やまぶきシニアトラベラー

気まぐれシニア・トラベラーの旅。あの日から、いつか来る日まで、かつ、めぐりて、かつ、とどまる旅をします。

フランスバスク

難読の国境HENDAYE

難読の国境HENDAYE    2017年9月

DSC05350
 (  Hendaye駅付近からスペイン方向を俯瞰 )

かなり理屈っぽい一文です。

日本人にとって、陸路の国境越えは、貴重な体験ですので、旅行記やブログにも、しばしば登場します。

バスク地方は、フランスとスペインにまたがって広がっています。EUのシェンゲン協定という条約加盟国間では、原則として国境の検問を行なっていません。ですから、私たちが県境を通過する感覚で、フランスとスペインは行き来できます。

フランス側の国境の町は Hendaye、スペイン側は Irun です。

「さあ、何て読むんでしょう」
「XXXXX、とイルン」

イルンは、99%以上の人が正解します。けれども、フランス側の地名が、なかなか発音できません。フランスでも難読地名のひとつです。
「アンダイ」と発音します。アクセントは、「ア」にあります。やや鼻にかかった、かっこつけたような「ア」の音です。「ア」ンダイと聞こえます。

近隣の人たちが口にしたり、SNCFの電車の案内放送を聞いていると「”ア”ンダイ」という音が分かるのですが、つづりだけ見ると、迷ってしまいます。字数に対して、発音も短いです。

アンダイエ、ヘンダイエ、エンダイエ、などなど。少しフランス語の知識があると、Hは発音しないということを思いだすので、アン・・・とかエン・・・・とか言い出すようです。

おまけに、スペイン語では、Hendaia=エンダイア、という呼称なので、余計に混乱します。
「どうして、こうなるの?」と、言葉の持つ複雑さに、ため息をつかざるを得ません。

この町は、1940年10月23日、ドイツのヒトラー総統とスペインのフランコ総統が会談した現代史上のポイントです。「アンダイ会談」と呼んでいます。ドイツはスペインに参戦を強く促しました。けれども、スペインは第二次世界大戦に参戦しませんでした。また、町内の教会に古いバスク十字架があります。

( アンダイからイルンを望む。上1987年、下2017年 )
198609アンダイ駅からイルン方向手前EUSKO鉄
DSC05348

※アンダイの対岸の右手方向がオンダビリア

フランスからスペインへ鉄道で行くと、この町か、バルセロナ側の国境を通過します。私も初めてここを通過したのは1984年です。TGVができる前でしたので、夜行特急「プエルタ・デル・ソル」という列車に乗り、深夜1時に国境に着きました。二つの国の鉄道は、線路の幅が異なるので、例外を除き、国境駅で車両を乗換えなければなりません。当時、フランス発の国際列車は、必ずスペイン側のイルンまで乗り入れていましたので、アンダイ下車はなし。寝ぼけまなこで、人の流れについて、列車を乗換えたので「アンダイ」の音さえ聞いていません。

1986年になって、初めてスペイン側からフランス側へ移動する際、今度はアンダイ始発の列車にのるために、ここにやってきて、初めて実地で「アンダイ」という音を聞きました。
「こう発音するんだ」と、つづりと耳に残った音を比較して、フランス語のトリックにひっかかたような気分。「どうりで、みんなが分からないわけだ」、とも思いました。

SNCFのアンダイ駅は30数年経ても、ほとんど同じです。両国とも通貨がユーロになったので、駅前に軒を連ねていた両替商は、ことごとく撤退。2017年現在は、のんびりとした田舎町の風情です。

EUの経済統合を肌で感じました。日本と近隣諸国の関係に、少し、気をもんでしまいました。

(SNCFアンダイ駅舎。上1987年、下2017年 )
198608アンダイ駅
DSC05351


DSC05344
( アンダイ駅を発車するSNCFの上り普通電車TERアキテーヌ。特急ひたち号と似ています )

アンダイとイルンの間には、ビダソア川:Bidassoa  (スペイン語:Bidasoa) が流れています。鉄道と並行して国道の橋があるので、鉄道のみならず、バスやクルマで、ここを通る日本人はたくさんいらっしゃると思います。

列車の乗換で右往左往していると、何が何だかわからないうちに電車が動きだしてしまいます。だから、これが、国境体験なのかと後で振り返ってみました。

また、アンダイの対岸はスペインですが、河口付近は、バスク風街並みが美しいと人気上昇中のオンダリビア:Hondabirria という町です。もののはずみで、向こうよりアンダイ側を眺めた方もいらっしゃるはずです。

DSC05359
( ビダソア川と、RENFEとSNCFの共有の鉄橋。背後右がオンダビリア方向 )

何かの縁ですから、アンダイのことも記憶にとどめて旅を続けます。


                                                            了



バイヨンヌでバスク買い

バイヨンヌでバスク買い   2017年9月


1) お買い物はフランスで

初めてフランス側のバスクに泊まりました。バイヨンヌ:Bayonneでお土産を買い、老舗のチョコレート専門店に寄るためです。

「何か、お買い物も、したいなあ」
「いい年こいたシニアが、OLみたいに」
「収入があるうちに、名物買っておこっと。それに、おいしいレストランにも入ろっと」
と、いう気分です。

フランスでもバスクの食に対する評価は高いです。

バイヨンヌのハム:Jambon Bayonne、と言ったら、フランスで”高級ハム”と、ほぼ同じ意味です。
うそか誠か、フランス語の授業で、先生は、「チョコは、バイヨンヌが発祥の地だよ」と言っていました。パリに、アトリエ・デュ・ショコラ:L'Atolier du Chocolats という感じのよいチョコレート店がありますが、そこの本店もバイヨンヌです。
ガトー・バスク:Ga*teaux Basque という名前の焼き菓子も有名です。
バスク・リネンと呼ばれる布製品は、フランス・バスクが本場です。エスパドリーユ:Espadrille という布製の履物もフランス・バスク産です。リネンのお店はサンジャン・ドゥ・リュス:St. Jean de Luz やビアリッツ:Biarritz に多いとのことですが、バイヨンヌにも数軒あることもチェックしました。

また、ETAが政治声明を出す場所は、だいたいバイヨンヌでした。フランス・バスクの行政の中心地だからです。
海辺のリゾートであるサンジャン・ドゥ・リュスやビアリッツに行っても、一人旅のシニアは、寂しさが募りそうです。

だから、フランス・バスクで寄り道するならばバイヨンヌに泊まることにしました。

結論を言っておきます。
「バスクでお買い物をするならフランスで」、です。
スペイン側には、マグカップとか、Tシャツみたいな土産品しか、今のところありません。何だかんだ言っても、フランスは、やっぱりお買い物大国です。また、フランス・バスクの名産品をスペインでは、ほとんど売っていません。食べ物以外で、”これぞ、私のバスクの思い出” という品物を買いたい旅行者は、フランス側に行くことをおすすめします。


2) バイヨンヌ、バヨンヌ、バヨナ?

バイヨンヌは、Bayonne とつづります。けれども、実際に耳で聞くと”バヨンヌ”に近い音です。”バヨンヌ”くらいなのかも知れません。外国語の地名、人名の書き方は、けっこう難しいです。

ウスケラ、つまりバスク語では、この都市名は、Baiona です。”バヨナ”、”バヨナ”と発音します。決して、”バイオナ”とは聞こえません。

DSC05213
( バイヨンヌ市内の地名表記。ウスケラ併記は少ない )

日本では、”バイヨンヌで決まり”、という感じでガイドブックや地図に書いてありますが、先ほどのハム:Jambon Bayonne を音読すると、”ジャンボン・バヨンヌ” と聞こえます。”絶対、バイヨンヌ”、とは言い切れない感がしています。

たまに、日本的にアレンジされた地名表記について考えることも必要です。当地に旅行に出かけて、あまりにも日本的な読み方で発音すると、それどこ、みたいな顔をされるからです。明治時代の大学者や文豪が、誤読してカナ書きにしたのが、そのまま通用している例が多いとのことです。権威の影響力の負の一面を垣間見たような気がします。

バイヨンヌは、ガイドブックに書いてあるように、主流アドゥール川に注ぐニーブ川の合流点に市街地が形成された河港の街です。ピレネーに発し、下流のビアリッツに注ぐアドゥール川は水量も多く、悠々と流れていました。バスクの余裕を象徴しているような光景です。
DSC05303
( アドゥール川と、右岸のバイヨンヌ新市街。バスクムードなし )


3) フランス・バスクの洗練:Pays Basque

フランス側のバスクは、スペイン側以上に洗練度の高い地域です。
「フランス側は、フランスのバスク地方」だと感じました。スペイン側に行くと、「マドリードやバルセロナとは異なる独特で高級なバスク」だと感じます。同じバスクでも、いろいろあるんだなということが体感できます。

DSC05206
( バイヨンヌの典型的な旧市街風景 )
DSC05451
(スペインのドノスティア(サンセバスチャン)の雰囲気と少し違う)

そもそも、観光案内所からして、フランスっぽいお洒落な造りです。

DSC05283
( バイヨンヌ市観光案内所。バスク広場:Place des Basques  )

「あんた、それは、ちょっと違うよ」
「えっ?」
「パリとか、ボルドーとかが、俺たちバスクの雰囲気に似てるんだよ」
そこまでは、言い過ぎだと思います。

どこが印象の決め手になっているのか、考えました。
自然は、緑いっぱいで、フランスっぽい感じです。
建物の壁や屋根の色使いが、少し色のついた白や灰色系が多く、茶色系が多いスペインと異なった印象です。
総じて手入れがよいので、普通のビル街でも清潔感、金持ち感が強くにじみ出ます。
案内表記や看板がフランス語なので、フランスだと思い込んでしまいます。

このような要因が重なり合って、フランス・バスクの印象となっていると思いました。
もちろん、大聖堂やニーブ川の両岸を中心とする観光の中心部は、バスクムードいっぱいの建物が視界に広がり、観光客も大満足です。


DSC05214
( ニーブ川両岸の観光地区はバスクムードいっぱい )

バイヨンヌ旧市街を二分するニーブ川の両岸には、バスク風に窓枠を濃い緑や赤茶色に塗ったマンションが立ち並んでいます。上の写真左が、グラン・バイヨンヌ:Grand Bayonne でお店いっぱいの地区、右がプティ・バイヨンヌ:Petit Bayonne で、主に閑静なマンション街です。

DSC05233
( バイヨンヌ大聖堂近くの、お土産屋通り )

バイヨンヌの街のシンボルは大聖堂ですが、窓枠の印象が強烈なマンション群は、川の両岸にほぼ集中しています。大聖堂から坂を下った旧市街のショッピング地区もバスク風建築が多いです。観光客は、やっぱり、こういうバスク風を見ないと気持ちが収まりません。


4) お買い物するぞ

お買い物にバイヨンヌに来たので、お店を見て歩きます。21世紀のシニア男性は、むかしの男と趣向が変わってきたのです。

まず、良さようなレストランで、フランス・バスク料理を味わいます。ランチタイムは1時ごろからです。
近くの海辺で採れた小魚のフライがあったので、前菜として注文しました。地産地消なので、とても美味しいです。

DSC05210
( ニーブ川岸に並ぶバスク料理店 )

食後は、大聖堂を見学しがてら、お店の並ぶ通りを歩きまわりました。
食料品では、質の良いハムや地元のチーズに目が離せません。生ハムは日本に持ち込むことができないので要注意です。

DSC05234
( バイヨンヌ中心部の食料品店 )

続いて、バスクリネンを物色です。
事前情報のとおり、リネン専門店が数店あって、私には十分でした。かなり高いです。
タオル1枚とかを記念程度に買いたいならば、ほとんどのお土産屋さんに、小物のリネンは置いてあります。

DSC05287
( 市内中心部のバスクリネン店。専門店が数店ある )
DSC05261
( 大聖堂が顔を出すバスクムードあふれるショッピング街 )

お菓子屋さんでは、ガトーバスクを見るだけ。近くのアイスクリーム屋さんでは、久しぶりにフランスのアイスを食べました。

DSC05286
( 市内中心部のお菓子屋さんの例。何店もある )

普通の観光みやげ店にも入ります。バイヨンヌのマグカップとかマグネットとかも買いたいです。
中国製もあるので、じっくり見まわしますが、お店の主人曰く、
「デザインはこっちで指示しているから問題ない」
そういう問題ではないのですが。

土産店は、看板の文字こそバスク風を出していますが、建物とか店内の陳列とかはフランス式です。バスクムードは観光用と、割り切っている感じです。

DSC05225
( 大聖堂近くのバスク風看板の土産店 )


5) チョコはやっぱりバイヨンヌ

歩いているうちに、お腹もこなれてきたので、本命のチョレートの老舗、カズナーブ:Caznave を探して入ります。店舗も奥のサロンも営業時間は、午後7時までです。スペイン流の時間感覚では考えられません。頭をフランス流に切り替えないと、ドアを閉ざされてしまいます。
カズナーブが店を構えるポールヌフ通り:Rue Port Nuef は、チョコレートの名門店がアーケードの両側に散在しています。カズナーブの隣りがダラナッツ:Daranatz、はす向かいにラトリエ・デュ・ショコラなどなど。
ここには、ブティックや宝飾店もあり、バイヨンヌのクラシックな目抜き通りのひとつです。

DSC05265
( カズナーブ:Caznave。 奥の赤茶色の看板がダラナッツ  )


DSC05270
( ダラナッツ:Daranatz。 突き当たりは、川の合流点付近 )

DSC05264
( ラトリエ・デュ・ショコラ:L'Atelier du Chocolat   カズナーブはす向かい)

この中で、もっとも知名度のあるカズナーブに入ります。道沿いがカフェ、続いてチョコレート販売ブース、一番奥がサロン・デュ・テ:Salon du The* という喫茶部です。

DSC05268
( カズナーブ店前の歩道上のカフェの様子。多分、奥と同じサービス )

DSC05267
( カズナーブのサロン・デュ・テ室内。観光客がほとんど )

喫茶部の売れ筋のショコラとトーストのセットを注文し、絵に書いたような観光客ぶりを発揮します。お店側も分かっているみたいで、「はい、了解」と、笑顔で対応してくれます。午後5時前ですが、観光客がほとんど。みんな、どんなものが来るやら、という表情で行儀よく待っています。格式高い”サロン・デュ・テ”ならではの光景です。
ショコラは、いわゆるココアですので、甘いです。トーストは普通です。話のネタには、とてもよい体験です。
最後に、各種チョコレートを買って帰ります。チョコレートの包装裏面は、創業の地バスクに敬意を表して、第一言語は、”Baiona Caznave, Eskuz Eginiko Txocolatea ”とウスケラ (バスク語)表記です。

201709カズナーブチョコ 裏面
( カズナーブの板チョコ。裏面の商品説明 )

これで、バイヨンヌに来た甲斐がありました。

「おっと、まだ、サントマリー大聖堂:Cathe*drale Sainte-Marie見物を忘れてませんか」
「では、さっき行ってきたので、ちょっと披露。立派な建物ですが、もう教会、見飽きました」

DSC05229
( 大聖堂正面。入口は向かって左手奥です )

DSC05242
( 大聖堂の内陣。とても立派なゴシック様式です )

DSC05252
( 中庭:Cloi*tre。美しい造りです )

せっかくですので、堂々たる構えの市役所と、水面を渡る風にフランスを感じてしまうバイヨンヌの母なる川アドゥール川風景も見ておきましょう。

DSC05301
( バイヨンヌ市役所:Ho*tel de Ville,  Bayonne 。ポールヌフ通りから川沿いに出た場所にあります )

DSC05324
( アドゥール川と夕陽に染まるバイヨンヌ旧市街の対岸。左の少し高い塔がSNCFバイヨンヌ駅舎)

フランスの豊かな中規模都市の良さを体現しているような場所です。食べ物が、とても口に合うのが何よりです。
バイヨンヌは、専門家でもない限り、1日居れば、観光スポットとお買い物が十分楽しめる場所です。言葉もフランス語ですが、ご先祖様に敬意を表してウスケラが、主要案内に併記してあります。スペイン側のように二言語地域ではないので、あれこれ瞑想にふけることもありません。

地理上の理屈では、バイヨンヌとスペインの日の出、日没は10分と変わらないはずなのに、9月の午後8時を過ぎると、空も暗くなり、目抜き通りから人通りが急速に途絶えます。ドノスティアあたりだと、さあこれから、という時間帯に、こちらでは、観光客向けのレストラン、カフェを除けば、静寂が街角に広がり始めます。

DSC05328
( 夕暮れのバイヨンヌ。ニーブ川から大聖堂の尖塔を見る )

”静かに眠れバイヨンヌ”

                                                           Jan2018 了

* 印:アクサン記号がつく文字









  • ライブドアブログ