やまぶきシニアトラベラー

気まぐれシニア・トラベラーの旅。あの日から、いつか来る日まで、かつ、めぐりて、かつ、とどまる旅をします。

ドノスティア・サンセバスチャン

辛口のサンセバスチャン

辛口のサンセバスチャン

今は昔、これほどたくさんの日本人が、サンセバスチャンにやってきてレストランやピンチョスバルを楽しむことなど、予想だにできませんでした。

私は今回の旅にあたり、老若男女、プロ、アマを問わず、いろいろな人たちによって書かれたサンセバスチャン旅行記やブログ、雑誌などを読みました。

DSC05412
(  陽光に輝くコンチャ湾  Donostia/San Sebastian  )


美しいコンチャ湾の海岸風景、星付きレストランのバスク料理、そして、時には人混みをかき分けながらめぐったピンチョスバルの、ほっぺが落ちそうなくらい美味しかった小皿料理やチャコリ。旅する人々は、異口同音に、美しい眺めと美味しい食べ物を絶賛します。ドノスティア(サンセバスチャン)市当局にとって、これ以上、望むものはないのではないかと思えるくらいの内容です。

けれども、私は皆さまの素敵な体験談を読むうちに、少し悲しくなってきたのです。

もちろん、一人ひとりの忘れ得ぬサンセバスチャンの思い出に、水を差す気はこれっぽっちもありません。また、高級リゾート地ドノスティアに、観光客を呼び込み、発展を促すための関係者のアイデアや努力に異議を唱える気持ちも皆無です。

ただ、思ったのです。

「ここの旅行記や記事って、誰が書いていても、みんな同じだよね」
「と、いいますと?」
「美しい風景描写と美食レストランや絶品ピンチョスバルの説明に終始していますね」
「だって、そのとおりでしょ」
「屁理屈みたいですが、それが、本当に、サンセバスチャンの真の魅力なのでしょうか?」
「つまり、なに?」

私は、コンチャ海水浴場の景色は、バスクの誇りと文化を感じてもらうためのきっかけみたいなもの、ピンチョスバルの美味しい小皿や地酒は、”そで触れ合うも他生の縁”、という、ご当地のバル文化の温かみを肌で味わってもらうための撒き餌みたいなものの気がしています。

「あんまり難しいことを考えなくていいんじゃない。旅行に来て、きれいな景色見て、うまいもの食って帰るのが一番!」

このような、大勢の方のお気持ちを十分、分かったつもりでの私自身の気持ちです。

ささくれだった心が和らぎ、いつまでも愛する人に抱かれていたいような気分になるのがドノスティアの魅力、ということはないのでしょうか。にわか友達の旅人といっしょにピンチョスを口にするとき、一期一会の縁に深く感謝する気持ちでいっぱいになることはないのでしょうか。

サンセバスチャン物語では、美しいコンチャ湾に感嘆し、有名レストランや評判のピンチョスを、効率良く、あるいは細大もらさず食べ歩くことに夢中になっています。他のパターンの展開は皆無です。
他のすべてを忘れさせるくらい、サンセバスチャンの美食体験は、強烈ということかも知れません。けれども、それでは、ドノスティアやスペインバルの魅力の半分だけを見ているに過ぎないような気がします。

DSC05499
( 夜のとばりが迫るドノスティア旧市街のバル街 )

バルでは、カップル、あるいはグループの方々の顔ばかり見ていないで、よそのお客とチラッと視線を合わしてみてはいかがでしょう。ふと、目が合ってほほ笑んだことがきっかけとなり、二言三言、あるいは、それ以上、自然の成り行きとして言葉を交わせるバルの気の置けない雰囲気に、もっと気持ちが傾かないのでしょうか。もう、二度と会わないかも知れない30分だけのピンチョスバル友達に、「アグル=またね」と言って別れた余韻にひたることはないのでしょうか。お互い、サンセバスチャンへたどり着くまでに長い道のりがあったはずです。遥か彼方からやってきたニッポン人に、イギリス人もバスク人も、きっと興味をそそられるでしょう。

私の妻も、スペインのバルで、隣のテーブルに座っていたおじさんと私たちの目が合ったのが運の尽きでした。珍しい顔つきのガイジンと話がしたくて、うずうずしていた好々爺のおじさんに、ワインの一杯をおごってもらうわけでもなく、スペイン語で延々とニッポン礼賛論やアメリカ旅行談を聞かされたことを、印象深過ぎるスペインの良き思い出として語っています。

ボルダ・ベリ、ゴイス・アルギ、ガンダリアスなどに代表される有名ピンチョスバルめぐり記は、残念ながら、もう旬ではないと思います。その陰としての、隠れ家バル探訪記も同様でしょう。一皿の料理や、一杯の飲物を通して、旅行者のひとりひとりが、バルで何を感じ、何を思ったかを語ることが、とても大切な気がします。

なぜなら、ピンチョスバルの数には限りがありますが、旅行者の感動体験の数に限りはないからです。

たとえば、同じ飲み屋でも、スペインバルと、イギリスのパブでは、明らかに雰囲気が違います。楽しむポイントも違うと思います。注文の品と引き換えにお会計をするイギリスパブと、大混雑でも後会計をまもるピンチョスバルに、旅の者が感じることは同じなのでしょうか。そんなテーマでの異文化体験も読んでみたいのが、私一人だけというのは、とてもつらいです。

Free picture of UK PUB2018
( イギリスのパブ:フリー画像より引用 )

多種多様なドノスティアの魅力、サンセバスチャンでの感動が広まることを願いつつ。


             2017/9訪問           了  2018年1月



リッチで繊細なドノスティア

リッチで繊細なドノスティア    2017年9月


1) はるか彼方のサンセバスチャン

バスク旅行をする日本人観光客の人気ナンバーワンは、おそらくドノスティア: Donostia でしょう。スペイン語で、サンセバスチャン: San Sebastian と呼ぶ高級リゾート都市です。バスク地方の主要都市のなかでは、もっともウスケラ ( Euskera /  Euskara  / バスク語)が、聞こえる場所だという評判です。

DSC05414
( ドノスティアが、言語にかかわらず正式名称。サンセバスチャンは、当局の表示には書いていないことが多い。 左や上がウスケラ、右や下がカステヤーノ=スペイン語 )

ビルバオ派の私にとっては、少し残念ですが、多くの日本人が、バスク旅行の結果、ドノスティアに惹かれるのも納得します。何しろ、もともと高級リゾート都市として発展してきた街ですから、観光客に好かれて当然です。
「人気のドノスティア、経済力のビルバオ」、でしょう。

DSC05427
( Donostia中心部遠望。手前旧市街、ビル街が新市街 Sep.2017 )

私のドノスティア感を一言で表すと、”フランス風”です。

バスク一帯は、もともと独特の雰囲気を持っています。その中でも、ビルバオとドノスティアの雰囲気は違います。普通の観光客でも、半日居れば分かるくらい違います。私の頭の中で、ドノスティアをイメージするキーワードは、リゾート、ハイセンス、ビーチ、物価高、フランス領事館などです。

DSC05435
(   コンチャ海水浴場とイゲルドの丘。Donostia / サンセバスチャン )

私のドノスティア事始めは、ここのフランス領事館に入国ビザを取りに行った1986年9月です。

当時、フランス国内で頻発したテロ対策のため、フランス政府は突如、EU以外の国籍の旅行者にビザ取得を義務付ました。翌朝、それを知らずにビルバオ発の直通バスでフランスに行こうとしていた私は、国境のアンダイで検問に引っ掛かり、ビザ取りのためにサンセバスチャンに引き返しました。街並み観光をするどころではありません。それでも、「高級マンションが整然と立ち並ぶ上品な場所だなあ」と、マリア・クリスティーナ橋付近の景色を見ながら感じたことを、今でも記憶しています。ビルバオと違い、30年以上経っても、街のみやびな雰囲気は同じです。
ビザ発給の待ち時間に近所のバルに入りましたが、ピンチョスブームの気配もない時世でした。

スペイン語名サンセバスチャンのことをウスケラ:Euskera/Euskara、つまりバスク語でドノスティアと呼ぶことを知っている日本人など、当時は皆無。今でも多くはありません。その後の約20年間で、初めてドノスティアという呼称を知っている方にお会いしましたが、聞けば、親御さんのご縁でドノスティアに泊まったことがある方でした。

鼻持ちならない閑話休題ですが、さすがに、そのお方もバスク語の現地呼称がウスケラとか、(エ)ウスカラというのは、記憶にないようでした。21世紀初頭の、日本人観光客のバスク意識の一端を垣間見るようです。

DSC05400
( 市内案内表記。ウスケラとカステヤーノ。Donostia Sep.2017 )

ですから、昨今のバスク人気上昇を知るにつれ、良かったねという気持ちになるのです。


2) 風雅で繊細なドノスティア

2017年のドノスティア、スペイン語名サンセバスチャンは、きらきら輝く精巧なガラス細工のような都市でした。街中の雰囲気は、フランスのバスク地方と共通する部分がたくさんありました。ひょうひょうとして、取り澄ましているけれども親切、という雰囲気です。

DSC05432
( モンテ・ウルグルの頂上から望むコンチャ海水浴場 )

都市の歴史や、コンチャ海水浴場に代表される観光名所の詳細は、多くの方々が語るとおりです。三ツ星レストランやピンチョスバルのレベルの高さで食通をうならせる美食都市ぶりも、万人の褒めているとおりだと思います。
未体験者にとって、サンセバスチャンやビルバオは、想像を絶する整然とした高級感を持つ”スペイン”です。「ちょっと”地方都市”めぐりをするか」という、上から目線感覚が、木っ端みじんに打ち砕かれると言っても過言ではありません。ですから、旅行記では、単調な紹介文を書くだけで、気持ちがいっぱいです。

私は、そういう輝きの奥に、バスク州ならではの複雑な思いが、街路の標識や、お店の看板に込められているような気がしています。
サンセバスチャンというブランドで、街のイメージと経済のいくばくかを支える誇り高きドノスティアが、いつまでも人々の記憶に残ることを祈ってやみません。


3) リッチなドノスティアを歩いて

9月のドノスティアは、頬に当たる空気もだいぶ涼しくなってきていました。青々としたコンチャ湾:Bahi*a Concha / Kontxa baieの色も、高度を下げた太陽の光のせいか、真夏にくらべると、少しばかり黒い濃さを増しています。浜辺で日光浴をしたり、海の中に入っていく人は、めっきりと減り、みんな海岸沿いの遊歩道を行ったり来たりするようになっています。

DSC05448
( 海水浴客もほとんどいなくなった初秋のコンチャ海水浴場 )

DSC05392
( カンタブリアの海の色は、濃さを増しつつ )

多くの方々のドノスティアに対するイメージは、ほぼ新市街地の印象です。
テラスが出窓になったバスク風高級マンション街の雰囲気に、私たちは、一目ぼれのような衝撃を受けます。高さやデザインがほぼ揃った、均整の取れた美しい市街地が延々と続きます。歩道の敷石の欠けとか、修理途中で放置されているような建物も、まず、見当たりません。全然、荒れた感じがしないことも、好印象の理由です。
「こりゃ、すごい高級なところへ来たな」
と、ほとんどの人が感じます。


DSC05373
( ドノスティア (サンセバスチャン) の大聖堂と、付近の高級マンション )

DSC05372
( 新市街の中心部は、整然とした高級マンション街 )

物価も相当高く、お隣のフランスより少し安いくらいでしかありません。
「どうりで、ホテルが高いと思った」
そのとおりです。9月になったというのに、1泊100ユーロくらい出しても、清潔で便利ですが手狭な部屋しか取れません。

欄干や両岸の彫刻が目を見張るばかりのマリア・クリスティーナ橋や、同名のホテルを眺めるにつけ、
「ここは、金がかかる街だ」、ということに、あらためて納得します。

DSC05374
( 美術品のようなマリア・クリスティーナ橋。RENFEの駅の近く )

DSC05486
( 川沿いのホテル・マリア・クリスティーナと背後のウルグルの丘 )

DSC05445
( ドノスティア市庁舎。旧市街と新市街の境目付近のビーチ寄りにある )
DSC05402
( 安心度100%。観光ムード満点の旧市街の通り。ドノスティア )

大半の観光客は、1泊2日だろうが、1週間滞在型であろうが、ピンチョスバルめぐりを楽しみます。
私も体験者として思います。

「バルは楽しむものです。スマホにランキングデータを入れておいて、食べた、行った、とチェックしながら回る場所ではありません」

「そうは言っても、ダンナあ。一生に一回、来れるか来れないかなんだからさあ。名物ピンチョスが30ユーロでもいいんだよ」

それも、ひとつの見識として承りました。

「でも、バルが楽しかったんではないですよね。バルに行ったこと自体が、楽しかったんですよね」

「細かいことに、いちいち、うるさいなあ!」

DSC05418
( ランチタイム前の旧市街のピンチョスバル街 )

DSC05502
( 大にぎわいの、夜のピンチョスバル街 )

私も、ドノスティアでは、典型的な1泊観光客です。観光案内を見ながら、市内めぐりとピンチョスバル体験をしました。とても、すがすがしい午後の時間と、後悔も含めて、エキサイティングな週末ピンチョスバル体験をすることができ、大変、満足しています。
「一期一会のオーストラリア人のお姉さん、ありがとうございました」、です。

わずかな体験から感じたことは、ドノスティアは、サンセバスチャンという食通ブランドを世界にアピールしながら成長している観光都市だということです。自然環境良し、治安良し、都市づくり良し、食べ物良しの魅力的な街です。何人もの日本人や外国人が、お母さんの胸に抱かれるような、安らかで清らかな気分に惹かれて、ここに移ってきた理由が、よく分かります。

お仕事に恵まれて、この地で憂いなく眠れますよう、祈念してやみません。

                                                             了








  • ライブドアブログ