やまぶきシニアトラベラー

気まぐれシニア・トラベラーの旅。あの日から、いつか来る日まで、かつ、めぐりて、かつ、とどまる旅をします。

ミラノのブランドショップ

天使か悪魔かブランド店 2/2 (ナ行からワ行)

天使か悪魔かブランド店 2/2 (ナ行からワ行)   2018年3月、9月訪問

つぎは、ネロ・ジャルディーニです。
ドルチェ・アンド・ガバーナと並んでベネチア通りに店を構えています。馴染みの薄い通り名ですが、スピーガ通りの東の端を折れたあたりです。

ネロジャルディーニ少し高いシックな男女靴ベネチア通201809

ミラノ・モードの基本は、落ち着いたシックな感じですが、ここも王道を行くディスプレイのようでした。

スピーガ通りからモンテナポレオーネ通りに戻ります。
フェラガモ (サルバトーレ・フェラガモ)の2018年秋冬アピールは、奥の深い味わいを追求する方針のようです。
MフェラガモMilano2018
フェラガモ (サルバトーレ・フェラガモ)の落ち着いた店舗風景。

近くのプッチというお店は、ややイタリアっぽい色使い。
女性モード中心Pucci201809Mナポ
ピンクのマネキンのシュールな存在感が目につきました。

黒を基調とすることが多いプラダの、赤系統が混じった看板がありました。
プラダMナポSep2018
プラダ、モンテナポレオーネ店は、ガッレリアの本店と装いが異なります。
ここも、2018年の最後の最後になって、人騒がせしてしまいました。

ファッション界の深層心理は、必然的にタチが悪いのか、関係者が軽薄すぎるのか部外者の私には想像することしかできません。

プラダ本店ガレリア201803
ガッレリアのプラダ本店の輝きも虚構なのでしょうか。

宝石店の周りにはいつも緊張感が漂っています。商品の性質上、仕方ないと思いますが、それでも一所懸命に、華を演出しようとしています。
ブルガリMナポ201809
ブルガリの幾何学的なディスプレイ。


モンテナポレオーネ通りとスピーガ通りを結ぶ通りのひとつ、ボルゴ・スペッソ通りにも、ブランド店、センスの良いモードのお店が並んでいます。ローマに本拠を置くボッテガ・ベネタのお店もありました。
高級店ボッテガベネタMilano201809
ボッテガ・ベネタのミラノ店は、ひっそりとした感じ。本当に良いものを求めるお客様を待っていますというメッセージかも知れません。

それと対照的なイメージが、ランジェリーでは有名なラ・ペルラ。モンテ・ナポレオーネ通りにあります。
外から見えない場所に身に着けるものだからこそ、派手目なディスプレイで、全身あますところなく美の追求をするべし、とアピールしているようです。
LaPerlaランジェリー店Mナポ201809
オブジェのようなラ・ペルラのショーウィンドー。ランジェリーの演出は、ちょっと難しそうですね。

バッグが目立つ中堅のモード店、ロジャー・ヴィヴィエ。
バッグのRogerVivier201809
ロジャー・ヴィヴィエはフランス発祥。伝統的なイメージの飾りつけです。

同じく、フランスから始まったハイセンスな日常を追求するファッション店ロンシャン。
ロンシャンもスピーガ通201809
ロンシャンは、少し抽象的なイメージをアピール。フランス風の遺伝子なのかも知れません。

モードも、もともとは美しい人生のためにあるものでした。
最先端のセンスかもSep2018

いままでも、そして、これからも愛を込めて。

2018年12月記                  了




天使か悪魔かブランド店 1/2 (ア行からタ行)

天使か悪魔かブランド店  1/2 (ア行からタ行)  

2018年3月、9月訪問

ミラノのモードのお店は、有名店でも普通の店でも、かなり大胆なディスプレイを競っています。とにかく、人の目を惹くために一生懸命。ときには、負のイタリアンが出てきて、ぶっ飛んだものになってしまい、世界中から大ヒンシュクを買います。モード界も、「ブラックなイタリアン」は卒業してほしいです。

2018年の秋の商戦を前にしたディスプレイを見てみました。

典型的な店頭のショーウィンドー。色合い、配置は日本人の発想にはないものが多く楽しめます。
大胆なディスプレ201809
( ミラノのモード店のディスプレイでも、これは大人しいほう )

 まずは、エルマンノ・シェルヴィーノ。
エルマーノシェルヴィーノはモノトナスSpiga201809
シックな大人をアピール。


フランスが本店のエルメス。
MエルメスMilano201803
2018年秋は、どうってことはない飾りつけです。


ウィメンズバッグが売りのオルチアーニ。
オルチアーニSpiga通シックな女性用バック201809
真面目で長続きするディスプレイで安心感を与えます。


フランスが本店の有名店のひとつカルチエ。
お馴染Cartierミラノ201809
見るからに超高級な店構えで、ディスプレイも美術品の展示風。


超有名店のひとつグッチ。
MSpigaグッチ201803
2018年秋は、赤系テイストで燃える気持ちを表現でしょうか。


コチネレは中堅のウィメンズのお店。服中心に靴やバッグ有り。
コチネレ女性向けマンチーニ通201809
マンツィーニ通りのお店は、目立たない感じでミラノでは意外感ありです。

高級な靴ブランド、ジミー・チョー。
ジミーチョーSアンドレア通はモノトーン風201809
 円を重ね合わせて、躍動感を出していました。


これまた有名店、手袋専門店セルモネータ。
セルモネータ手袋Spiga201809
 2018年は赤系統を柱に、けっこう情熱的なディスプレイ。

ミラノを代表するブランド店のひとつトッズ。
MSpigaのTODS前2018 (2)
落ち着き払ったディスプレイに変わらぬ自信がのぞいてました。

2018年の最後にやってくれました。ドルチェ・アンド・ガバーナ。(ガッバーナ)
ドルチェガバーナのベネチア通店Sep2018


ドルチェアンドガバーナの派手なディスプレイ201809
秋の装いは、いつもどおりの華がありました。しかし、調子に乗りすぎて、かの東アジアのお国ではブーイング。
来年からは、大いに反省してほしいところですが、どうなることやら。

前半のア行からタ行のお店終了。
2018年12月記









ミラノの香りをショッピング

ミラノの香りをショッピング                  2018年3月、9月訪問

1 モード・プラス・アルファを求めて 
ファッションの街、ミラノにも香りを漂わせるお店が、ピンからキリまでいっぱいあります。

その中で、私が行ったのは、マジェンタ通の「サンタ・マリア・ノベラ薬局ミラノ店」と、オルソ通りの「レルボラリオ・オルソ通り店」。2店とも、モンテ・ナポレオーネやスピーガのモードショップにプラス・アルファを求める皆様の眼鏡にかなう店であることは、間違いないと思います。

マジェンタ通お店風景201803
( マジェンタ通りには品の良いお店がいっぱい )

名画、「最後の晩餐」のある場所として記憶に残る地名「マジェンタ通り:Corso Magenta 」を、歩いてドゥオーモ方向へ帰ると、ガイドブックなどには載っていない素敵なお店がいっぱいあることに気付きます。

「これがミラノの一歩踏み込んだ魅力だ」


2 サンタ・マリア・ノベラ薬局ミラノ店 

DSC09134
( サンタ・マリア・ノベラ薬局ミラノ店の外観 )

超有名店の支店ですが、ひっそりと営業している感じです。

買サンタマリアN薬局ポープリ2018
( サンタ・マリア・ノベラ薬局のポプリ:Pot-Purri  )

けれども、このフィレンツェ創業の老舗店の、雰囲気、品質、お値段は一流です。

買サンタマリアノベラせっけん2018 (2)
( サンタ・マリア・ノベラ薬局の高級せっけん )

我が家の一部でも、帰国後、お上品な香りが漂いはじめました。


3 ロンバルディアの香りレルボラリオ:L'ERBOLARIO

次のお買い物は、地元の香り 「レルボラリオ:L'ERBOLARIO 」の品々です。

このお店は、40年くらい前に、ミラノから南東に30kmほど行ったロディ:Lodi という都市で開業した、自家製ハーブ園由来の浴用せっけん類のお店が発端です。店名の一部に組み込まれている、「エルボ」は、「ハーブ=香草」 の意味です。

https://www.erbolario.com/en/

レルボラリオ Cデオルソ店201809
( レルボラリオ、オルソ通り店 )

オーガニック・ブームや、きれいでカジュアルな店づくりがヒットして、今ではヨーロッパやアメリカに、たくさんの支店を持つ会社に発展しました。シンガポールや台湾、香港、マカオなどにも支店があります。

レルボラリオパオロサルピ店201809
( レルボラリオ、パオロ・サルピ通り店 )

2018年9月現在、ニッポンには、まだ、出店がないようです。アジアではチャイニーズ系のビジネス優先かも知れません。

このようなお店は、対面販売が基本です。お互いに、あいさつのあと、マンツーマンでショッピングが始まります。
オルソ通り店の、薬剤師然としたマダムは、微笑みを絶やさずに、石けん、シャンプーと、次々と品揃えの披露をしてくれます。

レルボラリオ店内例201809
(  香しい感じのレルボラリオ店内 )

「マダム用を選びましたら、次は、あなたさま用のシャンプーなどいかがです。ユニセックス向けのものは、こちらに揃えてあります。おほほ・・・・・」

「は、はい・・・・」

という感じで、たくさんお買い物をすることになりました。
マンツーマンでお客様の相手をする対面販売の魔力で、すっかり、いい気分。スーパーマーケットや、量販店のカウンターでは、決して味わうことはできない、エレガントなお買い物気分に浸ることができました。

買レルボラリオ石鹸シャンプー2018 (2)
( レルボラリオの香りせっけん その1 )


レルボラリオせっけん201809
( レルボラリオの香りせっけん  その2)

お値段は、超有名店の半額以下なので、両手にいっぱい買っても、まあまあのレベルに収まります。
手提げ袋は、9月に入ったときは、創業40周年記念の文字も誇らしげな、華やかな柄になっていました。

レルボラリオのシャンプーリンス類201809
( レルボラリオのシャンプー、リンス類 )

やっはり、ミラノ最大の観光名所は、ショッピング!、ということを実感しました。

                                               2018年9月 記       了


ときめきのブランドショップ

ときめきのブランドショップ     2018年3月

1. ミラノ最大の観光地 

何を隠そう、ミラノ最大の観光地は、モンテナポレオーネとスピーガです。

DSC08914

「じゃあ、ドゥオーモは?」
「あれは、観光地を超越したミラノのシンボルです」
「えっ? いったい、どちらが上なのですか?」
「お黙り、観光客諸君!ドゥオーモと観光地を比べること自体、失礼なんですよ!」

こういうわけで、私は、このごろ、ドゥオーモ見物などは夕方に回し、まず、モンテナポレオーネやスピーガに繰り出すのが、正統派のミラノ観光客であると考えるようになりました。ハイ。


2. ショッピング基本コース

ミラノに来ると、Duomo:ドゥオーモ のオーラがとても強いです。

何も考えないと、ついついドゥオーモに寄ってしまいます。ですから、ショッピングするぞ、と決めた場合には、あえてドゥオーモには目をつむり、メトロもモンテナポレオーネ駅か、サンバビラ駅で降りましょう。そして、ブランド店やお目当ての店に直行するのが最善です。

そうしないと、いくら時間があっても、ショッピングに集中してストレスを解消することはできません。特に、女性の方は、心を鬼にして、ドゥオーモなど、ゆめゆめ視界に入れないようにすることが肝要だと思います。

DSC08304
( メトロ、モンテナポレーオネ駅 )

マダムも、臨戦態勢でショッピングを終えたばかりの顔つきです。

メトロのMonte Napoleone :モンテナポレーオネ駅は、マンツォーニ通りとモンテナポレオーネ通りの角にあります。マンツォーニ通りには、最近Alessi:アレッシーの店が移転してきました。

DSC08296
( アレッサンドロ・マンツォーニ通りの銘板 )

DSC08302
 ( モンテナポレオーネ通り角の近くにあるAlessi:アレッシー )

https://www.alessi.com/it_it/ 

曲線と鮮やかな色使いのキッチン用品が好きな方は、あらためてAlessi:アレッシー の台所用品や食器を、じっくり見てみましょう。モンテナポレオーネ通りに行き着かないうちから30分くらい時間を使ってしまいます。

1998808ミラノのミッソーニ通カブール付近
( マンツォーニ通りの端のポルタ・ヌオバ )

ブランドショップは、かの有名なモンテナポレオーネ通りと、それに並行するスピーガ通り沿いに集中しています。二つの通りを結ぶ、サンタンドレア通りなどにも有名店があります。

マンツォーニ通りの端の、眼鏡型の門、ポルタ・ヌオバは、スピーガ通りの出入口近くなので、よい目印です。いかにも、ヨーロッパの風情ある市街地という光景です。門の壁の雑草が、イタリアっぽさを醸し出しています。

DSC08909
( Via della Spiga :スピーガ通り )

DSC08305
( Via Monte Napoleone :モンテナポレオーネ通り )

どのお店が、どの通りにあるかは、各人チェック済みであると思いますので、コメントいたしません。


3. ブランド店へ出陣

「行きたいお店目指して、さあ、出陣!」
「服装チェック! クレジットカード、チェック! パスポート、チェック!」

「ラフな格好は、いけません。反対に、ばっちり決めすぎてもいけません。付き人とか、秘書らしき者を連れずに、ばっちり決めていると、おのぼりさん、そのものです」

「スリにも気を付けましょう。言われている程いませんが、おのぼりさんは、確実に目を付けられます」

「靴もスニーカーは避けましょう」
「まさに、足元を見られないようにしましょうね」

そう気にしないで、気軽に入りましょう。ルールに近いマナーはひとつだけ!
お店に入るときは、にっこりと、
「ブオン・ジョルノ!」(または、ブオナ・セーラ!)

そうすると、とても楽しいショッピングのひとときが過ごせること請け合いです。


4. ブランド店の風景

少しだけ、モード系のブランド店の店構えを見てみましょう。
DSC08307
( サルバトーレ・フェラガモ )

DSC08311
( エルメス )

DSC08317
( グッチ )

DSC08912
( トッズ )

こちらも、ミラネーゼに負けないくらい、凛とした観光客になるよう心掛けましょう。
DSC08911
( スピーガ通りのカップル )

本日は、ご来店、まことに、ありがとうございました。また、ミラノで近々お目にかかれる日まで、ごきげんよう。


5. 追伸。免税手続き

ブランド品などをお買い求めの皆さま、免税手続きはお済ませでしょうか。払った消費税は20%ですが、そのうち半分弱が、手数料だ何だかんだ、と言って戻ってきません。けれども、少しでも戻ってくるなら、一応、手続きしましょう。

例えば、税込みで500ユーロのお買い物ですと、税額は84ユーロほどですが、戻ってくるのは50ユーロくらいです。日本人感覚からすると、ぼったくりもいいところです。

イタリア税還付説明書2018 (2)
( 免税手続きの説明書のページの例 )

日本の消費税還付制度の正直さに涙がでます。還付手続き手数料500円くらいを取るだけで、税額分を、ほぼ、払い戻してくれます。みんなで声を大にして、欧州諸国の、ぼったくり体質に文句を言いたい気分です。

                                                      2018年5月記  了









カテゴリー
  • ライブドアブログ