やまぶきシニアトラベラー

気まぐれシニア・トラベラーの旅。あの日から、いつか来る日まで、かつ、めぐりて、かつ、とどまる旅をします。

2018年11月

ワグネル、ブオナロッティの夜景色

ワグネル、ブオナロッティの夜景色    2018年9月訪問


食事と買い物のため、ミラノのハイソな地区、ワグネルからブオナロッティあたりをぶらつきます。

夏の終わりの9月です。8時半をすぎると、西の空かすかに残っていた残照もなくなり、ミラノにも夜のどばりが下ります。平日は、夕方7時半閉店のワグネル公設市場も、すっかり店じまいを終えて、シャッターに覆われます。

ワグネル市場夜201809
( 店じまいしたワグネル公設市場 )

公設市場の脇の大きな広告塔のモデルさんは、たくさんのスポットライトを浴びて、仁王立ちです。

ワグネル広場の夜は更けてSep2018
( ワグネル広場を見下ろす広告塔のモデルは眠らない )

宵の口は、まだまだ行き交う市民も多く、若い者は若い者なりに、中年世代は年相応に、ひいきのバルやカフェに集まって、おしゃべりです。寿司バルに行ってみる、という選択肢も、すっかり日常生活のひとこまになったと聞きました。なんちゃってスシかも知れませんが、こんなに外国料理が受け入れられているのは、イタリア広しといえども、ミラノだけです。

ワグネル広場のバルの夜201809
( 行きつけのバーのテラスにも、常連、友人が集まる )

Rサンティ通ラロカンダ夜テラス201809
( レストランも、夏はテラスが人気。でも、暑い )

ベリザリオのイルVG夜景Sep2018
( 独自路線のスーパー、イル・ヴィアッジャトール・ゴローゾも夜11時閉店 )

ブオナロッティ夜イゾザキT201809
( ふと見上げれば、イゾザキ・タワーが間近に )

ブオナロッティ広場夜景Sep2018
( 夜のブオナロッティ広場とザハ・ハディッド・タワー、イゾザキ・タワーの輝き )

白色灯に照らされたブオナロッティ広場のヴェルディ像の視線の先には、ザハ・ハディッド・タワーとイゾザキ・タワーが、煌々と輝きながら、そびえ立っています。残業もいとわない働き者のミラネーゼが居残っているのか、グローバル企業ゆえの24時間職場のオフィスの明かりなのか定かではありません。

けれども、こんな高い位置にビルが光を放っているイタリアの都市は、ほんの数えるほどです。ミラノが、イタリアに冠たるビジネス都市であり、21世紀スタイルの街を目指していることを象徴しているように感じました。


                                         2018年11月記              了


夕暮れのミラノ、アメンドラ

夕暮れのミラノ、アメンドラ   2018年9月

ミラノの新しい胎動を感じる街、シティライフ・ミラノを見渡せるアメンドラ界隈:Amendola に、また、来ました。

夏の終わりの明るい陽ざしに輝くチタン合金の屋根は、国際会議場、ミラノ・コングレッシのものです。メタリックな怪獣が、こちらを向いているような印象です。

その背後に、傲然とそびえる、ひねりの入ったビルは、かの故ザハ・ハディッド氏設計のハディッド・タワーです。

左の、薄い青色の板チョコみたいなビルは、イソザキ・アラタ氏設計のイゾザキ・タワーです。ザハ・ハディッド氏のビルと相性がよさそうです。ザハ・ハディッド氏の建築デザインが、いかにユニークかを、隣りで実証しているようなビルですと言ったら、やっぱり言い過ぎなのでしょうね。

アメンドラ夏のタワーとミラノコングレッシSep2018
( 左がミラノ・コングレッシ、右がザハ・ハディッド・タワー、中央がイゾザキ・タワー )

何度、目にしてもミラノの成長力を感じる景観です。
「いやあ、素晴らしい」
「そんなこと言っているのは、あなただけですよ」
「やっぱり、イタリアではルネサンス物を愛でないと、ブログ人気も出ないですねえ」



アメンドラのモンテローザ通から見るタワーSep2018
( 木立の向こうにそびえる、2棟のタワー・ビルの夕暮れ )

シティライフ界隈の住宅地を散歩しているうちに、9月の陽は少しずつ傾き、タワービルもうっすらとオレンジ色に染まり始めていました。

夕方は、たいていの都市で、お買い物タイム。アメンドラにあるスーパーマーケット、エッセルンガのモンテ・ローザ店: Monte Rosa, Esselunga  も奥方や会社帰りのOL、おじさんらで活気づいていました。大型店ではないので、肉やチーズの対面販売コーナーがなかったような記憶です。間違っていたら、ごめんなさい。

スーパーエッセルンガモンテローザ201809
( エッセルンガ、モンテ・ローザ店外観 )

いずこも同じく、店のガラスには「本日のお買い得品!」のポスターがペタペタ貼ってありました。

メトロのアメンドラ駅から一歩踏み入れた並木道は、もう秋の気配です。落ち着いた、たたずまいの中層マンションが、静かに並んでいます。道路幅が、けっこう広いので、都心に近いカドルナ駅あたりのマンション街よりは、明るく開放的な雰囲気でした。

アメンドラのドメニキーノ通Sep2018
( アメンドラ駅近くのマンション街と並木道ドメニキーノ通り )

夕陽に映える街並みを楽しもうと歩き回ると、ところどころに戸建てが残っています。ブオナロッティからアメンドラあたりは大邸宅や豪邸が多いです。うらやましい住環境に見入ってしまいました。

アメンドラ戸建モーゼビアンキSep2018
( アメンドラ界隈に残る戸建て )

アメンドラモンテローザ通夕暮れSep2018
( モンテ・ローザ通り沿いにも瀟洒な住宅が点在 )

あたりを一回りしていると、家並みの切れ目から高層タワーが、ちらちらと視界に入ってきます。
街を歩く市民の顔つきも穏やかで、住み心地よさそうな雰囲気です。実際には苦労もあるのでしょうが、高くつく分だけ、絶対に他の地区よりはマシな住み心地のはずです。

アメンドラ駅付近とタワーSep2018
(  アメンドラ駅前からシティライフ方面を見る )

私も、買い物袋をホテルに置くために、いったん帰路につきました。

                                2018年11月記                      了


マルゲラ通りとミラノの街角

マルゲラ通りとミラノの街角  2018年9月訪問


ちょっと豊かなミラネーゼが住む地区の、お上品な商店街に行きました。
少しきらびやかなヴェルチェッリ通りから西へ向かい、ワグネル市場(いちば)を通り越した先が、マルゲラ通り:Via Marghera です。おっとりとした雰囲気が漂う商店街です。

ワグネルからマルゲラ通へSep2018
( ワグネル市場のある広場からマルゲラ通りに入る角)

マルゲラ通りに入って奥の方へ歩くと、ものの数十秒で、通りの左側にスポンティーニのマルゲラ店:Spontini, Margheraがありました。

さっそく寄り道。小腹を満たす程度に、ミラノ名物になったスポンティーニのピッツァを食べました。

マルゲラ通スポよりDeAn方向Sep2018
( スポンティーニ、マルゲラ店 )


スポンティーニを出て100メートルくらい歩いた場所から振り返ります。ワグネル広場に面した教会が視野の奥に見えます。建物の1階は、お店やバルなのですが、普通の住宅街のような雰囲気です。

マルゲラ通からワグネル振り返りSep2018
( マルゲラ通りの中ほどからワグネル方向を見る )

スポンティーニの先には、中堅どころの衣料品店と言うか、カジュアルなブティックと言うかはともかく、「OVS」と、「Conbipel」の2店がならんでいます。平日の昼下がりなので、あんまり買い物客もいません。のんびりとした商店街風景です。

マルゲラ通OVSとCONBIPELSep2018
( マルゲラ通りの、OVS と、Conbipel )

Conbipel が入っているビルは、二つの大通りに面しているので、ユニークなカーブを描いたテラスがありました。

右の通りの奥の方が、ヴェルチェッリ通りです。市電の線路が続いているので地理が把握しやすい場所です。
ヴェルチェッリ通りを進んで行くと、やがてマジェンタ通りになり、ドゥオーモの方まで行けます。

マルゲラ通とヴェルチェリを見渡す交差点とCONBIPELSep2018
( マルゲラ通りと交差するヴェルチェッリ通り方向 )

交差点を渡って50メートルくらい進んだ左側にあるのが、アイスクリームの地域一番店、ジェラテリーア・マルゲラ:Gerateria Marghera です。

「何か聞いたことある名前だなあ」
「さすがイタリア通!。トーキョーのアザブ・ジューバンという場所に支店を出しています」
「ああ、そうか。どうりで耳にした名前だと思ったわけだ」
「じゃあ、本店のおいしいジェラートを食べてね」

マルゲラ通GELATOマルゲラ本店Sep2018
( ジェラテリーア・マルゲラ本店 )

ここのアイスクリームは、どちらかというと、さっぱり系です。日本人好みかも知れませんが、ミラネーゼの間では好き嫌いが分かれるみたいです。

食ミラノのマルゲラアイス麻布十番
( ジェラテリーア・マルゲラ、麻布十番店 )

またまた、寄り道。アイスのあとは、本屋に寄り、ミニ・スーパーにも寄って、お菓子と水を買いました。

ミニ・スーパーは、マルゲラ通りの終端にあります。大手スーパー、シンプリーの中規模店で、プントというニックネームで展開中です。 Punto,Simply。 「プント」は、英語の”ポイント”=地点、という意味。各社、命名に工夫を凝らして、規模別のスーパーマーケット事業を展開しています。

スーパーシンプリープント=ポイント201809
( SimplyのPunto、マルゲラ通り店 )

すたこら歩けば10分くらいの道のりを、歩いたり止まったりしながら1時間弱かけて、メトロ1駅分だけ西に進んできました。
落ち着いた雰囲気のマンションに囲まれた空間が、デ・アンジェリ広場です。:Piazza De Angeli。 バス・ターミナルも兼ねています。歩く人の表情も穏やかで、服装も小ぎれいです。日本人学校もデ・アンジェリ地区にあります。

「そこそこの会社の駐在員の皆さんは、こんな雰囲気の場所に住んでるんだあ」
と、私も、改めて実感しました。

デアンジェリ駅前バスターミナルと市街Sep2018
( デ・アンジェリ広場全景 )

私も、それなりのミラノ土産も買わなければならないので、メトロで一度、都心部へ戻りました。ドゥオーモまで7駅12分くらいで着きます。ドゥオーモ近辺への通勤には、大変、便利な住宅街です。

デアンジェリ駅Sep2018
( メトロ1号線デ・アンジェリ駅入口 )

ミラネーゼの暮らしぶりを肌で体験でき、働き者の街ミラノ、未来志向の街ミラノ、イタリアンな現代都市ミラノが、また身近かなものになりました。

「平凡だけど、面白かった」

                                       2018年11月記         了

ミラノ、ワグネル市場のお買い物

ワグネル市場のお買い物     2018年3月、9月 訪問

1)  プラスαのミラノ

ワグネル市場(いちば): Mercato Comunale ( Wagner )は、ちょっとミラノ通になりたい方々にとって、手頃なターゲットだと思います。是非、アプローチしてください。

理由は、①駅から近い、②安全安心、③単なる「いちば」なので、知ったかぶりの歴史知識不要、④お買い物ができて一石二鳥、⑤高くない、くらいかな。

善は急げ、とばかりに、メトロ1号線に乗ってきて、ワグネル駅:Wagner で降りましょう。

ワグネルメトロ入口201809
( メトロ1号線ワグネル駅 )

どの出口から出ても、ぐるりと見まわせば、ワグネル広場に鎮座する市場の平屋の建物が目に入ります。
夏と冬の違いは、木々の葉っぱくらいです。

ワグネル市場昼下がりSep2018
( ワグネル公設市場夏景色 )

BuonarottiWagner駅とメルカート201803
( ワグネル公設市場早春の午後 )

「あまり気にしなかったけれど、どこにも『ワグネル』って書いていませんねえ」
「そう言われれば、そうですね」
「まあ、みんな、『ワグネルのいちば』って言えば、通じるから、いーの」

2)  お店の営業時間

2018年9月現在、市場の開店時間は、
* 月曜日 8:00-13:30
* 火曜日から金曜日 8:00-13:30、 15:30-19:30
* 土曜日 8:00-19:30
* 日曜、祝日   閉店

冬など、朝も暗いうちから、せっと商売に励んでいるという訳です。まあ、市場は、どこでも朝早くからやっています。

3) いろいろなお店

それでは、市場を見回しましょう。それほど大きくありません。

ワグネル市場朝の全景201809
( ワグネル公設市場の八百屋、果実店 )

多分、不等辺五角形の平屋建ての市場です。
外回りには、八百屋、果物屋、花屋さんが2軒づつくらいあります。
正確に数え上げたわけではありませんので、かなりの誤差もご容赦ください。

ワグネル市場前八百屋201809
( ワグネル公設市場、朝の準備中 )

朝の早いうちは、生鮮品も全部、運び込まれていません。9時か10時ごろになると、きれいにディスプレイされると思います。
「こっちは、もう会社に行って、いないのですが・・・・・・」
「そういう方は、スーパーへ。個人商店と、スーパーの棲み分けです」

ワグネル市場内通路201809
( ワグネル公設市場、室内店舗の朝 )

つづいて、室内の通路を一周。肉屋、魚屋、チーズ屋、パン屋、お菓子屋が2、3店ずつくらいあるかなあ。

ワグネル市場内肉屋魚屋201809
( ワグネル公設市場室内の肉屋さん、魚屋さん )

それぞれ、常連さんのご贔屓(ひいき)の店があるようです。ニッポン人や、他国の駐在員の方々も、よくご利用と聞いています。何しろ、けっこうリッチな地区にある市場ですから。

ワグネル市場内フォロマッジョリア201809
( ワグネル公設市場室内のチーズ屋さん )

チーズも充実。スーパーマーケットの対面販売コーナーと、どう違うのかと問われると、答えに窮します。
「まあ、店員さんとの距離感です」
「こんちわー、XXXさん(名前)、今日は何?」の、世界です。

観光客も、うまくリズムに乗ってショッピングを楽しみましょう。私も、あれこれ会話しつつチーズを買いました。


4) お買い物のあと

ひとしきりショッピングを楽しんだあとは、せっかくですから、ワグネルかいわいも満喫しましょう。バルに入って休息もよし、品のよい街並み散歩もよし、です。

私は、市場を見下ろすように掛けてある特大広告が気になってしまいした。
春夏秋冬、かなり刺激的なポーズで、道行く人々の注目を集めようとしていました。

ワグネル市場西端と広告201809
( ワグネル公設市場外の広告は刺激的 )

ある方は、よその観光地の市場体験と同様に、市場内でパンやチーズ、果物などを買って、その辺に座り込んで食べたいと思うでしょう。市場のそばの、教会か植え込みのベンチや段差に腰掛けて食べられます。

BuonarottiWagner駅付近街並み201803
( ワグネル公設市場前、早春の広場と教会 )


ワグネル広場東とバス停201809
( ワグネル公設市場前の広場 )

夕方の早い時間帯のワグネル広場は、あまり人がいません。主婦の方々は、お買い物を終えて家路につく一方、通勤帰りのミラネーゼは、まだ、このあたりに戻ってきていないようです。もう少したつと、ぞろぞろと、広場周りやバルで会話が聞こえるでしょう。

ワグネル広場からザハハディードタワー遠望Sep2018
( 陽光のワグネル広場から、ブオナロッティ広場とザハ・ハディッド・タワー遠望 )

ちょっと時間は前後しますが、9月の快晴の昼下がり、ワグネル広場の横断歩道から、ブオナロッティ広場越しに、シティライフ・ミラノのザハ・ハディッド・タワーくっきりと見えました。気に入ったシーンを目にできて、我ながら、ちょっと感動しました。アメリカでもなく、日本でもないヨーロッパの現代都市風景も、いいものです。

右に、かすかに顔を出しているワグネル市場を見やりながら、2018年のミラノを味わいました。

                                   2018年10月記            了




カテゴリー
  • ライブドアブログ