やまぶきシニアトラベラー

気まぐれシニア・トラベラーの旅。あの日から、いつか来る日まで、かつ、めぐりて、かつ、とどまる旅をします。

ニッポン人の海外旅行

パリに呑まれるニッポン人観光客 パリにいるのは私たちだけ 

パリに呑まれるニッポン人観光客

パリにいるのは私たちだけ   2019年春



「ニッポン人の嫌いな日本人」が、まだまだ残っていたことに改めて気づきました。とても、寂しいことです。

【1 確認が苦手 】

エッフェル塔見学のときでした。

最近の様子をご体験された皆様は分かると思いますが、エッフェル塔は、とても混雑しているうえ、セキュリティチェックあり、事前予約制度あり、入場ゲートの位置がよく変わる人気観光スポットです。

ParisわたしだけのTourEiffel0501
( パリ観光の華のひとつ、エッフェル塔の美 )

そして、この手順や案内表示が、観光する側から見ると、あまり明確ではないのです。

私たちは、公式サイトから時間指定キップを事前購入した予約客でした。今のエッフェル塔は、土台を囲むように透明のフェンスが延々と張られています。フェンスの切れ目を探して、まずセキュリティ・チェックを受け、その後に入場ゲートへ行きつかなければなりません。

大勢の人が並んでいるセキュリティ・チェックの行列に近づくと、2、3列に一本の割合で立て札があり、「レストラン予約者レーン」、「時間指定予約レーン」、「キップ購入レーン」と3種類の表示があるものの、どの列がどれに相当するやら、あいまいです。
そこで、真ん中あたりの列の後ろに入り、前に並んでいた方に、

「すみません、ここは、時間指定予約キップの列ですか?」
とフランス語、英語の順で尋ねると、何と素敵なニッポン人カップルでした。

「私たちは、時間指定キップを持っていますが、前の方のキップは3時間先のようです」
と、日本人の方は、ご自身のキップの指定時刻を私たちにヒラヒラさせながら答えてくれましたが、顔には「実は、不安です」と書いてありました。3時間先のキップを持った方は、中南米からの旅人のようです。

これでは確認できません。

時間指定のキップは、予約時刻から30分限りで効力発揮。その30分間に限って、他の一般客を飛び越えて優先的に取り扱ってくれる制度ですが、遅刻したら一般客扱いになります。また、3時間先のキップは、現在時刻では、一般客の取扱いと変わりありませんし、厳しい場所では、「まだ早すぎます。入れません」と言われて、待機場所にさえ入れてくれないケースもあります。予約は、遅刻してもだめ、早く行き過ぎてもだめなのです。

結論として、前の方の2組の例だけでは、私たちの列が時間指定入場用の優先レーンであることは確認できません。

ParisLV買い物のシンボルのひとつ2019
( ルイヴィトン本店。ここも入場制限がかかるときがあります)

【2 何とかしなければと思うタイミング 】

そのため、仕方なく、面倒くさいのですが、列の人混みを「すんません」とかき分けて、10人くらい前の人のところへ、にじり寄って、同じ質問をすると、「私は時間指定キップを持っていて並んでいます。そして、優先レーンだと思っています」との答え。

この状況ですと、8割方、予約者の列のような感じ。列も少しづつ進んでいるので、いまさら、似たような長さの「本当の」優先レーンを見つけて移動しても、スピードアップにはならない状況です。7対3くらいの信頼性で、このまま列に並んでセキュリティチェックを受け、そこで、何かあったら係の方と再交渉の方が、トータルで何とかなりそうです。

それで、戻ってくると、
「たぶん、おそらく、ここで大丈夫でしょう。前の方の人も『多分ここ』と言っていたから」
と状況報告。「日本人は、こういうとき、確かめる作業をしないんだよね」と、ぶつぶつひとりごとを言ったのが、先方様にはお気に召さなかったようです。その後は、口も開いてくれません。

①「日本人は」論で、他のニッポン人を誹謗中傷する昔風の口調に聞こえた。

②「私は正しい」と思って並んだカップルの男性の判断が確実ではないことを、私があばいてしまい、同行者に恥をかかせた。特にマダムの方が、パリ慣れしている感があり、男性が、もともと気おくれしていたところへ、男性の判断に不安材料があることが発覚したので、余計、頭に血がのぼった。

どうして、分からないなら分からないと素直に答えて、確認作業をしないのでしょう。

また、間違った列に並んだため、列の並び直しを指示されたり、入場時刻に遅れた場合、まとまって多くの人数で交渉に臨んだ方が得策です。入場ゲートを突破するまで、一時的な連帯を結成しようと思わないのでしょう。「多勢に無勢」作戦は、土産の値引き交渉などで、よく中国人がやります。マナーが悪いと成功率は低いのですが、おっとり型でルール重視のニッポン人がやると、意外に効果を発揮します。


【3 パリでメンツをつぶされる屈辱 】

「『男のメンツ』をつぶした、あなたは、すごく恨まれていると思う」とは、我がマダムの弁です。カップルの女性の方が、どう思ったかのコメントはありませんでしたが、「あの人たちは無礼な観光客だし、彼は意外と気弱だし、ああ、頼れるのは、やっぱり私自身しかないのね」と、思ったのではないでしょうか。

パリの誘惑は妖艶です。日本人に対して、とても強い作用を引き起こす場合があります。誘惑されてしまうと、ご本人たちのカップルやグループの周りに、一人として個人行動のニッポン人は存在しません。私たちは、彼らからすると、あってはならない存在なので、見て見ぬふりをするしかないのです。頭の中では、彼らはフランス人に取り囲まれて、ほとんど優雅に、でも、ときどきフランス語にうんざりしながらパリ観光を、不安感50%くらいで満喫しているのです。アメリカ人やアフリカ系の皆さまは、パリの国際性を演ずるエキストラみたいになるようです。

ParisSGデプレカフェに入る私0501
( パリ独特の街角カフェの優雅な雰囲気 )

「別に、パリは、あのカップルなんかに特に目をかけていないと思うけど」、と言うとケンカになるので黙っているに越したことはありません。

Parisラジョコンダは私だけのもの052019
(La Joconde/モナ・リザ。別にあなただけに微笑んでいるわけではありませんことよ)

それとも、用意周到に事前予約をしていたにもかかわらず、トラブル発生でエッフェル塔に上れず、とブログに書く方が格好よいのでしょうか。ちょっと声かけするだけで、エッフェル塔観光なんか、何ら問題なくできます。「尋ねるは、いっときの恥、知らぬは、一生の恥」です。声をかけあってパリ観光、フランス旅行を楽しめばよいのではないでしょうか。


【4 優先レーンの取扱はどうなのよ 】

言い忘れましたが、本題の、一般レーンと優先レーンの区別はどうであったかと言うと、
「あまり列が長くない場合は、適当にセキュリティ・チェックの列に並ばせる」
だったと感じました。

おそらく、全体が長蛇の列になって、場の雰囲気がざわざわし始めると、間違えて並んだ人を、係員が声掛けして、本来の優先レーンに誘導したりするのではないでしょうか。フランス人は、こういうとき、意外とカンがよいので、長蛇の列の整理に取り掛かる確率が高いです。


2019年6月記      了

















パリに呑まれるニッポン人観光客 TGVに乗れるのは俺たちだけだ

パリに呑まれるニッポン人観光客 
 
TGVに乗れるのは俺たちだけだ    2019年春



「ニッポン人の嫌いな日本人」が、まだまだ残っていたことに改めて気づきました。とても、寂しいことです。


【1 TGV車内でシカトするニッポン人 】

パリからモンサンミシェルへ向かうために乗ったTGV車内での出来事です。

TGV2階建てと右の改札機MPNS201904
( TGVアトランティックの2階建て車両。右のホーム上の改札機 )

私たちの予約していた座席に行くと、そこには見知らぬ4名の旅行者が座っていました。

私は、そこそこのフランス語で、
「すみません、私たちは、ここの座席のキップを持っています。皆様のキップを見せてくださいな」
と丁重に依頼し、自分のE-ticket をひらひらさせました。それなりの確率で、二重発券もありうるからです。
「・・・・・・・・」
次に、「英語話せますか?」と、言葉をかけました。

すると、何か変だぞ気づいたような、一人の初老の男性が席を立ちあがり、電光表示の座席番号を見ると、お連れに「あっちの席みたいだ」と、日本語で言って、自分はさっと席を離れました。そして、4-5列の奥の方の席番を見たあと、仲間に手招きで「こっちだ・・・・・・・」というような合図を送っています。

TGVアトランティック2等車内旧モデル199007
( TGV2等車の車内の様子。1999年ごろ。今は、もう少しカラフル )

それを見ていた残りの3人は無言で立ち上がり、私たちに一切言葉をかけず、そして、目も合わせず、膝上の小カバンを持って移動しました。その後、カバンを置いて戻ってくると、頭上の棚に置いてあった旅行カバンやコートを降ろすと、無言で立ち去りました。

その中の一人は、多少、足が悪い様子。おばさま風の同行女性が「・・・・、大丈夫?」と、小声の日本語で声をかけるのが聞こえました。

3人は、私たちなど存在しないような振りをし、反対側の窓の外などに視線を向けながら、ぞろぞろと席を移ったのです。


【2 無言で睨まれる 】

我がマダムにも「あの人たち、こっちの方を、こわそうな眼付きで睨んでいたわよ」と、あとで言われました。

マダムは、私が、最初にフランス語で、次に、英語で質問したのを聞いています。そして、「私たちが日本語でしゃべっているのを、先方の4人には聞こえていたと思う」と、言っています。マダムも、彼らが席を移動するとき、私たちに何も言わず、目線も合わさなかったことも知っていました。常々、マダムには、「あなたも決して感じは良くないと」、言われて続けていますが、そんなレベルの比ではないくらい、彼らの感じは悪かったそうです。

「私たちが、いわゆるフランス人顔だったら、小さくなって『すみません』と、言って席を移動したんだろうね」と、マダムは言っています。彼らは、そういうオーラを持っていたと感じたようです。

「ほんと、いいものを見せていただきました」

こうして、ブログ一作分のネタを提供していただいたのですから、感謝しなければいけません。


【3 つぶれたメンツ 】

我がマダムの想像した、先方ご一行様の心理です。

①リーダーの初老らしき男性は、TGV車内に入るやいなや、入口に近い場所に、予約した内容と同じ4人向かい合わせの席を見つけました。そこで、座席番号を確認せずに、”知ったかぶり”で、「ここだ、ここだあ」と、仲間に向かって自信たっぷりに、本来の私たちの座席を案内して、自分もすわりました。

( 4人向かい合わせの座席は1車両に4カ所くらいあります。ですから、車内の座席番号と自分のキップの番号を照合することが必要です。また、ファミリー向けの人気席なので、二人席と替わるのをいやがる人も多いです。 )

tgv 4人席の例 SNCF
(  TGV2等車の座席配置例。ところどころに4人向かい合わせ席がある )


②どんどん乗客が増えてきましたが、しばらく、4人席に来る人がいなかったので、リーダー格は、「どうだ、おれの予約ノウハウはうまいだろう」と、同僚に笑顔を振りまいていました。

③そこへ私たちが登場し、フランス語で座席確認を求められたので、超びっくり。そして、3秒後には、自信たっぷりに陣取った場所が、予約席ではないことに気付きました。そのうえ、相手は、どうやら日本人です。

「お、おれのメンツが、丸つぶれじゃないかあ・・・・・!」

リーダー格の方のプライドは、一瞬で地に堕ちてしましました。足の不自由な母も、『席移るの?』みたいな不満顔を自分に向けたと思い込みます。

④こういうときは、他人、特に、言葉も分かる同胞のニッポン人への責任転嫁が、最初で最終の手段です。座席表示が分かりにくいTGVサービスに文句を言うなんて、これっぽっちも思い浮かびません。

「憎いのは、いま、そこにいる観光客然としたニッポン人。フランス人の前で、俺に恥をかかせやがって!。でも、席は間違えているので、どかなければならない・・・・。」

「俺たちは、あのニッポン人のせいで『席をどかされた』、ちくしょう!」

赤っ恥と、怒り心頭で、私たちを睨みつけますが、すごすごと座席移動せざるを得ないのです。それを察知した他のお三方も、私に恨みをぶつけてシカトします。結局は、リーダーに従って行くしかありません。


【4 パリに呑まれて 】

西暦2000年ごろまでは、海外、特に欧米諸国でニッポン人を見かけると、わざと無視したり、気づかないふりをする日本人旅行者が多い感じでした。けれども、最近は様変わりして、お互いに、「こんにちは、どこから来たのですか。それでは、よい旅を」くらいに声を掛け合うようになったな、と感じていました。

どうやら、この変化は、フランス、特にパリについては当てはまらないのではないかと不安になりました。

それだけ、世界一妖艶(ようえん)なアイドル的観光都市 『パリ』 さまの強烈なオーラは、まだまだ、一部の日本人旅行者をイチコロにするようです。『パリ』 さまに対して、日本人の方からの一方的な疑似恋愛関係ができてしまうのです。

『パリ』を、『フランス』という言葉に置き換えても通用する心理です。ヨーロッパ主要国を観光する場合でも、フランスは独特の雰囲気が強めです。個人旅行のコツを少し覚えただけで、鬼の首を取ったような気持ちになりやすい国です。

「私だけのパリちゃん、他の日本人の方を向いちゃだめ!」

「パリは、私(たち)だけのために、微笑んでいるよの。あんた、目障りだから、どきなさい!」

Parisよあたしだけを見て
( パリよ、あたしだけを見て! )

『酒は飲んでも呑まれるな』ですから、『パリを愛でても呑まれるな』です。


【5 リラックスして楽しいTGVの旅を 】

冒頭のような場面で、メンツとかプライドに重きを置く心理は、中国人、韓国人、ニッポン人に、よくありがちな気がします。
たかがTGVの座席チェックです。ときどき指定席の二重発券があったり、車両変更で、当該座席番号がない、という事態も起こります。

お互いに声を掛けあって助け合いましょう、何とかなるさ、旅は道連れ、の気持ちを忘れずにTGVの旅を楽しみましょう。

TGVホーム混雑MPNS201904
(  TGVは数多くの乗客で大人気 )

今回、私たちの乗った車両内で、座席表示の電光表示が点灯したのは、くだんの方々に問いかける数分前です。もとはと言えば、乗客を車内に入れてから座席番号表示を点灯させるようなSNCFのサービス感覚が混乱の原因です。

それでも、去年も昨日も、何とかなっていたのです。私も、先客に尋ねながら自分たちの座席を探していました。

ですから、

「すみませんが、皆様はこちらの座席ですか?」
「あっ、いけねえ。座席表示が消えていたから、つい、ここだと勘違いして。ごめんね、いま移るから」

このくらいでいいのです。

あるいは、

「間違ったのは私たちで、本当は、3列先の4人席なんです。でも、母の足が悪くて、できるだけ動きたくないのです。ミスをしたのはこっちですが、あちらの4人席と替わっていただけないでしょうか?」

というように受け応えをしてくれたら、事はスムーズに進んだはずです。さらに、会話の途中で、お互いに日本人と分かったのですから、ダメもとで、このような複雑な提案もできたのではないでしょうか。

モンサンミシェルへ個人旅行で行けるスキルを持っていることは重要ですが、これだけでは「仏作って、魂入れず」状態。実際に、その場の状況変化に合わせたり、言うべきことはきちんと言って、満足度も高く、費用対効果も予算どおりの言動をしてこその旅行スキルだと信じて止みません。

かのリーダー格の方は、ご自身では「自信たっぷり」なのでしょうが、端から拝見すると「緊張しています」と顔に書いてありました。

「リラックスしてください。分からないことは、その場で確認してください。そして、よいご旅行を」


2019年6月 記    了
































ニッポン人の旅立ち

ニッポン人の旅立ち

1) 海外旅行へのあこがれ

ふらんすへ行きたしと思へども
ふらんすはあまりに遠し
せめては新しき背廣をきて
きままなる旅にいでてみん

(以下省略)

S CDG T2到着風景 1989年6月出張時
( かつてのエールフランスのジャンボジェット機。1998年 )

私は、海外旅行に出かけるとき、よく、この有名な詩を思い出します。

明治の文学者、萩原朔太郎(はぎわら・さくたろう : 1886-1942 )が、1925年に出版した純情小曲集に載っている「旅上」という詩の出だしです。

「遠くへ行きたい、海外へ行きたい、けれども、現実は厳しい。でも、やっぱり旅に出たい」、という状況が、ひしひしと伝わってきます。

時はいま、21世紀。たくさんの人が、背広どころか、ジーンズ、Tシャツ姿でスマホ片手に小さなバックひとつを転がして海外旅行に旅立つようになりました。

羽田国際線T201709 (2)
( 羽田空港、国際線カウンター )

2) 変わらない旅立ち

けれども、何か根源的なところで、私たち日本人の海外旅行気分は、萩原朔太郎の時代と変わっていないと思います。まだまだ、ハレの日の中でも、特別なハレの日なようです。

それは、海外旅行の「旅立ち」に、昔も今も、多くの方々が、とても大きなウェイトを置いているからです。

荻原朔太郎も「旅立ち」の場面を使って、フランスへ行きたいと言っています。決して、「シャンゼリゼのカフェに腰掛けて自由の空気を吸いこむ自分の姿」を想像して海外旅行への憧れを表現していません。

日々、多くの方々が投稿する海外旅行記の七割くらいは、国際線の搭乗場面から物語が始まります。書き出しが、「ウユニ塩湖の鏡張りを見た。もう思い残すことはありません」、という作品は、滅多にありません。


3) 国際線の魔力

S成田当時の国際線午後便198007
( 1984年冬の成田空港国際線出発案内 )

よく、このような写真が、投稿旅行記の初めに載っています。

けれども、「XX航空だ、△〇経由だ」と、事細かに説明されても、本人以外にとっては、「それが、どうした」なのです。せいぜい、「旅立ちの高揚感。そのお気持ち分かります」、です。

旅行用の背広を着て汽車に乗る瞬間や、国際線の機体や搭乗案内を見た瞬間、私たちニッポン人の海外旅行の精神的達成感は、すでに100点満点中60点くらいになっているような感じがしてなりません。

だから、私たちは、旅先での感動など忘れてしまい、空港、飛行機、機内食の三点セットを強調してしまうようです。とても正直で、微笑ましいことだと思います。

国際線の魔力の強さを、あらためて感じている次第です。


                                                   2018年4月  了













ニッポン人の嫌いな日本人

ニッポン人の嫌いな日本人


1) へんな奴、いやな奴

海外旅行をすると、へんな日本人、いやな日本人に出会うことがあります。

へんな日本人は、身のこなしや、言葉遣いがとてもユニークなので、世界中の人々から、へんな奴だと思われるので問題ありません。

困るのは、「いやな奴」です。日本人、それも、旅行者や、うぶな留学生だけに嫌がらせをするからです。

「どうして、そんな嫌がらせをするんですか?」
「自分の心の拠り所が、海外にいる、ということだけだからです。長く住んでいることを、ことさらアピールしたいのです」

いやな奴は、旅行者や、日の浅い留学生が街中で困っているのを見て、辛辣なコメントを言いながら助け船を出し、ものすごく尊敬のこもった眼差しで見られるのを期待しています。

私も、若き日のころ、ツアー客でお会いした方々に、少しばかり、こういう態度を取ったことがあります。今では、深く反省しています。たいへん、申し訳ありませんでした。

日本人はきらいですか
( 日本人ツアー。 パリのルーブル美術館にて )


2) いやな奴と観光客

いやな奴は、観光客として海外旅行をしていると結構出くわします。

才能があまりないため、もぐりの短期アルバイトで、観光シーズンにツアー客のお世話をすることが多いです。
「知識と経験豊富なオレが、何で、成金趣味をひけらかしているマナーの悪そうなオヤジやマダムに、ぺこぺこしなきゃいけないんだよ」

夫、または奥様の生まれた国に引っ越してきて、技能や資格がなくても取り組みやすい、観光案内や旅行補助サービスをされている方々も少なくありません。
「宅のパートナーは、格の高い白人さまですの。生活のため、仕方なく、あんた方の相手をしているんですからね。気安く話しかけないでくださいませんか」

こういうケースです。

前者は、態度が悪いので、すぐに見分けがつきます。けれども、後者はなかなか分かりません。学識の深い方が、奥深い質問をしたり、外国暮らしの長短を尋ねた場合に馬脚を表わします。辛辣な返事をしたり、無視したりするので、初めて相手の本性に気付きます。また、欧米系の人にのみ、愛想良くしますので、それで気づく方もいると思います。こういうブログでも、類似のケースはありそうです。

せっかくの楽しい海外旅行が台無しになります。ツアーの皆さんは、はっきりとアンケート用紙にXを書き、クレームをしましょう。個人的に遭遇した場合は、運が悪かった思い、早く忘れるようにしましょう。


3) パリ症候群

このような方々は、比較的、人気の高い観光地に多くいます。

「パリの日本人」とか、「パリ症候群」と言われている現象が、その代表的な例です。憧れやブームに釣られて行ったけれど、どこか不適応個所があったようです。

日本人旅行者に辛く当たるのは簡単です。一期一会なので、あとで恨まれても、屁の河童です。そういうことをすれば、本人はもちろん、土地の印象が悪くなり、もう二度と、そこに来ないかも知れないとは思わないでしょう。少なくとも、次回、ご自身が観光案内やビジネスのパートナーに指名されることはありません。リピーターという顧客を失います。

住んでいることが、無意識のうちにプライドのもとになっている方は、自分より博学で人徳のある日本人は敵です。せっかく、一般人以上の興味を示してくれた方に、奥深い話ができないことを悟られまいとして無作法になっても、人生は豊かになりません。


4) さらりと助け合い

過去を反省した私は、できるだけ日本人の助けになれるよう心を入れ替えました。

メテオラコリアン日本人
( 今では中国人、韓国人、日本人のどれか )

すれ違いざま、ツアー客の日本語が聞こえ、目があったら「こんにちは」と、声を出すようにしています。お土産屋さんで、店員さんに好みを伝えられなくて困っている日本人に、「代わりにしゃべりましょうか」と言って、うなづいていただいた方に、その場限りの助け船を出すのもいといません。「よい一日を」と言って、すぐに別れるのが気分の良くなる旅を続けるコツです。

中には、見ず知らずの日本人個人客の中年男性なのに、「あなたもニッポン人?」とか、「何やってんの?」と、いきなり尋ねてくる方もいます。ご自身との上下関係を探りたいのです。さらりと、「単身赴任の駐在員で」、とか、「1年契約の研究員で来ていて、今日は休みなので」とか、ウソを言うのも悪くありません。「このあとメシだから、いっしょに来たら?」という、添乗員さん泣かせのセリフには、「では、これで失礼するので」と答えて退散です。背後で、添乗員さんとか、ガイドさんが、ホッとした表情をしていた場面も記憶にあります。

さらりと、ご縁を楽しみ、同胞は助け合い、の気分が一番です。

                                                          2018年1月   了

















カテゴリー
  • ライブドアブログ