やまぶきシニアトラベラー

気まぐれシニア・トラベラーの旅。あの日から、いつか来る日まで、かつ、めぐりて、かつ、とどまる旅をします。

2020年03月

Le Petit Trianon. Marie-Antoinette's Glory and Ruin

Le Petit Trianon  Marie-Antoinette's Glory and Ruin       

 Visited April 2019

There are two royal villas towards the back of Versailles garden. The first one is named as Le Grand Trianon, and the second as Le Petit Trianon. Smaller number of visitors only walk into both Trianon, because most of typical tourists do not hold enough hours for Trianon visiting. They might be either extremely exhausted by long walk with cloudy palace site visit.
VersaillesPetit Trianon402宮殿正面

 

If you are mania to “ The Rose of Versailles “ ,one of top popular Japanese-French hybrid style musical show , I highly recommend Le Petit Trianon visiting must be a basic route for its traceability of  the musical. Because Le Petit Trianon is considered even in good or bad, as Marie-Antoinette’s symbolic monument. It is up to your feeling whether admiring villa’s elegant scene by making fancy retroactive days or sharing fairly anger of  Mr. Oscale of the musical main cast, to Marie-Antoinette and her surroundings without respecting citizens’ difficulties in their life.

 

Le Petit Trianon is about 2 km away from  the main building of the Palace of Versailles, approaching there in about a 20 minute walk. Visitors are lead to enter into the left side of the main building.


VersaillesPetit Trianon406メイン階段で2階

Highlights are the elegant interior of the building and the vast English garden extending to the far right. They put a nickname now for Le Petit Trianon as "Domaine de Marie-Antoinette",which means “Territory of Marie-Antoinette “. Originally it was built for an official mistress of Louis XV's Lady Pompadour. Now we imagine simply Le Petit Trianon as Marie-Antoinette’s historical monument, since she died before the completion.

"It's good to be easy to understand"

“Awful Austrian wife’s of  Marie-Antoinette territory, Le Petit Trianon was.”

I believe this is one of reason that Le Petit Trianon was not so popular visiting site until people were changing its historical evaluation for Marie-Antoinette from a bad women to just a queen of Bourbon dynasty in late 18th. Century.

VersaillesPetit Trianon408控室


I entered the main building first, then went upstairs to see the residence. The ground floor hold entrance, kitchen and guard waiting rooms. Up the stairs, I found a famous portrait of Marie-Antoinette on the wall in the room to the right. The atmosphere of the easy-going madam itself was often seen. Outside the window, a French sytle garden leading to Le Gran Trianon was exposed to rain.

VersaillesPetit Trianon411ゲーム室

Continue to the saloon where the room for a private party venue, the interior of the soft feeling stuck to the eyes. Next was the living room and saloon where Marie Antoinette spent her time with her children or savage friends. At the end was a small dining room with light blue colour on white background. If you hide the window with a mirror there, you could not look in from the outside. There was a lot of rumor that Marie-Antoinette had a meal only with her Swedish lover of Earl Felzen, but what was the truth? We often confuse with facts and rumors. I believe it was impossible in any case for Marie Antoinette to secretly have invited her lover to eat "only for two" without servants etc.

 
VersaillesPetit Trianon412西端の寝室

The corner room was Marie Antoinette's bedroom. Where did the children sleep? Beds at that time were everywhere packed. She laid her pillow on her back and slept halfway, leaning back, so this size seemed to be enough. Also, I wondered when they talked about love together, did they remained that way?

VersaillesPetit Trianon413トイレ後付け

There was a toilet and a bathroom behind the bedroom. It seemed to bet a post-revolution specification about 30 years after Marie-Antoinette was there, but it was quite a fine structure. There was a bathtub on the wall of the toilet, and servants seemed to pour hot water into the pot when bathing.

As always, sightseeing has the aspect of "giving visitors the way they want to see it", so you have to understand technical book as much as it is true.



VersaillesPetit Trianon421愛の殿堂

I went out and saw the Royal Villa, Lover's pavillion a little far away. I felt that it was a healing space that stood small in green. However, as we knew, She  arrived at fatal end when she overlooked the citizens and surroundings without political consideration. There may be some historical unluck, but it certainly isn't.

Let's just walking around in a jerky mood, "Everything is beyond history."
 

VersaillesPetit Trianon432アモー王妃の家と池のどか

Le Petit Trianon has gained more attention due to the recent Marie-Antoinette boom. Once we walked into the garden for about 10 minutes from the main building, we could see a large pond and several flurry farmhouses over the trees. That was "Hameau"  of which means "rural village scenery". It is translated as "Queen's Village" in guidebooks.

"Hameau" is Hamlet in English. I remembered either Shakespeare's famous tragedy "Hamlet". I thought "Hamlet"was the hero's name, but it seemed like a nickname. We may feel it like "The tragedy of the countryside prince", if we translate it into Japanese by meaning. To Shakespeare himself, he may have wanted to convey the nuance of " the sadness of a prince who can't survive, with a little tragedy".


VersaillesPetit Trianon434アモー王妃の家と隣家


 The building at the heart of Hameau, is named as La Maison de la Reine ( The Queen’s House ) with  unforgettable visiting point more than the main building.

 Everyone, your thoughts will cross your own heart.
"What's the highlight of this rustic country house?"
"Wow, we've finally approached at Marie Antoinette's favorite residence!"

I thought, "Was this the story of Hameau's "La Maison de la Reine " that I heard rumored. I was deeply moved by the easy Queen's relics?"

 
The interior looks like an elegant and elaborate structure different completely from the exterior.

The official website of the Palace ofVersailles explains the interior of the Queen's house with images as attachedits website address below.

http://en.chateauversailles.fr/long-read/queens-house#the-queens-house

 This building is " a public open area where you can't tour freely." However, a guided tour organized by the palace, including an inside tour of the Queen's House, is also released from May 2018. The date and time of the event can be checked on the official website. As of September 2019, the extra cost for guided tours is 10 euro per person same as other guided tours.

VersaillesPetit Trianon王妃の家の裏から

I took a quick look at La Maison de la Reine  and the surrounding country houses.

The first was behind the spiral staircase of  La Maison de la Reine.  In the distance, we could see a watermill-like building and also see a so-called kitchen house behind. Alongside  La Maison De La Reine, we could have an eye on a fishing hall called "Marlborough Tower". The pond water was not so transparent, but there were fish and ducks, even though no luxury coloured Japanese carp.


VersaillesPetit Trianon437アモーと左マルボロー塔

 When we reached the position to look over the whole pond, we found that the country houses were lined up casually,c entering on " La Maison de la Reine ". It was a ultimate picture scroll, calculated in the countryside.

I wondered which reaction you minded favourable or ridiculous on this scene. The results of history have already come out, so I felt that it would be best for tourists to enjoy the beauty of Hameau's artificial rural landscape. For me, it was a spectacle with an innocence.

VersaillesPetit Trianon438マルボロー塔と黒ヤギ

 I imagined priceless cost for construction and maintenance. Of course, as Marie Antoinette advocates claim,"it was known amount to be about hundreds millions US dollar equivalent amount compared to the huge amount of national debt at that time", but it was definitely an expenditure on the other hand that could be saved.

 "But it's comfortable and cozy. I love living like this."

Reported on March 2020                                              End









Let’s walk into Versailles Designated Visiting Area

Let’s walk into Versailles Designated Visiting Area      April 2019

I and my family preferred to choose an official guided tour by the Palace of Versailles for special viewing area of king’s private rooms and opera. I booked it on the official website of the Palace of Versailles with supplementary 10 euro per person. It was a group of about 25 people on a fully booked English guided tour.

Versailles113A時計の間

 

I hope you enjoying more about Versailles by approaching this service on the website :

http://en.chateauversailles.fr/plan-your-visit/tickets-and-prices?visite-tid=2

Bベルサイユ王様の私室英語ガイドツアー時間指定e-ticket

 

The reception was located in the building on the right, Aile des Ministres Nord. Only a handful of people headed to the reception without catching the public's attention. The most scary thing for Japanese was envy. Once typical Japanese may imagine us by unfair approaching despitet he proper ticketing steps, there's nothing you can do about it.


Pressing the reception door, there was a staff in charge, and after a word of “bonjour”, the staff checked and confirmed our tickets immediately. And they brought us to one of the waiting rooms along the corridor behind. The walls of the waiting room were designed to create a Versailles mood in each room, but it was a simple impression. The wooden floor seemed to be high-grade, but there was no gold shiny.


Versailles105Aガイドツアー待合室と壁面

I found timely a series of the shadowfigures of the king, queen, and official mistress on the wall.

"Look!  there's  Marie Antoinette. She is only the woman with gorgeous headdress. "

My friend of Versailles' musical mania suddenly glowed when she saw the shadow. "Does Marie-Antoinette appear in such a place?" Everyone should have experienced the moment when they realized that the famous historical musical was next to us closely.

 

Without knowledge of French history, it would be difficult to understand the position of the shadow figures in the history, but I thought it was enough to enjoy the atmosphere of the room, which gave the mood of visiting the palace.

 About 5 minutes before the starting time, a staff appeared, then handed out exclusive earphones to participants, and drilled a performance test. The guide also came into the waiting room, introduced herself and explained a routing. She suggested additionally that the participants of the guided tour were distinguished by the exclusive earphones, so that they should always wear them.
Versailles106宮殿真正面 顔塗り
 

We started the tour punctually by approaching the "B" gate of the main building for tours and other visitors, entered first with a security check, and left the royal courtyard: Le Court de Bonheur in front of the main entrance. Then, we finally entered the area where self-guided visitors were off.

Versailles111a外交団通行階段


The king’s private rooms of Louis XV were near the first floor on the right side of the main building, where were probably backside of a series of official king’s room with a lot of visitors. We stepped up a stunningly coloured staircase, and then approached rooms coloured by calm gold leaf, followed by a stunning gold shiny. I understood there were two types of king's dwellings: so-called half-formal private space and private living space. The former space seemed a space for particularly important guests and acquaintances with invitation. The latter was used to be a true private space, for only a family, a close friend, and super VIP guests.

Versailles113A時計の間


Both spaces were decorated luxuriously by the basic design of Versailles of gold and white, where ceiling paintings from Greek mythology, and shining chandeliers. However, I felt the front was more luxuriously made with emphasis on appearance. The internal space seemed to be made for easy living. For example, internal rooms were facing south enough for having get sunshine even in the middle of winter. Because stone buildings might be frozen down unimaginably in winter. The floor plan was also assigned to increase the heating effect. Avoiding overly fancy decorations, the room was elegant and calm for private living.

Versailles116王の私的食堂か居間

 As you know, most of the furniture in the Palace of Versailles were sold off at auction during the French Revolution to have funded against foreign and rebel forces. We should consider a luckily historic background when we looked the palace building itself remained free of charge. Otherwise all palaces and its interiors might be sold off or destroyed in that revolution situation where all of European kingdoms unanimously tried to crush French revolutionary government as a traitor against monarchy system.

 Most of the furniture there is a remnant of what was recently bought back or prepared for some event. On the other hand, the walls, ceilings and chandeliers were original with super gorgeous. It has an irresistible beauty excessively writing usually.

Versailles117王の音楽のサロン

Once we looked Versailles, all palaces of the same style can only be viewed as replica with feeling that "no compared to Versailles."  The Japanese State Guest House (Akasaka Imperial Palace) is, for example, no exception. I felt at the same time, Japanese unique value for monotone beauty, and for invisible sign is definitely another supreme culture compared to this kind of French royal culture. Both culture are pursuing supreme goal of each logic like freak ( otaku, ultra mania ).

Versailles118ルイ16世の図書室

 Here were some pictures of Louis XV's private rooms, Louis XVI's library with a gorgeous, elegant and noble atmosphere. The guide said Louis XVI's hobbies was lock-smithing and world geography. The former was very famous, but the latter was first heard to me. I believe not all kings are blessed with political talent, so it would be best to have a hobby by costing less. In my opinion, this seems to be the same regardless of century, east or west.
Versailles121天井画見事一般エリア重複

The guide opened the door of the game room and let us releasing a non-guided visitors’ route.

"The king and royal family have appeared from private space to official space like this."

I was very grateful for the guide's explanation and good guidance. However most visitors seemed unaware us, unfortunately completely different from monarchy age.



Reported on March 2020                                     End




こんにちはバンテアイ・スレイのデヴァターたち

こんにちはバンテアイ・スレイのデヴァターたち   2019年10月訪問

バンテアイ・スレイの女神像のデヴァターは、アンコール・ワット遺跡群のなかでピカ一だと思います。

美しい赤銅色で、彫りが深いため印象が強烈です。顔の表情も温和で、皆んな幸せそうに微笑んでいるようです。ちょっとがっかりなのは、見学ポイントから像までの距離があるので、肉眼では像の細部まで見にくいことでした。

0241バンテアイスレイのデヴァダー (27)
( 遠目にしか見えないデヴァター )

私は、別のブログで紹介しましたように、その中でもトップの美しさを誇る「東洋のモナリザ」と称えられているデヴァター像を見逃してしまいました。けれども、その次に美しい女神や、ボーイッシュな雰囲気の現代感覚のデヴァター像を見ることができました。それらの女神たちを、まとめて鑑賞することにします。
0241バンテアイスレイのデヴァダー (1)
( はにかみがちな伝統的な衣装のデヴァター )

0241バンテアイスレイのデヴァダー (8)
( きりりとした顔つきのデヴァター )

0241バンテアイスレイのデヴァダー (26)
( 笑顔が少なめのデヴァターもいました )

デヴァターは、実在の女官がモデルと言われているので、ふたつと同じ顔つきの像はありません。現役当時は、各人各様に着飾り、女の園の戦いを繰り広げながらも、優雅な暮らしをしていたのでしょう。

皆さんは、どういうタイプのデヴァターがお好みですか。

0241バンテアイスレイのデヴァダー (11)
( 顔が少し崩れて表情が見にくいデヴァター )

0241バンテアイスレイのデヴァダー (33)
( この像も、欠け方が激しいですが口元の笑みが感じられます )

0241バンテアイスレイのデヴァダー (21)
( やや彫りが浅い女神もいます )

バンテアイ・スレイには、オーソドックスな衣装ではないデヴァターが数体あります。カラダの線が出ている衣裳をつけた上半身ヌードのボーイッシュな雰囲気です。現代人にも、そのままで通じるような美しさがありました。私は、こちらのタイプにけっこう気を奪われてしまいました。

表情から推察すると、性格もさっぱりタイプで、あっけらかんとした賢さを感じました。

0241バンテアイスレイのデヴァダー (24)
( 現代風のデヴァター。すっきり美人 )

0241バンテアイスレイのデヴァダー (9)
( こちらもボーイッシュですが、表情がイマイチ )

いろいろなデヴァターが、保存状態も良く残っているバンテアイ・スレイ遺跡に、是非、足を運ぶべきです。私も、ここを見物コースのひとつに選んで、とても満足しています。

デヴァターさまたち。いつまでも美しいお姿で、世界中の人々を惹きつけてください!

2020年3月記                                      了

東洋のモナリザに振られたバンテアイ・スレイ

東洋のモナリザに振られたバンテアイ・スレイ      2019年10月訪問

バンテアイ・スレイ寺院遺跡:Banteay  Srei Temple は、「東洋のモナリザ」の異名を取る美しいデヴァター像のレリーフがとっても有名です。彫りが深く、色合いが美しいのです。

0241バンテアイスレイのデヴァダー (2)
( デヴァターが彫ってある3つの塔 )

バンテアイ・スレイのデヴァター像は、近くまで寄って見ることができません。かなり遠目に、眼を凝らして睨むような距離感です。

「観光写真と全然、違うやんけ!」
「本物を自身の眼で見たという自己満足感以外、何もないじゃん」

悪く言えば、このような印象です。どうやら遺跡保護、盗難防止のために、ここ20年ほどは見物客をレリーフ近くの回廊まで入れない方針とのこと。1923年末に、後のフランス人作家のアンドレ・マルローがデヴァター像を盗み出そうとした事件が、大きなトラウマになっているようです。帝国主義の風潮が未だに消えやらぬ時代でしたから、エジプトやメソポタミアから古代彫刻などを平然と持ち出していた頃の奢った気分があったことは想像に難くありません。

「遺跡泥棒を捕まえたカンボジア当局は、ラッキーな面もあったとはいえ偉い!」
こんなことを頭の中で思い出しながら、本堂の周りを歩いても、東洋のモナリザらしきデヴァターは目に入りません。あまりに遠すぎて、私の視力では判別がつかなかったのです。

ちなみに、『東洋のモナリザ』と称されているデヴァターは、以下のサイトなどで見られます。
https://mapio.net/pic/p-10649029/

0241バンテアイスレイのデヴァダー (27)
( 肉眼ではデヴァターは遠くに小さく見えるだけ )

「どれが、『東洋のモナリザ』か、全然、ヒントもないぞ」

頭を抱えるしかありません。くだんのデヴァターの近くに行けば、壁の隅に小さな解説板が貼ってあり、どれが『東洋のモナリザ』か図示くらいしてあるだろうという期待がものの見事に外れました。
Parisルーブルモナリザ案内0503
( ルーブル美術館のモナリザ案内表示 )

ちなみに、元祖『モナリザ』の方は、実物があるルーブル美術館の展示室の近くに、写真付きで『モナリザはあっち』という矢印案内がぺたぺた貼ってあります。『東洋』の方も、図示くらいはあるだろうという想定は、きわめて甘い発想でした。「途上国の観光案内の適当さを舐めんじゃねえよ」という声がびんびんと脳裏に響きました。

そこで他力本願。三々五々やってくるガイド付きのグループ客のそばに、それとなく寄って歩き、デヴァター像の解説を盗み聞きしようとしました。

しかし、これも失敗。4~5人のガイドさんは、全員、特定のデヴァターを指さすことなく本堂周辺の解説をしておしまい。客の方も、ふんふんと聞いて写真を撮るだけで、本堂から出て行ってしまいました。
『お前ら、デヴァター最高級の美女を見る気あんのか。何しにバンテアイ・スレイに来たんか!』と、内心、怒り心頭ですが、現実は「東洋のモナリザ」という下馬評ほどの注目度はないようです。「東洋のモナリザ」と、騒いでいるのは日本人ばかりのようです。現地のシェム・リアップ市の観光案内や、英語の総合案内ブログには、モナリザのことは書いてありません。本当は美しいデヴァター全体を愛でてほしいということなのかも知れません。

そのため、三たび作戦変更です。デジカメの望遠機能を利用して、本堂のデヴァターをひとつひとつ見ることにしました。
「確か、左向きの像だったよなあ」
「全身、ほとんど型崩れしていないはず」

まず、右向きのデヴァターは、かなりの美形でもパスです
0241バンテアイスレイのデヴァダー (1)
( 右向きのデヴァターも美しいのですが・・・・・)

ガイドブックに掲載してあった小さな写真の記憶をたどりながら、ズームアップされたデヴァターの画像を観察しますが、くっきりと判別できません。本堂正面あたりのデヴァターは、逆光で影が出ている像もあるので絞り込みも難航しました。

左向きでも、顔や頭部が崩れていたり、彫りが深くないデヴァターもパスです。アンコール・ワット中のデヴァターランキングではトップクラスでしょうが、『東洋のモナリザ』ではありません。
0241バンテアイスレイのデヴァダー (4)
( 顔周りが少し崩れている左向きデヴァター )

やっと、これかなと思えるデヴァターがズームアップした視界に入りました。左向きで保存状態も良く、表情にも品が漂っていました。

「なーるほど、確かに他のデヴァターよりは美しいかも」と、そのときは感じました。

ところが、これが大間違い。あとで買った絵はがきなどを見ながら、じっくり観察してみると、似て非なるデヴァターだったのでした。

「あああ・・・・・・・・・・。アンコール・ワット観光、最大のミス」

悔やんでも、悔やみきれません。

「左向きのデヴァターを、もっとじっくりアップすれば良かった」
「もう少し忍耐強く、プロのガイドを待ったり、写真オタクみたいな観光客が来るまで辛抱すれば良かった」
後悔先に立たずの典型でした。見落としをフォローするべく、アンコールワット遺跡を再訪する確率は、今のところかなり低いです。
0241バンテアイスレイのデヴァダー (30)
( 左向きで保存状態も良い美形のデヴァター )

皆さんの旅行記やブログを拝読していると、けっこう『モナリザ』違いがあります。『モナリザ』と評判のデヴァターは、特定の一体ではなくバンテアイ・スレイのデヴァター全部を指しているという勘違いも散見します。

本物の『東洋のモナリザ』像のポイントは、微笑みが一番愛くるしいことに加えて、頭部が1枚の石で彫ってあり、つぎはぎでないこと、正面右の頭髪部に菊のような模様の簪(かんざし)が付いていることです。ですから、良く知っている人に教えてもらうか、かなりズームアップしないと判別できません。

もちろん、東洋のモナリザを見落としたところで、今日明日の人生はこれっぽっちも変わらないでしょう。

「でもね、最高峰のものを見て、さらに研ぎ澄まされるセンスを身に付けないと、人生がほんのちょっぴり安っぽくなるんです」

2020年3月記                                              了



バンテアイ・スレイのリンガをなでたい

バンテアイ・スレイのリンガをなでたい          2019年10月訪問

バンテアイ・スレイ遺跡は、アンコールワット遺跡群の中ではトップ5くらいにランクインする人気遺跡です。クルマやトゥクトゥクで1時間もかかるのに、見物人の姿が絶えません。そして、個人客の割合が多いです。ツアーを組むような方々の多くは、駆け足観光なので、旅行会社もバンテアイ・スレイまで足を伸ばす企画を考えないのでしょう。
0206バンテアイスレイ観光セと入口 (4)
0211BANTEAY SREI正面入口
( バンテアイ・スレイの玄関口と、実際の遺跡入口 )

私は、とてもきれいに屋根掛けされたインフォメーションセンターを通過し、奥へ歩いて行き、小屋掛けした改札ポイントをとおり、本当の遺跡正面へ歩いて行きました。だいたい5分くらいの距離です。

バンテアイ・スレイは、周りの木々が大きいこともあり、平屋の小さな、けれども品のある色合いやたたずまいをした遺跡です。

順路に沿って奥へ向かい、一つ目の門をくぐると、リンガ彫刻が両脇にずらりと並んだ参道に出ました。

「わお、これぞヒンズー魂だあ」
「リンガいっぱい、世俗のムード、ムンムンだあ」
という感じです。

0213BanteaySrei正面参道 (1)
( バンテアイ・スレイ山門と奥の方に小さく見える本堂 )

ヒンズー教は、男根崇拝の上に、世俗の欲望を素直に表現する宗教だと思います。ですから、リンガも実に堂々としています。寺院が現役時代は、聖なるリンガにさわってはいけなかったのかも知れません。遺跡となっても、これ以上の摩耗や風化を防ぐために、さわってはいけないようです。

けれども。ここまで、リンガ、リンガ・・・・・・、と並ぶと、脳裏にその光景が焼き付いてしまいました。

0213BanteaySrei正面参道 (4)
( 表参道に整然と並んだリンガ )

思わず、なでなでしたり、口に入れたくなりませんか。コーンのアイスとかを頬張るように。

0213BanteaySrei正面参道 (10)
( リンガいっぱいの参道の振返り )

リンガは、デヴァター像の上半身のように黒光りしていないので、往時もあまりさわられることは少なかったのではないかと想像しています。
「それに、いっぱいあって、ほとんど同じ形なので飽きるのですよ」、という感じです。

リンガの林立する参道を越えると、お濠の向こうに美しい赤銅色の本堂が見えてきました。
そちらに気を取られたので、リンガのことは、きっぱりと脳裏から去りました。
「現金なものですねえ」

0213BanteaySrei正面参道 (11)
( バンテアイ・スレイ本堂遠望 )

バンテアイ・スレイ本堂は、品のある美しさを保っています。そして、レリーフの彫りが、他の遺跡に比べて深いために陰影が出やすいので、全体がくっきり、すっきりとした印象です。

0215バンテアイスレイ中央祠堂全景 (2)
( 彫りが深いレリーフがいっぱいのバンテアイ・スレイ本堂正面 )

0218バンテアイスレイ中央祠堂背面全景 (1)
( 真っ青な空に映える海老茶色のバンテアイスレイ本堂の塔 )

それでも、本堂の裏手に周って塔の上を見上げると、深く刻まれたレリーフが少し苔むしているのが目に入りました。500年以上、放置されて豪雨に打たれ、灼熱の太陽に照らされていれば、このくらいは仕方がないことでしょう。

「腐っても鯛」、「美人は百歳までも美人」、という語句が脳裏に浮かびました。


2020年3月記                    了

うねるバンテアイ・スレイとカフェ

うねるバンテアイ・スレイとカフェ   2019年10月訪問

バンテアイ・スレイの建造物は赤銅色の岩石が素材で、作りも精巧です。柔らかく温かみのある女性的な印象の美しい寺院遺跡でした。

けれども、バンテアイ・スレイの本堂を取り囲む壁は、歪んでうねっていました。

0221バンテアイスレイ中央祠堂と環濠1025 (12)
0221バンテアイスレイ中央祠堂と環濠1025 (8)
( うねるバンテアイスレイの周壁と中央のお堂 )

1000年以上かかって少しづつ地盤が変形し、それにつれて石組みも歪んだようです。
固めのマットの上に積み木でお寺をこしらえたら、案の定ゆがんでしまった、という雰囲気です。それでも崩落しないのですから、寺院建築は、かなり丈夫なのですね。

0221バンテアイスレイ中央祠堂と環濠1025 (4)
( 別の角度から見たバンテアイ・スレイ本堂と周壁 )

大きな熱帯樹木を背後にして、こじんまりとたたずむ赤銅色の建築が映えていました。
0221バンテアイスレイ中央祠堂と環濠1025 (1)
( 本堂と両脇の塔を背面から見る )

晴天の強い陽光を浴びた遺跡は、上品な色に光を反射していました。巨大で荘厳なアンコール・ワットと対極を成す美かも知れません。

本堂の見物を終えて池の方へ戻ると、テラス風のレストハウスがありました。ジャングルに戻ろうとして勢いよく伸びている木々の姿を見ながらのカフェタイムも気持ち良いひとときでしょう。
0209バンテアイスレイ入場口奥の蓮池 (2)
0208バンテアイスレイ内部高級レストランと仏団体 (1)
( トイレ利用案内。外部者は2000リエル、約1/2ドル )

カフェ横のトイレ利用案内です。よく見ると部外者は有料。でも、こんな辺鄙な場所で、観光目的以外の旅人でトイレを目指して来る者は、よっぽどの変人だと思います。

0208バンテアイスレイ内部高級レストランと仏団体 (2)
0208バンテアイスレイ内部高級レストランと仏団体 (3)
( わいわいがやがやフランス人のシニア・マダムご一行様 )

よしず張りのテラスの奥ではフランス人のシニアのマダムを中心とした30人くらいの団体が、わいわいがやがやとランチタイムでした。看板のメニューには「欧風ランチ35ドル」と書いてありました。カンボジア物価感覚では、眼の玉が飛び出るくらいの値段です。ご一行さまが、それを食べているのか分かりませんでしたが、とても生き生きとした表情が印象的でした。

世界中を回るようなシニアの女性旅行者は、国籍を問わずに強いです。どこへ行っても、我が道を行くという表情で旅のひとときを満喫しています。
「私も、年の功の良い面を見習って旅を続けたいものです。『世界遺産を何カ所めぐった』なんて自慢するのは、小さい、小さい・・・・・」

2020年3月記                   了

バンテアイ・スレイへの道

バンテアイ・スレイへの道     2019年10月訪問


遺跡めぐりに慣れたころ、バンテアイ・スレイ遺跡:Banteay Srei Temple に行きました。シェムリ・アップからトゥクトゥクで北へ1時間ばかりのところにある10世紀のヒンドゥー寺院遺跡です。

すっかり馴染んだアンコール・トムの南大門や北大門を通り抜けて走ると、いつの間にか森は途切れ、周囲には稲作地帯が広がってきました。どこまでも青い空と、看板や電線が皆無の田園地帯を走る気分は爽快です。空気は、もわっとしていました。

0201バンテアイスレイへの道中風景 (3)
0202バンテアイスレイ道中農村 (2)
( 郊外の田園地帯と街道風景 )

このような風景も経済成長とともに消え、コーラやスマホの看板が建ち並び、電線やコンクリートの建造物が散在する農村風景に変貌を遂げるのでしょう。生活に責任のない、お気楽観光客の妄言ですが、古き良きカンボジアの農村風景が保たれることを願っています。

0203バンテアイスレイアプローチ看板 (1)
( バンテアイ・スレイへの分岐点にある門 )

トゥクトゥクは1時間弱で、街道筋からバンテアイ・スレイへ入る道の分岐点に着きました。黄色い門の上に「バンテアイ・スレイへようこそ」と書いてありましたが、遺跡までは、さらに15分くらい走りました。

何度見ても、クメール文字は覚えられません。
0203バンテアイスレイアプローチ看板 (3)
( クメール文字とアルファベット併記の道路標識 )
0204バンテアイスレイ近づく (2)
( バンテアイ・スレイは少し先を左折 )

まだか、まだかと気をもみながらトゥクトゥクの座席に座っていると、前方に小さな山が見えてきました。舗装道路を左折したところが目指すバンテアイ・スレイ遺跡。赤茶けた土の広い駐車場に入りました。

0205バンテアイスレイ駐車場 (2)
0206バンテアイスレイ観光セと入口 (1)
( バンテアイ・スレイの駐車場と世界遺産標識 )

「やっと着いたぜバンテアイ・スレイ」、という気分でした。

ここは、アンコールワット遺跡共通券で入場できます。切符を買い忘れてやってきた場合はどうなるのでしょう。
「分かりません」
「でも、トゥクトゥクやクルマのドライバーさんが『キップは持ったか?』と聞いてくると思います」
「ええ、私の場合も、出発前に聞かれました」

ですから、よほどトンマな観光客でない限り、キップなしでここへ着くことはないでしょう。

2020年3月記                        了



プレ・ループは熱かった

プレ・ループは熱かった   2019年10月訪問

アンコールワット遺跡めぐりの「大回りコース」の、はじめか終わりに位置するのがプレ・ループ:Pre Roup temple  遺跡です。

写真のとおり、見た目は平凡な赤っぽい石積みの、半分崩れかけたヒンズー寺院遺跡。最近では、夕日が見られるスポットとして、団体さん中心に夕方の訪問客が増えているようです。けれども、実際の夕日風景は期待ほどではなかったという感想が多いです。

「あたしは、ここしか見ていないから、人気のプレア・カーンと比べられませんわ」
「写真を見て比較しても優劣は感じられますよ」
0461プレループ遺跡1023 (6)
 ( プレ・ループ遺跡正面 )

ここの主塔へ昇る階段は、見た目に反して意外と急傾斜でした。次の写真のように、実際に取りつくと直登気味になります。上から降りてきたカップルも、びくびくしながら、一歩一歩、踏みしめるようにゆっくりと足を出していました。
0461プレループ遺跡1023 (9)
( 急傾斜で熱いプレ・ループ遺跡の正面階段 )

そして、真昼間にくると、この階段、手をつけないくらい熱いのです。

「あちっ!」

私も、階段についた手を思わひっこめてしまいました。石の表面が、焼けるように熱かったのです。10月でも、カンボジアの太陽の熱量は正午前後はとても強烈です。空気も暑く、石も炙られていました。対策として、指先だけを階段に置くようにしてバランスを取りながら急階段をよじ昇りました。

やっとのことで最上部のテラスに上がると、暑い中にも、のんびりムード。適当な場所に腰を下ろして、汗が引くのを待ちました。崩れかけ、雑草にまとわりつかれ、ぼろぼろになりかけた寺院跡の様子がよく分かりました。
0461プレループ遺跡1023 (11)
( 上のテラスから下のテラスや周囲の森を見る )

昼間のプレ・ループには、ほとんど観光客がいません。静かに心を落ち着けて遺跡の様子を見ることができました。解説版や照明はもちろん、柵もほとんどありません。放置された遺跡感がたっぷりと出ています。たまに、一体か2体、崩落の少ない彫像があって、ちょっと目を惹きます。下草も刈ってあるので、管理されているんだなということが分かりました。

0461プレループ遺跡1023 (19)
( 原型を残しているライオンの彫像 )

正直、当局は、2流、3流の寺院遺跡まで、ていねいに修復する余裕も気力もないと思います。アンコールワット遺跡全体は、とても広く、遺跡や遺構が掃いて捨てるくらいいっぱい散在しているからです。

こんなふうに荒れた感じがアンコールワットの魅力のひとつだと、私は思いました。

0461プレループ遺跡1023 (23)
( 崩れ去り、赤茶色の石と摩仁グルマのデザインの窓が残った壁 )

遺跡の下の方の回廊一帯は、ほとんど壁だけしか残っていません。じりじりと炎暑の中にたたずむ姿に無常観が出ています。

0461プレループ遺跡1023 (27)
( ただただ太陽に照らされてたたずむばかりのプレ・ループ )

0461プレループ遺跡1023 (32)
(プレ・ループ遺跡と主塔を側面から仰ぎ見る )

汗が収まるのを待って、遺跡の上下や周囲を一周して、外に出てきました。青い空と白い雲のしたに無言で立ち尽くしている塔の数々が、最後に印象に残りました。

2020年3月記    了

象さん仰ぐイーストメボン遺跡

象さん仰ぐイーストメボン遺跡    2019年10月訪問

イースト・メボン遺跡: East Mebon temple  は、アンコールワット遺跡大回りコースの、ちょうど中間点あたりにある10世紀の中規模遺跡です。

「イースト」メボンという呼び名は、明らかに観光客向けの訳語です。けれども、クメール語による呼び方は、ほとんど聞こえてきません。

2-3の遺跡見物のあと、イースト・メボンに立ち寄ったとき、暑さと感性の低下で、パスしようかなと思い始めました。けれども、ベージュ色に染まった主塔を見たら、「せっかく来たのだから、やっぱ見物して行こ!」という気持ちになりました。
0451イーストメボン風景1023 (3)
( 意外と端正で美しいイーストメボン正面 )

写真には写り込んでいませんが、こういう人気(ひとけ)の少ない遺跡の入口にも、ちゃんと係官がいて、観光客を見かけると木陰からやってきて入場券をチェックします。

イーストメボンは、階段状の遺跡ですが、積み上げが低いので、直登感がなくゆったり気分で登れます。境内も広いので、のんびりした気分になれました。つぎはぎの目立たない象の彫刻が塀の隅に立っていました。スポット的に修復したのかも知れません。
0451イーストメボン風景1023 (5)
( 原型を保った象の彫刻が鎮座する内陣の壁 )
0451イーストメボン風景1023 (23)
( 見事な象さんの像 )

「パオーッ」、「パオーッ」と、鳴きながら神々の領域を守っている感じが、よく出ていました。そばにやってきて、私と同じように、鼻を床につけた象の彫刻をしげしげと眺めていた欧米系のおばさんも、「いいね」みたいに笑みを浮かべていました。私も、同感です。

イーストメボンには、象ばかりでなく、狛犬役のライオンもいました。
0451イーストメボン風景1023 (10)
(  ライオンが狛犬代わりの本堂への階段 )

赤茶色のレンガ造りの塔は、原型を残して崩れてきていますが、何体かの動物の像はかなりきれいな姿で鎮座しています。予算が少ないなかでテーマを決めて修復しているようならば、好感の持てる方針です。
0451イーストメボン風景1023 (21)
( 崩落しながらも美しいベージュ色をした本堂と塔の数々 )
0451イーストメボン風景1023 (12)
( 中央の塔を間近で仰ぎ見る )

現代カンボジアは、国家主導の仏教国なので、ヒンズー寺院遺跡ながらイースト・メボンの本堂内にも仏像が祀ってあります。政治勢力が、「過去もいいけれど、現在も忘れるなよ」と、言っているようです。ここまでやられると、少しばかり不自然な感じがしました。

0451イーストメボン風景1023 (15)
(  中央のお堂内に祀られた仏様 )

仏様の前に立ち、一礼してから上を仰ぐと青天井。数々の塔も、いつの間にか頂上部が崩れて煙突状態になっているようです。詳しいことは知りませんが、ヒンズー寺院の塔のてっぺんのリンガを破壊したときに頂上に穴が開いたのかも知れません。宗教感情が高ぶると人間が不寛容になるのは、昔も今も同じです。

0451イーストメボン風景1023 (14)
(  塔の頂上部はたいてい崩れて青天井 )

はらはらと崩れて行きながらも、意外としっかり立っているイーストメボンをぐるりと回って、再び外に出ました。私の乗ったトゥクトゥクは、舗装された大回りコースの一本道を走ります。
0451イーストメボン付近水田と森
( イーストメボン付近の田んぼがすがすがしい )

イーストメボン付近まで来ると、遺跡と遺跡の間に田んぼや湿地が見え隠れします。うっそうとした密林風の森ばかり目にしていたので、こうして開けた場所に来ると、気分もほっとします。電線も標識もない、黄緑と緑ばっかりの風景に癒されました。暑い空気ながらも、トゥクトゥクに吹き付ける風に、汗もすこしばかり引きました。
「ほっ・・・・」

2020年3月記                           了


Amazing Angkor Wat among Humidity and Hot

Amazing Angkor Wat among Humidity and Hot                 Visited on Octber 2019


1  The pinching story by stroking-prohibited Devata of Hindu Goddess

 

Angkor Wat sightseeing is a kind of battle against humidity and hot weather.

Also you have to beat  temptation by the Devata sexy smile or meaningful face.

0731Aワット全景午後の影快晴 (4)
(   Angkor Wat main tower and centre gate  )

 

I walked into the first corridor of Angkor Wat either as others did. The first corridor is very famous for its relief, which is continuously carved on the long wall.

0025Aワット午後第2回廊レリーフ1025
(   Devata of Hindu goddess by black shining )

The Hindu goddess of Devata in  shirtless appearance welcomes tourists with various expressions. However, there are rule boards instructing no-touching, neither stroking on the relief, even though it was possible in the past. We find around the relief that both Devata and the statue of the king are glowing black. There seems to be a mixture of hand grit and the coulor of the original stone. It is easier to recognize unevenness of the relief appear clearly. So it might be better to touch it gently for a moment.

I skip commentary on the relief because of a lot of commentary are written by guidebooks and other travelers’ notes. I sometimes consulted my guidebook and went around to keep the famous points. Just saying impressively “Well  here, how nice carved so far “.

1138Aワット第1回廊レリーフマハーバーラタ1022 (1)
(  One of famous relief at the first corridor  )

I believe if you would know the Hindu mythology "Mahabharata" and"Ramayana", you would be more impressed. Hindu worldview which directly connects to this world, is very instantaneous and familiar with my way of understanding differt from their religious philosophy. On the other hand, Indian way of the worldview is in any case too long and complicated to know them on tourism.I remembered as well a similar case of my Indian business experience.

"Oh,That’s an Indian culture."

I heard a whisper from Devata at the same timing, saying,

"It's not a simple moral discipline like monotheism, so it can't be helped.

1137Aワット第一回廊レリーフ乳海攪拌
(  Endless relief at the first corridor )

No one can proceed to walk without holding a couple of water and handy towel in any time, although the relief was under the roof. The temperature was over 30 degree there with hot and humid on late October of the starting period of less rain months.



2  The Second Corridor with Empty

 

The second corridor in Angkor Wat is almost empty.

The guidebook instructed that once there were many Buddha statues, but they were destroyed or taken away during the Khmer Rouge administration in 1970’s. I don't know how true it is,but it is the fact that there are quite a few headless Buddha statues inside the corridor.

0024Aワット第2回廊ざっと1022 (5)
(  Exhibitions of headless budda statues at the second corridor )

I believe  that "humans are the worst destroyers of human-created cultural properties instead of natural disaster etc. " I couldn't help but remember the bombing of the Great Buddha of Bamiyan in Afghanistan, the fire of Notre Dame in Paris etc. The Angkor Wat archaeological site has been holding up for 600 years at least with some distorted stone structures and collapsed in conspicuous places.” What’s an exciting event, isn’t it ?  I felt it.


1140Aワット午後第2回廊外側中庭と建物何? (1)
(  View of the first corridor from the second corridor )


3    Crawling up to the Third Corridor

1166Aワット第3回廊から主塔晴天13時1022 (1)
(  Closer view for the main tower of the Angkor Wat )

 

I finally crawled up the third corridor of the main tower considered as the highlight of Angkor Wat visit. Upon completion of the steep stairs, I found the main tower was standing quietly alone, which was godly but lost its life, thereafter just left only silence. It is said that the third corridor was a space only for privileged classes such as royals during the active era. But it turns to a ruin now, so that anyone can approach into there.

 0662Aワット第3回廊登り口1022 (4)
(   Steer tourist stair to the third corridor )

Currently,there are restrictions on admission, and the corridor is limited to a maximumof 100 people. At the time of congestion, they maintain a counting mechanism to replace one by one by releasing designated ticket at entrance checkpoint. We may mind to waits for 30 minutes or a couple of hours at worst. It is also prohibited to approach on designated Buddhist dates about four times a month.I find some travel journal reporting not to have approached to the third corridor, who could spend only a few hours staying Angkor Wat. "Oh, sorry! It's like losing a best sightseeing spot at Kiyomizu-dera temple’s famous stage in Kyoto visit. “

 

As I described it, the stairs are also steep slopes. I do not understand its concept of the founder or designer of the temple. I came up with at a glance that old Japanese-style house maintained the similar steer slope of the stairs either,then old people would have thought as such everywhere. For a moment, I was not sure if I could climb. There's no better way to come here and climb without waiting.
0662Aワット第3回廊登り口1022 (5)
(  Underviewing of the stair  from the third corridor )

I was really satisfied with the climbing up after hesitation only for a moment. Having decided  "There were hand railings, yeah, it's still. "  Nevertheless I was not sure to crawl up without touristic less steep stairs, might consider  “  I'm a senior and I don't have the confidence to go down steep stairs.” According to guidebooks, getting downbackwards is a way to increase the dangers since one cannot see the bottom,then one should step off the foot.
1160Aワット第3回廊見晴らし西北
(   View for main approach and forest from the third corridor )

 

Walking through the floor of the third corridor, I was able to realize that it was closer to heaven. Except for the main approach, it is covered with dense forest on all sides. In the past, it shouldn't have been like this. I thought that the time span of 600 years after the dynasty had fallen had returned the surrounding villages to the forest. Going to the centre of the corridor, looking up at the main tower, I felt as well having looked at the top of the sacred mountain.

1168Aワット第3回廊東方より北塔か
(  No vitalizing at the main tower of the Angkor Wat )


On the other hand, no vitality other than the movement of tourists around there. Dark stones, and partially distorted stone buildings were just sitting there. Only silence remained, once few number of tourists walking slowly disappeared on that day. The statues of Hindu deities were not looking at us at all. I looked up white clouds moving over the tower,but could not  hear the wind sound.

 1167Aワット第3回廊から北塔と右主塔
 ( Only  silence, sky, cloud without holy mood )

I could feel the wisdom of humankind, but it was difficult to imagine the bustling days of the Khmer dynasty. I might be lucky to touch only beautiful scenery of the Angkor Wat without being deceived by the attitude of a monk at the time, who might have been greedy and authority.

1171Aワット第3回廊主塔下現代仏像 (2)
(  Modern budda statue for symbolizing today's Angkor Wat status )


Reported on March 2020                                                            End



カテゴリー
  • ライブドアブログ