよう煮込まれています。

「いやあ、こんな美味しいイタリア料理食べたの久しぶり。うさぎや、鹿だの、普通の旅行者じゃ、手がでないからね。もう、思い残すことはありません!」

「うふふ」

「昔話で、ある食通の老婦人が、美味しい夕食のあと、『もうすぐお迎えが来そうだから、早くデザート持って来て!』と言って、デザートを食べたあと、幸せいっぱいの表情で、こと切れた、という物語がありましたが、私も、それと同じ気分です」

「つまり、英語でいう”Happy Die” 状態なのね」

「その通りです!」

「うん、わかった。じゃあ、デザートを頼みましょう」
と、なり、再度、おばあさんに声を掛けました。


4) 再び口頭メニュー

またまた、おばあさんの口から、5つくらい、今日のデザートが紹介されます。シャーベット、ティラミス・・・・・・、と残りは理解できません。しかし、最後の一品は、発音だけ分かりました。

「おばあさんのタルト!」

名前に惹かれて、即決で決めました。あとで説明を聞くと、いわゆるシンプルな外観と味の家庭風のタルトだそうで、おばあちゃん直伝のイメージから付いた名前だそうです。

食PパヴィアTAの祖母のタルト2018 (1)
( おばあさんのタルト )

頭の中で思っていたとおりの、シンプルで控えめな甘さの、どこか懐かしさを覚えるタルトでした。

蛇足ながら、もちろん、プロの手によるもので、テーブルの間を足しげく通うおばあさんの手料理ではありません。

お会計ですが、1人あたり25ユーロ程度でした。とても美味しかったラ・トーレ・デリ・アキーラに、心から笑顔でさようなら。

                                  2018年8月記                    了











美味しくてスカルペッタやプッチャーレ

美味しくてスカルペッタやプッチャーレ        2018年6月


イタリアやフランスの日常の食事では、よく、メイン料理のソースを、ちぎったパンにしみ込ませて食べます。私もやります。

イタリア南部の言い回しでは、「スカルペッタ=Scarpetta」、イタリア北部の言い回しでは、「プッチャーレ=Pucciale」、と言うそうです。

今回、初めて言い方を教わりました。

スカルペッタ無料画像その1


食Mアラ・ランゲの牛とポレンタ2018
( ソースのある料理例 )

ソースひたひたの、美味しいメイン料理を、あらかた食べ終えると、たいていソースが残ります。パンは、カゴに残っていますし、そもそも、お替わり自由です。

ついつい、スカルペッタをしてしまいます。( あるいは、プッチャーレ )

SCARPETTAjimage
( スカルペッタの様子。無料画像より引用)

「美味しいソースを、余さず味わいたあーーい!」

「さあさ、パンを手でちぎって、ソースに浸し、たんと召し上がれ!」

「ブオニッシモ!。最後の一滴まで美味しくて、涙が出そうです」

「作った甲斐があったわ。ありがとう!」

という、のが基本らしいです。それに、お皿を洗う手間が少し省けますので、一石二鳥です。


食PパヴィアTAうさぎ肉2018
( あぶり肉のソース和え )

スカルペッタやプッチャーレというのは、奥が深そうです。

「これも、絶妙な味わいのソースがかかっています。スカルペッタしちゃお」

「まあ、お行儀悪い。ここは、格式高い三ツ星レストランざますのよ」

「でも、美味しくて我慢できないわ」(イタリア人)
「それもそうだな。やめとくか。迷うな」(フランス人)
独白、「何が何やら、さっぱり??」(日本人、アメリカ人、イギリス人)

ですから、日本でスカルペッタをすると、「あの人、ちょっと変わっているね」、と、ひそひそ声で囁かれそうです。

スカルペッタ画像その3
( パスタのソースもプッチャーレ。無料画像より )

美味しければ何でもあり・・・・イタリアン
美味しさの中にも、ちょっぴり作法を勘案・・・・フレンチ
食事とは、テーブルマナーである・・・・イギリス流

日本・・・・フレンチに近いのかなあ。でも、ソバはすするし。

ス そばをすする無料画像

(ソバをすする。無料画像を引用 )

                                                2018年6月記     了


  • ライブドアブログ