パリの門めぐり4  サンマルタン門     2021年2月記

パリの門、4番目の訪問先はサン・マルタン門です。
Parisサンマルタン門近影0504
( 午後の日差しに映えるサン・マルタン門)

「聞いたことないなあ。どこにあるの?」
「メトロ4号線や10号線の、ストラスブール・サンドニという駅で降りたらすぐの場所です」
「へえー。でも、あんまり観光では行かない場所ですね」
「ええ、至って普通のパリの街並みが続いています。観光客のいないパリの風景って感じです」

サン・マルタン門は1674年に完成したそうです。すぐ近くにあるサンドニ門と双子のような門です。どちらも、あのルイ14世の命令で建設された記念碑的な門です。実用性はありません。

198008サンマルタン門ルモニエ事務所から望む汚れ有の頃 (1)
( 近くの建物からのぞいたサン・マルタン門)

40年ほど前のサン・マルタン門は、自動車の排気ガスで、やや黒ずんでいました。石組のへこみには雑草も生えていました。邪魔者扱いまではいきませんが、長い間、あんまり手入れしていなかったようです。ところが、2019年に近くを通ったときは、きれいに化粧直しされてベージュ色の美しい姿で建っていました。パリ美化作戦のひとつとして、すす払いをしたようです。

Parisサンmarutann門あれこれ0504 (5)
( パリの日常に溶け込んだサン・マルタン門)

サン・マルタン門は、昔も今の当たり前のようにパリの街並みと一体化しています。けれども、パリで、門のある街角なんて、ここと、お隣のサンドニ門くらいで、実は珍しいのです。

3度目、4度目のリピーター観光客となったら、たまには、ストラスブール・サンドニ駅で降りてみましょう。名所めぐりでは味わえないパリの雑多な日常も体験できます。ついでに、大通りの交差点そばにあるスーパー「モノプリ:Monoprix」にも寄れます。

「うーん、東京でいえば五反田とか錦糸町みたいな感じかな。それなりの繁華街でにぎやかなんですが観光客と縁遠い」

                                                                了